戦場ジャーナリスト橋田信介さんのその後

c0340785_15250812.jpeg

イラクで昨年5月、武装勢力に殺害された戦場ジャーナリスト橋田信介さん(当時61歳)の
遺族が保険会社のAIUに死亡保険金750万円の支払いを求めた訴訟は、23日東京地裁が請求を棄却した。
判決理由は「保険約款にある免責事由のうちの武装反乱にあたる」という。
保険種類は「海外旅行傷害保険」だった。

当該保険普通約款の第2章(保険金を支払わない場合)第3条(その1)1項の8は、
<戦争、外国の武力行使、革命、政権略奪、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または 暴動>の場合は保険金を支払わないとある。

この免責事由で支払われないとされたことは、遺族にとって気の毒だがやむ得ない。

遺族は、保険金でフリー記者支援の基金設立を計画していたようだ。
基金設立は実現できなくなったとあるが、橋田さんの意志を伝える書籍は自身がいくつも残している。そうした記録に目を通すことで戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えていく道がある

c0340785_15250847.jpeg

今回の結果は、橋田さんの意志をさらにクローズアップすることになったのではないか


Commented by 遺言相続行政書士 at 2005-08-25 01:41 x
コメントありがとうございました。

Commented by at 2005-08-31 09:19 x
遺言相続行政書士さんのブログ記事に全く同感です。バランスの良い思考に感心しました。
お仕事のご活躍を祈念します。(心の手帖・トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2005-08-24 23:19 | 人の生き方 | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30