課外授業ようこそ先輩

NHK番組「課外授業ようこそ先輩」http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/
各界の第一線で活躍する人々が出身校である小学校を訪ね、その専門とする世界と自らの人生について授業し、後輩の子どもたちに熱いメッセージを送る。

昨夜は歌手の水前寺清子さん(チータ)が「校歌が私の応援歌」と題し母校の校歌について子供たちと考えるという内容だった。「なでしこの歌」というその校歌は戦後の混乱期に母校の教員のみなさんが作詞・作曲したものだという。なでしこの花を人に例え生きる努力と勇気を示す内容だった。詩の中には学校名も地名も一切ないまさに教育の歌であった。そこから学ぶものは多く、チータがその校歌に対する熱い思いを訴えると見事に子どもたちが応えるという課外授業だった。

先週は装丁家の菊池信義さんが「自分の「生きる」を表紙にしよう」と題し自分にとって生きるとは何かを考えて表紙づくりに取り組んだ。内容はとても難しく始め子どもたちは直接的な表現しかできなかった。菊池さんはそんなんじゃ駄目、もっと「生きる」を追求しろと迫る。
中には先に進めず泣き出す子も。そんな場面で菊池さんは優しかった。一緒に考えてやる。そうして子どもたちは少しづつ課題を克服していく。 最後は大人では思いつかない様な表紙を子どもたちが発表する。私も本の装丁はこんな風に作るのかと感心した。

これこそ教育、大人も共育、今の日本の子どもたちに最も必要な時間と認識した。

c0340785_15252045.jpeg
さて私は何をテーマに課外授業ができるのだろうか。
即思い浮かばない自分を恥じる。

あなたは何を?


by kokoro-tomnog2005 | 2005-10-27 00:05 | 人の生き方 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30