経営資源と人の心

~ヒルズ族・崩壊のはじまりか~
事業会社を運営するうえで技術・人材・金という基本的経営資源が重要なのはいうまでもありません。
しかし揃ってさえいればいいというものではなく、運用する人の心によって良くも悪くも結果がでます。



ライブドア・証券取引法違反容疑での強制捜査、このような日がやってくることは予想されていました。
今回の容疑でなくても何らかのチカラが動くだろうということはライブドアの活動姿勢から多くの日本人が思っていたでしょう。
社長自らが頻繁にメディアに露出し、挙句は国政選挙にまで登場し、資金にまかせてM&Aを繰り返すなどそこには自身どんな心が働いていたのでしょうか。



この国はアメリカではありません。
多くの日本人とライブドアには、大きな心の乖離がありました。

そして偶然とはいえない耐震偽造証人喚問が今日、
初期報道をしたのがNHK、
かつて対立した政界・財界の大物たち。
勘ぐったらきりがないほどの因果関係を感じます。
「出る杭は打たれる」「虎の尾を踏む」といったところでしょうか。

せっかくの経営資源があっという間に失われ、このあと待ち受ける数々の試練は金で解決しません。
人に喜ばれる心、恨まれる心、こんな単純なことが見えなくなるほど勘違いした「経営資源と心」はもう取り返しがつきません。
暗黙のルール、礼と儀は最低限の行動です。

若い世代のみなさんには、ホリエモンのような錬金術に走らず日本の歴史と文化を大切にする心をもち、社会貢献もできる会社の経営者を目指してほしいと思います。
正当な行動で目立つなら出る杭にはなりません。

http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2005/10/post_3ad7.html#comments
2005.10.24 ヒルズ族のお金の使い方
http://www.nobuosayama.com/ithink/archives/2006/01/i.html
お金は第一の目的か(佐山展生・現在の思い)


Commented by KENCYOU-56 at 2006-01-19 18:44 x
同感です。


Commented by at 2006-01-21 17:41 x
事業は確かに生産や営利を目的として行う経済活動ですが社会に必要であること、社会に受容されること、正当な評価をされることが
重要と思います。(トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2006-01-17 11:34 | お~い ニッポン | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30