さようならアイボ



c0340785_15253189.jpeg
人気だったアイボの生産が3月末で打ち切られることになった。
娯楽用ロボットとして99年に発売され15万体が販売された。
接し方で成長が変わる高性能な点で人気を博した。
愛玩?している人を何人か知っているがまさにペット代わりだ。


c0340785_15253103.jpg
チャリィも接し方で成長が変わる頭脳の持ち主です。
性格は小心で繊細です。こちらの顔色を伺いながら行動します。
今年の8月で満3年、人でいえば25歳位でしょうか。
聞き分けもできて良い青年に成長しました。
アイボを上回る点は人に訴える眼差しでしょう。その愛らしい眼差しは犬なりの心ではないかと思うのです。
犬バカである私の誇大妄想でしょうか(笑)
ちなみにアイボの価格は15万円から20万円、チャリィはそれよりも安かったです。


Commented by at 2006-01-29 21:29 x
hamatokoさん、コメント・TBありがとうございます。
アイボの存在は、生きている本物の動物について考える良いきっかけだったと思います。(トムノグ)
-----

PING:
我が家は両親がペット嫌いであるため、犬や猫などの動物を飼ったことがありません。(

Commented by hamatoko at 2006-01-29 21:31 x
トラックバックありがとうございます。こちらもさせて戴きます。
チワワ可愛いですね。
僕はやっぱりロボットより動物が良いですね。

by kokoro-tomnog2005 | 2006-01-27 15:52 | 愛犬チャリィ | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31