神戸小旅行記③/完

異人館を後にして
5人誰もが楽しめる「灘の酒」資料館を見学することに相成った。
資料館はいくつもあるが先の震災で倒壊し、その後見事に復興した「菊正宗酒造記念館」を訪ねることにした。

c0340785_15254167.jpeg

国指定重要有形民俗文化財「酒造用具」を見学し
酒造りの過程からその技、水、米、風土の重要性を体感した。
利き酒コーナーではいろいろな銘柄を試飲し楽しい時間を過ごした。
私は試飲した中から本醸造・正宗1本、純米酒・神戸の酒蔵1本、神戸焼酎らんぷ6本を購入した。 当分我家にキープできそうだ。

Kikumasamune_1
エントランスに年代もののポスターが展示されていた。
しばし美術館の空間のようで軽い酔いもあってか、神戸に来て良かったと心から思えた。
酒が入ると何でも許容できる自分の軽さも感じた。
友人達もほんのり赤ら顔になり、ごきげんな様子だった。

予定時間をはるかにオーバーし、昼食省略で新神戸駅へと向かった。神戸は広く、2日間くらいではとても全貌がつかめない。次回は地元の方々と直接会話をして交流できる旅行をしたい。
神戸また来ます、ありがとう!


Commented by 森の音 at 2006-03-08 18:06 x
神戸旅行いかがでしたか?
私は生まれ育ちは京都なんですが、
高校~大学にかけては神戸に、
すごく憧憬がありました。
少しおめかししてデートするなら神戸という感じでした。
恐らく海があり山がありそのシチュエーションに酔っていたのでしょうが。
中華街があったり、港町であるところが、横浜に似ていますが、何しろお洒落なイメージがありました。

三宮もきっと奥が深いと思いますが、勉強(遊び?)不足で、ここはというところが紹介できずにすみません。また来てください。

Commented by at 2006-03-08 20:22 x
森の音さん、こんばんわ。神戸は広いですね。確かに海あり山ありで起伏に富んでいて見る所が多いです。とても2日間ぐらいでは足りません。今回は海辺周辺の観光でしたが次回は六甲といわれる山方面へ行ってみたいです。ところで生まれ育ちが京都とは素晴らしい!
私など何の変哲もない関東ですのでうらやましい限りです。(トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2006-02-28 23:59 | つかのまウォッチング | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30