レゲエ風のチャリィ

c0340785_15260658.jpg

<チャリィのひと言>
ゴールデンウィークなので多分いっぱい遊べると思う。
うれしくてレゲエ風にしたよ。
♪キャン キャ~ン キャィ~ン









<飼主のひと言>
多分いっぱい遊べないと思うよ。
休みだけどいろいろ予定が入りそう。
ざ ん ね ~ ん

別館ブログ「トムノグおじさん飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


Commented by Just One at 2006-04-29 08:20 x
こんにちは!
チャリー君、とっても似合ってます!
ハッピー、実家にいます。たぶん5月中には、またお預かりで我が家に来ると思います。
その時は活躍してもらいますので、お楽しみに!


Commented by at 2006-04-29 09:41 x
JustOneさんコメントありがとうございます。ハッピー君元気ですね。次回アップを楽しみにしています。
レゲエ風チャリィはよく見ると変なおじさんにも見えます。(トムノグ)

Commented by 松本 勤 at 2006-05-01 16:23 x
はじめまして。MS1→MSのHP→このブログという風にして、訪問しました。

私も代理店主?
といっても微々たる挙績の、見習いような中年店主です。

多少、絵画に興味をもっております。
藤田嗣治展も近々見に行く予定です。

さて、こちらのブログを通じて、初めて
「イサオ俊彦」の絵を知りました。

美しい武蔵野の原風景に、見入ってしまいました。
屋敷林(森)の風景は、私が住む練馬でも
40年くらい前には、まだありました。

そこで、素朴な質問ですが、この方の作品は、どこに行けば現物をみることができるのでしょうか。何かヒントをいただければと思います。

ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

Commented by at 2006-05-02 13:05 x
松本さんコメントありがとうございます。
悳 俊彦先生は練馬、武蔵野、保谷・田無、清瀬、新座あたりの武蔵野風景を描いていますが、雑木林・けやき・農地を題材に郷愁感を呼ぶような特徴ある作品を制作されました。作品の多くは画廊等にて多くの収集家の手に渡っています。私もここ5年くらい悳作品を探し求め甲斐あって3作品を手にいれました。原画をご覧になりたいとのことですが毎年、所属されている風土会にて風土展が開催されています。昨年は9月に銀座のセントラル美術館でした。今年も同時期に開催されると思います。
その際はこのブログでも紹介したいと思います。そのほかかつて取り扱いのあった「あかね画廊」「日本橋画廊」などで販売展示されている可能性があります。
悳 俊彦先生は現在70歳と思いますが、
浮世絵・国芳作品を紹介解説した著書を数冊だされており、その方面でも著名な方です。近く当ブログで悳作品の紹介をしたいと考えているところでした。
またぜひコメントをお寄せください。
(トムノグ)


Commented by 大文字彦左衛門 at 2006-05-04 17:04 x
トムノグ様
ご無沙汰しております。
先日(といっても相当昔ですが・・)
コメントを頂戴したにも拘わらず、忙しさにかまけて返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
ぼちぼち、ブログを再開しようと考えております。
先日のメールでのリンクの件ですが、大歓迎です!!
今後ともよろしくお願いします。

Commented by at 2006-05-04 17:16 x
大文字彦左衛門さん、お待ちしていました。以前のような洒落ていて楽しいブログを再び期待しています。こちらこそよろしくお願いします。(トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2006-04-29 00:01 | 愛犬チャリィ | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31