盗作画の真偽

c0340785_15261517.jpg

連日TVや新聞で騒がれている盗作問題。
当の本人はさまざまな弁解を繰り返し「オマージュ」だと言う。



オマージュとは尊敬する作家や作品に影響を受けて似た様な作品を
創作することをいうのだが。



この人の場合、「似た様」ではなくそのものずばりであるから論外である。しかも複数の作品におよぶ。



遠い昔から真贋問題は繰り返されてきた。贋物は贋物であるがゆえに展覧会に出品されることはないが贋物でも盗作による偽物は始末が悪い。
作者が存在し模写・盗作をおくびにも出さず賞までいただく。
なんと下劣な行動であろうか。



そして彼をこのような活動に走らせたものに過去のイタリア留学の体験があるという。
そこで絵画の奥深さを感じ、基本から学び直すために「修復技法」を習得する。
修復作業には大小の機材やライト、ルーペ、顕微鏡まで使用する。
そうした多くの機材等を使う修復はあくまで復元である。

絵を描くということは創作である。
今回の盗作疑惑を持つ作品は他人の原画を復元して若干の創作を入れた偽物でオマージュなどという言い訳は通用しない。
復元するという知識・技量が創作を上回ってしまったのであろう。


Commented by アートバン at 2006-06-08 00:29 x
オマージュと称して賞をもらうことは通常の絵画の世界ではないと思います。
どちらかといえばビジュアルアートとか
現代ポップアートとか?
盗作は疑惑が出た時点で盗作だと思います。

Commented by at 2006-06-08 10:08 x
アートバンさん、おはようございます。
政治家への活動もしていたようで受賞はその辺の力も働いたのでしょうか。正直私は盗作でないとしても評価できない作品と思います。好き好きですが(トムノグ)

by kokoro-tomnog2005 | 2006-06-07 23:39 | お~い ニッポン | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30