人のつき合いと国のつき合い

c0340785_15261931.jpg













ポーチュラカ(スベリヒユ科:松葉牡丹の仲間) 
フォト:自宅にて


先週は物騒な物が日本海に打ち込まれ、不安と困惑の日々を過ごした。政治ネタは基本的にブログでとり上げたくないが今回ばかりは黙っていられない。

我々国民の安全が脅かされるということはどういうことなのか。
どうしてそのような状況が生れるのか。
それは報道されているような偏向的なことではなくもっと根本的なことである。
日々の生活を漫然と享楽的に過ごす平和ボケな私たちは考えなければならない。

素直に相手への思いやりを持ってつき合う「人と人のつき合い」

回りくどい変な技巧を使った外交から生れる「国と国のつき合い」
本来、人のつき合いの延長上で国のつき合いができないものか。

外交とはそれほど難しくしないと成立しないものなのだろうか。
どの国も自国の否、特定人の利益を最優先しようとするから難しくなるのではないか。
最も大切なものを見失う、おかしな愚かなことだと思う人が多いはずだ。


別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2006-07-08 12:17 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ