犬の役割



526イヌと人類との付き合いは2万年に達する。
移動を続ける集団の指導者が、ある日、
むしりとった肉片を地べたに残したまま、彼は食料の残りをかつぎ上げ、出発する合図をした。
犬の先祖は、オズオズとその肉片を食べて、人間の集団に距離をとりながらついてくるようになる。
ある夜、たき火はあかあかと燃えていた。骨にかぶりつく音が聞こえ、たき火の光で突然人々は肉片にむしゃぶりつく犬の先祖を見た。
画期的なことが起こっていた。はじめて役にたつ動物が人間に養われていたのだ!。
(ローレンツの「人イヌにあう」から抜粋)



先日、ブルースシンガーの大木トオルさんのセラピー犬活動に端を発してあらためて犬の社会的役割を考えた。
実に多くの分野で活躍する。
私のような犬に関する素人でも思いつく範囲で
介助犬・盲導犬・聴導犬・セラピー犬・警察犬・麻薬犬・救助犬・狩猟犬・犬橇犬・演芸犬・愛玩犬・番犬など
これ以外にも実に多様な分野で活躍しているであろう。
人とこれだけ上手なパートナー関係にある動物は犬だけではないか。
とすれば人はどれだけ犬によって救われてきたのか。
これは感謝状ものだ。

さて我家のチャリィは上記の分類上は、愛玩犬だが
よく吠えるので番犬ともいえる。家人が落ち込んでいる時に優しい目つきをしてくれるのでセラピー犬とも。
また遠くからやってくる宅急便のトラックの音に過剰反応するので聴導犬の要素もある。
欲しいヒト?と言えば前足を挙げる演芸犬、散歩に行くとこれがチワワかと思うほどグイグイ引っ張ることができる犬橇犬、古い紙(薬を包んだような嫌なにおい)を嗅ぐのが好きなので麻薬犬にも。

そんな訳ねぇーだろうと他人様に言われそうですが飼主はいたって真剣です。犬バカだから・・・



別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


Commented by Miko at 2006-10-19 13:32 x
うちのももは目覚まし犬です。毎朝6時に「クンク?ン」(窓を開けて?)と私を起こします(^_^;)
でも先日、私がかなりひどいケガをして、顔にガーゼをしていたら、鳴いて起こすことはなかったです(;_;)
以前飼っていた、ももの母犬のぺぺは、私が具合が悪く2日間寝込んでいる間、ずっとそばを離れませんでした(;_;)
うちの子たちは看護犬でもありますね(^-^*)

Commented by トムノグ at 2006-10-19 16:54 x
Mikoさん、コメントありがとうございます。ももちゃんは目覚まし犬&看護犬ですか。ケガをされている時は気を使って目覚まし犬をやらないなんてなんとすごいのでしょう。素晴らしいですね!


by kokoro-tomnog2005 | 2006-10-17 22:58 | 愛犬チャリィ | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31