チャリィとの初遠征は

年末は家族バラバラの行動により、29日からチャリィと私だけになりました。
チャリィは気配を察してか、「男は黙って相手の目を見る」という具合にお互い顔を見合わせては「どうする、何する?」という感じで時間だけが坦々と過ぎていきました。



c0340785_15264219.jpg
31日大晦日の午前中、「チャリィ行くよ」と声をかけました。
チャリィは合言葉「行くよ」にうれしそうに反応し尻尾をルンルン振っています。
散歩だと思っているようです。
しかし荷物を持って車に向かうのがわかると途端に歩くのを止めて座り込んでしまいました。車が嫌いなのです。嫌がるチャリィを強引に後部座席に乗せて一路西伊豆に向かいました。
いつもなら車内に誰かいるので膝に乗ったり脇に寄り添って諦めますが、今日は後ろで一人ぼっちなので震えが止まりません。1時間くらい走ってあまりにも可哀そうなので助手席にチャリィ専用の毛布を敷いて移動させました。
「いい子だからそこにお座りしてるんだよ」と言うとその後、納得したように静かにじっとしていました。
約3時間30分もその姿勢でいたのですから「いい子」というしかありません。
あまりストレスがたまるといけないので途中2度ほど休憩しました。
フォトの中央に白く見えるのが富士山です。


c0340785_15264216.jpg
助手席で耐えるチャリィ
「あんたはエライ!」(小松政夫風に)
頑張った甲斐あって210キロの道のりを4時間30分で走破しました。
「男同士の旅は耐える旅なんだよ、チャリィ」
チャリィ反応なし 当然です。



到着し車から降りた途端、細君やおばちゃん、じいちゃん・ばあちゃんの姿を見ると喜んで駆け寄って行きました。玄関にうれションしちゃったり、家中走り回ったり、うれしくてうれしくてしょうがないという感じでした。

大晦日、元旦は温泉に入ったり、おせちとお神酒をいただいたり、皆でカラオケをやったりと思う存分楽しみました。

c0340785_15264240.jpg
2日早朝、海辺を散歩しました。
防波堤から駿河湾方向を見つめるチャリィは、何か感慨に耽っているような姿でした。(そんな訳はなく、ただポッ~としていただけ)



c0340785_15264272.jpg
その証し
「もう帰ろうよ」(昔の漫才ネタ)



寒いと言わんばかりに目を閉じてしまっています。



その日の午後4時頃、帰ることになりました。
東名高速は厚木から横浜まで30キロの渋滞が深夜まで続くとのことでしたので、厚木IC手前で一般道・御殿場方面に向かいました。
西伊豆を出てからここまで2時間走っていたので道の駅「ふじおやま」で一時休憩しました。ここでアクシデント発生、交替でトイレ休憩をし先にすませた私がトイレから出て駐車場で待つチャリィと細君に駆け寄った際、不覚にも駐車場のタイヤ止めのコンクリにつまづき転倒、しかし間一髪で柔道の受身ができて一回転、大事に至りませんでしたが膝、腕には擦過傷を負いました。
正月早々皆には笑われ痛い思いもして情けないことしきりでした。「足元に注意して行動せよ」という新年の教訓になりました。
(高校の選択授業の柔道がこんな時に役立つとは)



なんとか5時間内で自宅に帰る事ができホッとし遅めの夕食を済ませて床につきました。



翌3日の朝、寒気と吐き気で目が覚めました。
どうやら風邪をひいてしまいました。ここ十年くらい寝込むほどの風邪をひいたこともなかったのですが、気の緩みだと思います。
年末から年始にかけて心身ともに平常のペースを失いどっぷりと休みの空間を味わっていました。転倒といい風邪といい不覚としかいいようがありません。
3日、4日と2日間寝込み散々な正月後半でした。
今日5日の仕事始めは何とか乗り切り、このあと運良く3日間の連休なので心身共に万全に整えたいと思います。
「チャリィ 今度はもっと気合を入れて出かけようね」


c0340785_15264213.jpg

「車に乗らない散歩ならいいよ」

とチャリィは言うだろうなあ。


Commented by okamider at 2007-01-06 01:53 x
トムノグさん、こんばんは♪
年末年始を楽しく過ごされたようですが、残念ながら
体調を崩されたとのこと、その後いかがでしょうか?
明日からの連休、どうぞゆっくりと静養なさってくださいますよう、ご回復をお祈りしております。
私は、8日あたりにようやくオフがとれそうです:笑

Commented by 森の音 at 2007-01-06 16:37 x
チャリィ君と男同士の旅、大変そうですが楽しそうです。私も年末に息子と二人京都の実家に餅つきに帰りました。とんぼ返りだったのですが、なんか楽しかったです。転倒されたとのこと、大したことなくて良かったですね。正月早々怪我なんて嫌ですものね。どうかお気をつけください。

Commented by アナキョンジャ at 2007-01-07 02:01 x
男二人旅だったのですね~。 チャリィが助手席で耐えている様子や、ママたちに会ったときの喜ぶ様子が、なんとも愛らしいですね。  堤防のチャリィ、髪の毛がくしゃくしゃになるのも構わず、風に立ち向かう、といった風情です。  トムノグさん、お加減はいかがですか? 今年の厄はこれで落としたと思って、頑張ってくださいね!

Commented by トムノグ at 2007-01-07 17:54 x
okamiderさん、こんばんは。
油断したダウンなので情けないことです。
しかしokamiderさんは、なんとタフなのでしょう。
スーパーウーマンです!
明日辺りからオフとのこと、ホントゆっくり静養ください。但し私のように油断されぬように。

Commented by トムノグ at 2007-01-07 17:57 x
森の音さんさん、こんばんは。
ワンコですが男同士となると何か硬い感じがしていいですねぇ。これが息子さんとなると本物の男同士の旅ですからうらやましいです!
転ぶなんてホントみっともない姿です。トホホ

Commented by トムノグ at 2007-01-07 18:01 x
アナキョンジャさん、こんばんは。
チャリィは外の寒さに強いですよ。海風に向かって行こうとするのです。散歩が好きなのでアウトドア派なのでしょうか。
しかし今は、家のコタツの中でまーるくなっています。(笑)


by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-05 18:11 | 愛犬チャリィ | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31