東京砂漠をさまよう学生たち

c0340785_15264983.jpg
学生の就職活動の現状はどうだろうか。今年は企業の求人数が増えて学生側に有利と報道されている。



我家の二女(大学3年)も昨年末から就職活動を始めた。
黒系のスーツで身を包み、これも同じく黒系のバックを持つ。頭髪も茶系から黒に戻し初々しさをアピールしている。
朝早く出かけて夕方遅く疲れた顔で帰宅する。どんな業種のどんな企業を訪問しているのだろうか。
親としてなるべく関与しないようにしてきた。



先頃、知らない振りも限界に達し、どんな活動をしているのか尋ねてみた。
するとHP上でアットランダムに探しあてた企業にエントリーし訪問しているという。そこには仕事に就こうとする特別な思いはないようだ。
「こんな業種に就きたいとかこんな企業に入りたいとか」いう希望はないのか確認するも特にないという。
「それじゃダメじゃん」



一部の意識の高い学生は入念な準備のもとに就職活動をしているが大半の学生は二女のように場あたり的な活動をしているようだ。
これではいくら企業の求人数が増えても学生にとって有利とはいえない。
東京砂漠をさまよう多くの学生の実態に唖然とした。
さて二女の就職活動の行方はどうなることやら・・・

(続く)



Commented by 天然食材探し at 2007-02-15 17:51 x
若い頃は、自分もそうでしたが、夢が漠然としてしまうのでしょうね。
後になって(年をとって)から、そんな時代を後悔しちゃうんですけれど。

Commented by トムノグ at 2007-02-15 22:12 x
天然食材探しさん、こんばんは。
確かにそうです。そして現代は煩雑な社会なので希望や夢を持ちにくい一面もあるようです。
就職にしても非常に手間のかかる手続きのようです。

by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-15 09:24 | お~い ニッポン | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ