10歳の放浪記

c0340785_15265778.jpeg
昨晩、偶然にBS・NHKハイビジョンの番組で「私が子供だったころ」を観て思わず泣けてしまいました。
うたた寝しながら観ていたので部分的な記憶しかないのですが、児童文学作家・上條さなえさんの実話です。



10歳の時、父親が事業に失敗し家族離散、父親と池袋でホームレスの生活を1年、その後児童福祉施設で過ごし後に小学校教員になりました。
よく立ち直れたと感心しますが、ご本人を見ると相当な人間力をお持ちの方です。

その過酷な子供の頃の生活を昨年「10歳の放浪記」と題して本にしました。
あまりにも悲しい過去のため出版は躊躇していたらしいのですが、出版社から「いじめ問題や親子問題が多い現実にひとつの警鐘を」とくどかれ思い悩んだ末、出版したのだそうです。



早速フォトの本を買い求め、週末に読みたいと思います。
なおテレビでも再放送があります。

最近、心が乾いちゃっている方はぜひご覧になってください。




BS・NHKハイビジョン(再放送) 
「私が子供だったころ」
10歳少女放浪の記録、過酷な日々と人々の愛
4月6日(金)12:00−12:45
4月8日(日)  8:00−  8:45



by kokoro-tomnog2005 | 2007-04-05 12:53 | 人の生き方 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31