ちょっと待った 社保庁

c0340785_15270455.jpeg
「あっしには関わりのあることでござんす」
木枯紋次郎は許してもトムノグが許さない!



社保庁の不祥事がまた明るみに。
なんでも年金保険料の記録漏れで納めたはずが未納扱いになっていて年金が受取れない人が多数に及んでいるという。
社保庁に寄せられたクレームは約179万件、わずかにそのうちの24万件が訂正されただけで大半が泣き寝入りしている状態だ。
手書きの納付記録を電子化した際のミスが原因らしいが、元の手書き書類を破棄してしまったので検証することは不可能というのだ。



私も転職歴があるので不安になり社保庁のHPから納付歴を照会しようと試みたが容易ではない。
照会手続きを意図的に難解にしているとしか思えない複雑さだ。
http://www.sia.go.jp/
途中で嫌になって照会作業をやめた。
しかし今のうちに確認しておかないと受給資格年齢になった時に窓口へ申請に行ったら「あなたは未納だから受給資格がありません」などと言われかねない。



社保庁は詐欺団体といわれても仕方ないほどの問題を抱えている。
政治はこの重大ごとを見逃す気だろうか。


PS:20:35
この記事をアップした途端、社保庁関係者または社労関係者と思われる匿名者から否定コメントが投稿されました。
匿名では意見交換をしようがないので削除しようと思いましたがあえて残しました。

PS:23:28
記事アップから4時間が経過し、アクセス数がどんどん上がっています。多くの人の関心ごとであることがわかります。しかしコメントする人はいません。

PS:5月17日 0:15
記事アップ5時間で過去最高のアクセスで驚きです。
たまにはこういう刺激的な記事も必要だと感じました。
私の文章表現に不適切なところがあるかもしれませんが、大半の国民は同じように怒りを感じていると思いますね。この国は最近ホントおかしくなっています。
言うべきことを言わないとどんどんおかしくなっていきます。
だけど匿名はダメだね。ハンドルネームくらい書きませんと。
(また普段通りのゆる~いネタに戻りましょうか)

【完】



Commented by at 2007-05-16 19:51 x
>社保庁に寄せられたクレームは約179万件、
>わずかにそのうちの24万件が訂正されただけで
>大半が泣き寝入りしている状態だ。
クレーム179万件、訂正24万件っていうわけではないですよ。
訂正24万件って記録の訂正(厚生年金の加入日の訂正とかがメイン)であって、年金額の訂正じゃなかったと思います。
年金額の訂正は5年で10万件くらいで、年金額についてのクレームが179万件ではないですね。

ちなみに、
>年金保険料の記録漏れで納めたはずが未納扱い
は、国民年金の話しで、職歴の確認とは別件です。
国民年金保険料の記載漏れはクレームが2万件で、訂正が100件くらいです。
クレームのうちの多くは本人の記憶違いの可能性もあります。



Commented by トムノグ at 2007-05-16 20:33 x
匿名さんへ

あなたは社会保険庁の関係者ですね。
私は新聞記事とTV放送に基づいて記事にしました。
あなたの名無しで的外れな言い訳コメントは本来削除したいところですがあえて残しましょう。
あなたのコメントが正しいのなら正体を明かして再投稿してください。

Commented by see-go at 2007-05-17 08:49 x
ご無沙汰していました。
匿名さんのコメントが正しいとしても社保庁は問題が多すぎます。
国の制度である年金が信頼のおけないものになると我々はどのように自助努力をすべきか考えないといけませんが限界があるので難しい問題です。
私は国の年金はもともと信頼していないので掛金の支払をやめたいと思うほどです。

Commented by まさかず@コノ葉は風にのって at 2007-05-17 09:36 x
トムノグさん、おはようございます。
今年に始まったことでもないのでしょうが、世の中何だか良からぬ方向へと進んでいるように日々感じています。社保庁の件しかり、憲法改正や多くの事件しかりです。社会の仕組みがどんどん変わり、異議も唱えられず黙殺されおざなりになる。物申すことすらかったるくて諦めか適当なのか、情報メディアが発達しても尚、そんなムードが蔓延しているように思います。大規模デモ多発なんてことないですもんね。
共通する思いは、個人のことばの発言がやはり必須で、そこから多くの輪が広がるのは自明です。音楽がそうであるように一人一人が気持ちを表現することが私たちの責任なのではと自分に言い聞かせながらこれまた日々思っています。
さて、明日から週末にかけて東京です。いずれ、トムノグさんと直接ことばのやり取りできたら良いですね。さぁお仕事、ではでは。


Commented by 森の音 at 2007-05-17 22:25 x
今まで問題をほったらかしにしておいたつけは大きいです。
一社労士として申し上げますと、年金と言うのはもともと戦後に政府がお金を集めるために始めた制度です。
その頃は収入に対して支出(給付)も少なく安穏であったのが、
こんなに高齢化社会になることも予測もせず、
制度自体も怠惰に怠惰を重ねたあげくの、
当然の帰結だと思われます。
年金番号のダブりによる不明な年金番号は、
5000万件を超えると言われています。
今後もどんな問題が表面化してもおかしくないでしょう。

社保庁をどうするかも大事ですが、制度自体をどうしていくのか。
もはや年金だけで生活できる時代は終わったと我々の世代は認識していますが、このことの方がもっともっと大事だと思います。

Commented by トムノグ at 2007-05-17 22:28 x
see-goさん、こんばんは。
どうしてこれほど不信が広がるのか、年金管理の当事者達の意識の低さとずれでしょうか。
私も本当は公的年金なんて信じていません。
掛け金を自分で運用した方が納得がいくと考えています。

Commented by トムノグ at 2007-05-17 22:34 x
まさかずさん、こんばんは。
社保庁の諸問題は解決の陽の目を見ないまま我々国民は騙されていくような気がします。
まさかずさんの言われることばの発信の重要性を私も強く感じます。
心のない制度と対応は人々の心をカラカラにして取り返しのつかない状況に追い込むでしょう。
残念です。
私もいつかまさかずさんのような見識の高い方とお話しできたらと願っています。


Commented by トムノグ at 2007-05-17 22:44 x
森の音さん、こんばんは。
社労士だったんですね。
>もはや年金だけで生活する時代は終わった。
わかっているけど認識したくない人は多いでしょうね。
重い言葉です。この意識を自分の中でどう展開していくのか我々は自問しなければなりません。
しかし民主的な社会であるなら年金制度は維持しなければならず制度の抜本的な見直しが必要なのかもしれません。
不明な年金番号が5000万件超とは驚きです。
ずいぶんいい加減な管理なんですね。



by kokoro-tomnog2005 | 2007-05-16 19:23 | お~い ニッポン | Comments(8)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30