八ヶ岳小旅行

c0340785_15271120.jpg
85歳の父と80歳の母を連れて週末八ヶ岳へ出かけた。
学校の授業が週2日しかなく就職も決まって暇な二女がサポート役となる。

圏央道が八王子・中央高速までつながり山梨方面は格段に近くなったため
鶴ヶ島ICから目的地の須玉ICまで途中の休憩を含めて2時間弱で到着した。
以前なら4時間かかっていたので驚くほどの時間短縮である。

フォトは八ヶ岳南麓に広がる山梨県立まきば公園、広大な10万㎡の敷地には羊、ヤギ、ポニーが放たれていた。

c0340785_15271108.jpg
お昼は清里の蕎麦処「北甲斐亭」で手打ちそばを頂いた。
雑誌に紹介され評判高い店とあって店内は満席だった。
フォトは天ざる、1050円
とても美味しく、この値段はお得である。

c0340785_15271102.jpg
北澤美術館へ
エミール・ガレのガラス工芸品が多数展示されている。
諏訪にある北澤美術館の別館だが(株)北沢バルブ創業者の北澤利男氏が長年にわたり収集した作品を紹介するために造った美術館だ。
成功した企業創業者の文化貢献の立派な例である。

宿泊は大泉高原の八ヶ岳ロイヤルホテル
夕食は日本食会席で小宴を楽しんだ。

c0340785_15271215.jpg
翌日午前中は清泉寮でゆっくり過ごす。
2頭の馬が牧草地を案内してくれる。
かいがいしい働きをする馬の姿を眺めていたらチャリィを思い出した。


c0340785_15271280.jpg
ここのソフトクリームは評判の美味しさ。
ジャージー牛の乳と八ヶ岳の湧水が秘密の美味さとか。
甘く濃厚な味でまるでミルクを飲んでいるようだ。
牧草地の中で食べるソフトクリームは格別だった。
300円


c0340785_15271203.jpg
   サントリー白州蒸留所へ
博物館でウィスキーの文化、歴史、製法など見学する。
工場見学はさすがの両親もパス、森林浴をしながら創業者 鳥井信治郎の見識の高さに脱帽しサントリーという企業文化の高さを感じた。

時刻は午後2時、高齢の両親の健康を気遣い帰路につく。
温泉旅行が定番の両親は雰囲気の違う旅行と孫と過ごせた時間に大満足してくれた。

私も久しぶりの親孝行と二女との旅行に楽しい時間となった。
留守番の細君とチャリィにはたっぷりの土産話しを持って。


Commented by ムーンライト at 2007-07-08 23:04 x
良いご旅行でしたね。
今『Moonlight』を聴いています。 
「Happiness」好きです。

大木トオルさんの講演会が名古屋であり、その模様を紹介したブログがありました。 
<a href="http://bigsexy.mediacat-blog.jp/e9070.html" rel="nofollow">http://bigsexy.mediacat-blog.jp/e9070.html</a>

コメント欄で私が話題になっていて、笑っちゃいました。
「謎のムーンライト」に改名しますか・・・

Commented by 満月 at 2007-07-09 20:17 x
今晩は。
こういうちょっとした旅行ができるのは本当にいいですね。写真の蕎麦もおいしそうだし、美術館も牧場もまったりできる良い空間になったようだし、大成功なのではないでしょうか。

Commented by アナキョンジャ at 2007-07-09 21:43 x
偶然すぎます。 私たちも、実は家の者の両親を連れての八ヶ岳旅行だったのです(次回、合流したところの記事を書きます)。 それから、清泉寮のジャージー牛ソフトを別の場所でいただきましたよ(同じようなお写真もアップする予定です 笑)。 いつか、チャリィとヨボが八ヶ岳で対面したら面白いですね。 ちなみに家の者の両親も、鶴ヶ島から圏央道に乗って八ヶ岳入りしました。

Commented by トムノグ at 2007-07-10 09:16 x
ムーンライトさん
老いた親との旅行はいろいろ考える機会になります。また連れていってあげたいと思います。
ブレバタのCD気にいっていただけたようでうれしいです。ファーストなので未完、青い感じがしてアマチュアぽっいですが、歳を経た最近のアルバムを聴いていただけたらブレバタの音楽性の高さを感じられると思います。
大木さんの講演の様子拝見しました。
相変わらぬ社会貢献に尊敬します。
改名いいかもしれません!

Commented by トムノグ at 2007-07-10 09:24 x
満月さん
我家の周囲は関越自動車をはじめ圏央道、中央高速道など移動に恵まれた場所なので思いついてすぐ行動できるのが最大の利点です。
しかし高速料金は結構かかりますが。


Commented by トムノグ at 2007-07-10 09:29 x
アナキョンジャさん
ホント偶然でした。
娘と「ヨボがいそうだね」と話していたんですが、現実おられたとは。
ヨボの目が血走ってうなっている姿はチャリィもまったく同じ顔をしますよ。
もし対面したら面白い事になりそうです。
記事アップ楽しみにしています。

by kokoro-tomnog2005 | 2007-07-08 16:40 | つかのまウォッチング | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31