17歳に決断させるものとは

本日TBS放映の「17歳のシングルマザー」を見て何とも表現のできないやるせなさを感じた。
http://www.tbs.co.jp/program/suitoku_20080514.html

1歳の子供を必死に育てようとする少女。
そのために自らの生き方を懸命に見出そうとするいじらしさ。
誰がこの少女にこんな過酷な試練を与えるのか。



この少女に十分な愛を注がなかった両親、そして支援もできない両親。
両親は離婚によって家庭を崩壊させ子供たちにまでツケを払わせる。
そんな無責任な未熟な親が17歳のシングルマザーを生んでしまったのだ。

少女は家族という理想のカタチをいつかつかみたい、その一心でひとりで子供を育てようとする。
救いは4人兄弟の20歳の兄。
20歳と言えばまだまだ遊び盛りなのに妹に勇気付けの言葉をかけたり、兄弟愛を示したり、不良な親の分まで家族としての責を全うしようとする。



少女が番組の途中で「崩壊した家族の中で兄の存在がなければ私たちはとっくに施設に入っていた」といった内容の話しをしているのが印象深かった。
少女はその兄の優しい心に決断する。
「この子は私が育てる」と。
17歳の決断の前途は厳しいが優しい兄の存在が後押しをする。

家族の愛、絆とは何か、あらためて考える番組だった。


Commented by 満月 at 2008-05-17 00:12 x
今晩は。
17歳でシングルマザー・・・。私が17歳くらいのときはもっと子供子供してました。
この女の子の置かれていた環境や意識ってどういうことだったのでしょうか?

Commented by トムノグ at 2008-05-17 09:30 x
満月さん
コメントありがとうございます。
環境と意識まさにそのとおりです。
両親離婚、姉もシングルマザー、同い年の友人もシングルマザーです。
自分を愛してくれる人を探しながら、なかなか見つからない中、わが子へ注ぐ愛情で自らを慰める。
そんな心理が読み取れました。
兄の存在は大きいのですが、親と同年齢以上の大人で支援してくれる存在があったら良いのにと思います。
大きなお世話でしょうか。

by kokoro-tomnog2005 | 2008-05-14 23:34 | お~い ニッポン | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31