夏果図

c0340785_15280777.jpg
フォトは日本画家・山口蓬春(1893-1971)の「夏果図」(1957)の
ポストカード


一流の作品は例えポストカードであろうと十分な雰囲気をかもしだす。

そして季節にぴったりの画風は、何故か心を和らげてくれる。


最近、ポストカード用の額縁もオシャレになった。

小さくても堂々としていてそれでいて収まる絵よりでしゃばらない。

ちょとしたインテリアとしてイイと思います。



Commented by ivymama at 2009-07-23 12:47 x
素敵ですね[E:shine]額縁で絵もグッと引き立ちます[E:up]トムノグさんのセンスの良さがわかります。
私も好きなポストカードを飾ってみようかと思案中です[E:note]

Commented by さとうなつこ at 2009-07-23 14:34 x
このブログに対してのコメントではなく恐縮です。
「飲んで食べて有頂天そして」の2007年1月16日のブログ「江戸の心太売り」を拝見してご連絡しました。そこに載っている文献が何なのかお伺い出来ないでしょうか。宜しくお願い致します。

Commented by トムノグ at 2009-07-23 19:47 x
ivymamaさん

ありがとうございます。
ivymamaさんの料理や手作り工芸の数々から
すればお恥ずかしい限りです。

ポストカードはしまいこんでしまうと
再び陽の目を見ることはありません。
気に入っているものを葉書として使うのは
もったいないし、こんな飾り方をするのは
結構楽しいものです。[E:diamond]

Commented by トムノグ at 2009-07-24 08:35 x
さとうさん

07年1月頃は江戸時代の食文化に興味があって
いろいろな本を読みました。
あの記事はそうした本から得た知識を自分なりに
記したものです。
ですからずばりではないのですが次の文献を参考にしたと思います。

「江戸の諸職風俗史」(佐瀬恒・矢部三千法編著、展望社)
「下級武士の食日記」(青木直巳、NHK出版)
「お江戸の武士の意外な生活事情」(中江克己、PHP文庫)


by kokoro-tomnog2005 | 2009-07-22 09:09 | アートな日々 | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31