つばさ

c0340785_15280780.jpg
 
金曜日、池袋駅地下構内で朝ドラ「つばさ」 の舞台となっている川越市の観光キャンペーンに出くわした。
「ドラマはあんなだけど川越はいいところだよ」っていう感じのパンフがいっぱい。
私は川越の隣に住むひとりとして、うまく川越を表現していないこのドラマにいささかがっかりしていた。

演出はイマイチ、度を過ぎた悪ふざけ(コメディー?)が多く、川越の良さがあまり引き出されていない。
城下町川越には歴史深いところがたくさんあり、小江戸と呼ばれる所以があちこちに見られる。
なのにドラマでは河川敷の土手のシーンが多く、川越のイメージが伝わらない。
しかも実際その土手は、つばさの住む甘玉堂からは遠く離れていてドラマの生活空間に合わない場所だ。
もっと川越の街中を映し出せないものだろうか。

c0340785_15280779.jpg
 
さてドラマ後半戦、家族の絆など泣かせる場面を見せるシーンなど出てきたが、15分では観られない川越を果たして紹介してくれるのか、このまま低い評価で終わるのか・・・

「つばさ」だけに羽ばたいて欲しいと思うが。


[E:think]


by kokoro-tomnog2005 | 2009-07-25 14:26 | つかのまウォッチング | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ