国民の視点

c0340785_15281086.jpg


昨日仕事で都下のある障害者施設を訪問した。
フォトは近くの河川、東京とは思えない自然に癒される。

この施設の役員さん(75歳)とは20年近いおつき合いをさせていただいている。
私が伺うと必ず「国の行方」について雑談を交わす。
「 障害者自立支援法、後期高齢者医療制度、マスコミ報道のあり方、新たなエネルギー政策と国民生活、対米関係とアジア圏での日本のあり方などについて 」静かに熱く語られた。
こういう方が政治に出てくれるといい。
どの内容も人を思いやる国民目線だ。
今回の衆院選挙にも話しがおよんだ。
「 長すぎた自民政権のおごりは社会の仕組みを壊した。
政権交代による不安定な社会は良くないが今回は時代的要請と国民の視点に立つものだ。
マスコミ報道は過熱し偏向した感もあるが、今後国民視点に立った報道を願いたい 」と言われた。
マスコミが国民視点に立てば社会や政治が変わる。

帰り際、にこっと笑って深々と頭を下げられた。
国の行方を憂慮されているその姿に
「国民の視点」とは何か、今一度深く考えたいと思った。


by kokoro-tomnog2005 | 2009-09-11 08:56 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31