心に響く「風土展」

        

c0340785_15281089.jpg
今日、東京セントラル美術館で行われている第31回「風土展」に立ち寄った。
もちろんお目当ては悳 俊彦(ISAO TOSHIHIKO) 先生の近作を拝見するためだ。
作品は100号と80号の大作・武蔵野風景6点だった。
いつ拝見しても郷愁を強く感ずる作品に心が響く。
私は他の先生11名の作品も拝見すべく一通り会場をゆっくり歩いた。


そして再び悳作品を眼に焼き付けて作品の写真6枚を買い求め帰ろうとした時だった。

受付の方が悳先生を控え室から呼んできてくださって思いもよらなかった対面・・・
初めてお会いする先生は穏やかな笑顔と口調で挨拶してくださった。
その静かな風貌は品格が満ち溢れていた。
思ったとおりの芸術家であった。
私はもう感激して無理に写真をお願いしてこともあろうか先生の作品をバックにツーショット。
帰路、ますます武蔵野原風景の大家・悳 俊彦に傾倒していく自分がいた。


100号の作品、欲しいなあと思うが、ミニハウスの我家につりあう壁がない。

しかし原画を手元におけたらどれほど心を潤してくれるだろうか。
しかも心に響く武蔵野風景である。


作品から自然の大切さと人の優しさをあらためて考えた展覧会だった。

心が乾いていたこの頃、元気な自分を取り戻す良い機会となった。
悳 先生、ありがとうございました。

● ● ● ● ● ●

Commented by 内藤美和 at 2009-09-29 23:51 x
トムノグ様
風土展ご来場ありがとうございました!
引越しのためパソコンに向かうのが遅くなり、今こちらへ参りました。
父に「トムノグさんとお会いできた?」と聞いたのですが、「わからなかったよ~」と言っていました(笑)
父にさっそく伝えます。
ありがとうございました。

Commented by トムノグ at 2009-09-30 10:13 x
内藤美和 様

ご丁寧にコメントありがとうございます。
先生は、ご挨拶されている方が多かったので
大変だったと思います。
私はお話もさせていただき、色紙もお譲りいただけ
ましたので感激しています。
どうもありがとうございました。

by kokoro-tomnog2005 | 2009-09-17 23:18 | アートな日々 | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30