老後は都会か田舎か

c0340785_15281715.gif
 

老後を田舎で暮らす紹介本は沢山あるが、都会で暮らそうという本は滅多にない。
先日書店で偶然目に入ったのが「老後は銀座で」という本だ。
この本によれば普通は老後に静かな環境を求め大自然と一体となった暮らしを考える。
さぞやくつろぎの毎日になるだろうと。
しかし「静かな」と「寂しい」は紙一重というのだ。
だから一足飛びに都会の喧騒を離れて田舎暮らしをしようというのは危険だという。

老後に居を定める場所は土地勘があって多くの人で賑わって上質な芸術文化が楽しめ、医療施設も完備され、自分の好みや必要性に応じてすぐに全てが手に入るところが良いと。
だからといって物質主義をとるのではなくて洗練された簡素な生活をそこに目指すのだという。

確かにそれはいえる。
都会と田舎を考えるのにとても良い本に出会えた。
この本から老後の目指す生活を考えたいと思う。

現状はまだまだ現役で仕事を続けなければならないので喧騒と雑踏からは逃れられない。
だから田舎暮らしを夢見てきたが考えが浅かったかもしれない。

しかし都会か田舎かと問われれば
今は
「田舎」と答える。


Commented by 森の音 at 2009-11-27 23:04 x
私も間違いなく田舎です。
最も今も田舎のような場所に住んでいますが・・・
願わくば、魚の一杯いる川の端が良いです。
毎日日暮れの良い時間に釣りに行って、
昼間は自転車で土手を走る。
早く来ないかな~老後。って
いつからが老後なんでしょうか?


Commented by トムノグ at 2009-11-28 12:11 x
森の音さん

コメントありがとうございます。
森の音さんは釣りと自転車というアウトドアに
深い知識と経験があられるので
環境の整った現在の地がそのまま老後へと
引き継がれることは理想通りのカタチですね。
うらやましい。
私の田舎となると細君の故郷ということになります。
海辺で良いところですが都会に出るまでには
相当の時間を要するのでその辺の勘定がポイントです。

老後の定義は個人差がありますね。
私は60を一つの区切りにしたいと思っています。
老後というよりセカンドライフと考えた方が
良いかもしれません。

Commented by ivymama at 2009-11-28 16:23 x
今まで便利な所に住んでいた反動でしょうか、田舎暮らしに憧れています[E:note]老後に 田舎暮らしをいきなりは、環境の変化についていけそうもありませんので、出来るだけ早く元気な内に引越したいと思っています・・・多少の不便があったほうが知恵も使い、体も動かすようになり、夫婦もお互い助け合うようになり・・会話も弾むとか(^^♪
といっても理想で・・現実はきびしいです(笑)♪いつまで二人一緒で元気にいられるのか・・・老後・・考える歳になってしまいました[E:down]・・憧れのまま過ぎていきそうです[E:paper]

Commented by トムノグ at 2009-11-28 17:51 x
ivymama さん

コメントありがとうございます。
老後を考えるって難しいですね。
しかし第二の人生こそ大事で幸せでなければ
いけませんよね。
自分達が健康で穏やかで友人達との交流が
楽しくあり、子供たちも幸せであるなら
最高です!
そう願いたいです。
ivymama さんのところも我家と同じような構成、
お互い幸福であるよう楽しくやっていきましょう。
[E:good]

Commented by アナキョンジャ at 2009-11-30 10:30 x
こんにちは。ご無沙汰しておりました。

私はまだ老後を考える年齢では無いのですけど、ずっと都会に住んで居たいなぁと思っていました。
なんだかんだ言って、バリアフリーだとかなんとか、便利な部分は多いし、田舎に引っ込んでしまったら、老化が早まってしまうんじゃないか、とか思っていました。

でも、ドイツに住んでみて、田舎暮らしも、自分が求めれば刺激的なことは結構あるんだな、と思ったりして、老後に田舎で暮らすのも悪くないかも、と思えてきました。

まぁ、ヨボが居れば、どこでも良いんですけどね 笑
チャリィと福島、良いですね~。

Commented by トムノグ at 2009-12-02 09:02 x
アナキョンジャさん

コメントありがとうございます。
ドイツの田舎暮らしを体験されて
うらやましいです。
ヨボくんと一緒ならなおさら充実しますよね。
我家もチャリイの存在がどんどん大きくなっています。
老後に愛犬は必須でしょうね。
(経験者は・・・)

by kokoro-tomnog2005 | 2009-11-27 19:14 | 人の生き方 | Comments(6)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30