小村雪岱展お見事

c0340785_15281973.jpg
日曜日、埼玉県立近代美術館で開催中の「小村雪岱(せったい)とその時代」を鑑賞してきた。予想を超える出品数には驚いた。
ゆっくり回ったら半日はかかる。

およそ80年前の作品が現代にも通ずるモダンさだ。
緻密さと繊細さを表現する明治20年生まれの日本画家はすごい人だった。
この企画展に亡き従兄弟のコレクションが多数出品されていたこともあって感慨深さはひときわだった。


美術館発行の図録2,300円は内容と豪華さから比べるととても安いと感じた。

この図録でしばらく心を洗うことができそうだ。
注目の企画展は2月14日まで開催されている。


by kokoro-tomnog2005 | 2010-01-31 16:12 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31