樹齢1000年逝く

鶴岡八幡宮(鎌倉)のシンボルとされていた大銀杏が倒れた。
石段脇の土壌が薄い斜面に立っていたこと、2月以降の雨で地盤が緩んでいたことに加えて雪交じりの強風(風速12m)が原因という。
以前から専門家の診断を受け、昨年末には保全に向けた検討をしていたというが間に合わなかった。
神職の一人は「あり得ないこと、驚いている」と言う。
保全検討をしていたが想定をしていなかった。

気象の変化は歴史遺産ともいえる古木をも消し去る。
樹齢1000年 お疲れさま と言うしかないのか。




by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-11 09:29 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30