政党政治の限界

自民党政権にNOと言って民主党政権に変化を求めたが徒労に終わった。
各政党は目先の参院選ばかり気にして肝心の政治がまるでできていない。



今や与野党で覇権争いをしている場合ではない。
(まして同じ政党内で主流、非主流などばかげている)
一刻も早く国を立て直す施策を実行すべきだ。



若い世代、子や孫の未来に希望の光がともるようにするのが政治の役目ではないか。
内外の制約が多いことはわかる。
かんたんに制度改正できないこともわかる。
しかし一致団結して動く組織は必要だ。
今回の民主党はその能力がないことがはっきりわかった。



かといって代わる政党は見当たらない。
まさに政党政治の限界を感じた。



[E:catface]


by kokoro-tomnog2005 | 2010-06-06 10:00 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31