被災地を見て思う





連休初日に所用で福島のとある地に行ってきました。
震災の傷跡は激しく津波被害で壊滅状態の集落もあって無残な姿に言葉が出ませんでした。
復興にはほど遠く応急復旧もできないほど手のつけようがないという印象でした。
加えて原発問題の見通しが立たない中で現地の方々のイライラ感は相当なものです。


「がんばろう」なんて他人事のセリフを軽く吐くテレビの公共広告に現地を見てから放送しろと言いたくなります。

復旧、復興が進まない要因は地方に権限と予算を委譲しない国にあるのでしょう。
実情を踏まえた対応は現地の人にしかわかりません。
机上で描く復興計画なんて被災された方たちのものにならないでしょう。
地方分権の是非がはっきりした瞬間でした。



●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2011-05-03 21:14 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31