美術館で額縁を見る

    

c0340785_15290947.jpg


美術館の絵は絶対手に入れることができないからつまらない。
どんなに高名な絵でも感動は薄い。
しかも監視がきびしく、ぐっと近寄って見ることができないから親近感がわかない。

自分が美術館に行く目的は額縁を見るためといったら笑われるだろうが本当はそうなのだ。
名画の額縁はそれは素晴らしいが個人の家にはもちろん相応しくない。
額縁自体が特別な装飾なのだ。
しかしごくたまにとてもシンプルなものがある。
そんな時は絵と額縁を凝視してしまう。
じっと見入って一体感を探す。

美術館に行って絵をあまり見ず額縁に見入っている姿はちょっとおかしい。

by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-05 08:54 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ