奥多摩の川辺と美術館

c0340785_15291816.jpg

1/18(金) 奥多摩・御岳付近の多摩川

仕事で奥多摩へ行った。
先週の雪が残っているのではと心配したがどの道路もきれいに除雪されていた。
多摩川岸辺の残雪が辺りと穏やかに調和していて癒しの空気を感じた。



帰路、昼休みの時間帯だったので気になる美術館に立ち寄る。




c0340785_15291874.jpg

たましん御岳美術館
http://www.tamashin.or.jp/mitake/

多摩信用金庫の地域文化財団が運営する。
第1展示室は「新宿中村屋ゆかりの作家作品」
中村彝、曽宮一念、佐伯祐三、跡見泰、河野通勢、高村光太郎、中原悌二郎など
第2展示室は「近代美術の流れー大正の絵画」
岸田劉生、石川寅治、岡田三郎助、林武、石井柏亭、伊原宇三郎、藤田嗣治など
エントランスは「陶磁」「絵画」「彫刻」
14代酒井田柿右衛門、北大路魯山人、藤田嗣治、香月泰男、須田国太郎、関頑亭など
他に 倉田三郎記念室


帰り際、30分程のウォッチングだったが良い時間が過ごせた。
藤田の「猫二匹」 岩彩・変25号 大正13年作 貴重な作品が見られた。
パリ滞在の猫とはまるで違う。
いかにも日本の猫、気品漂う作品だ。

いやあ実に素晴らしい!
首都圏の美術館でこれだけ充実しているところは稀、おすすめの美術館です。






by kokoro-tomnog2005 | 2013-01-18 17:48 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30