日銀金融緩和策って

うまくいくのか。


円の供給を増やす→円安になる、物価上昇→輸出増える、企業の海外移転が減る、設備投資が増える、例えば住宅価格が上昇(安いうちに購入しようとする人が増える)、失業率が減り賃金が上がる


一方
インフレ転換→金利上昇→国債下落→銀行等の金融機関の含み損が増える→破たんする金融機関が出るかもしれない
インフレ転換→年金支給額減額


こんな解りやすいチャートで進むとは思わないがこの先どうなるか今のところ誰にもわからない。
日本経済低迷の本質はこんな表向きのことだけではないからね。


とりあえず弱者の私たち庶民はこの状況を見守るしかないのだろう。
受身の側はいつまでたっても弱いことはわかっているが。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-04-05 09:06 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ