平穏無事を願う


c0340785_15294394.png
このブログではなるべく政治にかかわることは書きたくなかったのだが
今や国民の誰もが子孫のために真剣に考えねばならない時期のようである。

現政権が声高にして訴える「集団的自衛権」
どのような経緯でこれほどまでに過剰に主張するのか。

攻められる前に攻めるのか。
国が他国により危険にさらされた時に先制攻撃するのか。
同盟国が攻撃された時に自ら出撃するのか。

どうも何かとても強い圧力によって急いでいる。
紛争が起きる前に外交で調整することも可能なはずでそこが重要なところではないか。
それでも狂国な相手に対してだけの集団的自衛権なのか。
我が国の「戦争放棄」は憲法で遵守されていること。
どの国も平穏無事を願っているはずなのだが。

各国の政治リーダー達よ 少しは冷静に賢く行動せよ。


*フォトは日本画家・笠原可雄(物故)による「紫陽花」
記事とはまったく関係ありませんが、穏やかな紫陽花がまもなく咲きます。平穏無事なればこそ花から癒されることもあります。ちなみにこの作品は某オークションで数千円で購入しました。
画家の実績からいえば数十倍以上いや数百倍の価値ある作品です。私の心を穏やかにしてくれる画に感謝です。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-05-18 20:31 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31