額縁をリフォームしてみた

c0340785_15294691.png

額縁が古くて塗装も剥がれ、良質の作品も台無し。
人の服もそうだがいくら良いものでも古ぼけていると見栄えが悪い。
ちなみに額の外側縁は茶系に見えるが白系の塗装が剥げたもの。
元々は白一色だったと思われる。
内側縁の化粧部分は極薄の茶系だ。

新しい額縁に入れ替えようと思ったが
こういうレトロ感あふれる落ち着いた額縁はどこにもない。
なんとかならないものかと思案した結果、塗装を施すことにした。
幸い最近は多様な内装塗料が手軽に入手できる。
いろいろ探しまわったら「水溶性のアクリル絵具」が見つかった。

c0340785_15294648.jpg

わずか30分ほどで完成。

c0340785_15294697.jpg

レトロな雰囲気はなくなったが新しい服を着たように作品が映えた。


ちなみに作品は
物故巨匠の鶴田吾郎(1890~1969年)の水彩画です。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-02 10:56 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31