複数制度にまたがる年金請求手続きは難問だ

年金請求手続きの案内書類が送られてきた。
私は公務員期間が16年
サラリーマン期間が3年
自営業期間が22年

まず公務員の退職共済年金は65歳までの5年間
年に40万円くらい

次に老齢厚生年金、65歳まで年に8,800円(笑)
厚生年金加入期間は3年間だから・・・

そして厚生年金基金、年に99,500円
わずか3年の加入なのにありがたい。
いつまで受給できるのかはわからない。

合計で50万円くらいです。
もちろんこれで生活はできません。
だからもう少し働かなければならない。(苦笑)

しかしこの3つの年金手続きをするのに1カ月もかかってしまった。
添付書類が問題だ。
私のように制度を一度でも渡り歩くとそれぞれの加入期間証明が必要だ。
情報管理の一元化がいまだできていないのだ。
それを取り寄せるのに3週間もかかった。
あと住民票やら口座証明など。

手続き書類を仕上げるのはとても難問。
ファイナンシャルプランナーの資格を持っているが何も役にたたない。
事務書類に慣れていない人はそれぞれの年金所管窓口へ出向くしかない。

請求を困難にさせるための年金
申請しないと受給できない年金
申請しなければ5年で時効

わずか50万円の年金に振り回された。

されど 年金か・・・





by kokoro-tomnog2005 | 2015-07-24 10:08 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30