清水三重三の挿絵

c0340785_10222104.jpg
清水三重三(1893ー1962年) 大正・昭和時代の彫刻家、挿絵画家

大正11年の帝展で彫刻入選、川口松太郎や鶴八鶴次郎、邦枝完二などの小説の挿絵を描いた。
フォトの木版画は誰の小説の挿絵だろうか。
明治26年生まれ、昭和37年に逝去
大正、昭和前半に活躍した彫刻家の足跡をたどりたい。
少ない文献を探すことから始まる。



by kokoro-tomnog2005 | 2015-07-25 12:00 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30