カテゴリ:アートな日々( 135 )

c0340785_15294691.png

額縁が古くて塗装も剥がれ、良質の作品も台無し。
人の服もそうだがいくら良いものでも古ぼけていると見栄えが悪い。
ちなみに額の外側縁は茶系に見えるが白系の塗装が剥げたもの。
元々は白一色だったと思われる。
内側縁の化粧部分は極薄の茶系だ。

新しい額縁に入れ替えようと思ったが
こういうレトロ感あふれる落ち着いた額縁はどこにもない。
なんとかならないものかと思案した結果、塗装を施すことにした。
幸い最近は多様な内装塗料が手軽に入手できる。
いろいろ探しまわったら「水溶性のアクリル絵具」が見つかった。

c0340785_15294648.jpg

わずか30分ほどで完成。

c0340785_15294697.jpg

レトロな雰囲気はなくなったが新しい服を着たように作品が映えた。


ちなみに作品は
物故巨匠の鶴田吾郎(1890~1969年)の水彩画です。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-02 10:56 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15294110.jpg

このホノボノ感はいい。かたや青春の蹉跌を思う。
デザイナーの久原鉄秀(くはら・てっしゅう 1967年生)

c0340785_15294140.jpg

ギターリスト押尾コータローのアルバム「ラブ・ストリング」の装画はすべて久原の作品。
アルバムのイメージ通りで秀作と思う。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-04-17 22:28 | アートな日々 | Comments(0)

本の装画から(舟越桂)

c0340785_15294191.jpg
この画風はどこかで見たことがあると思い調べたら著名な作家であった。彫刻家の舟越桂(ふなこし・かつら 1951年生)
彫刻はもとより版画作品も人気である。

c0340785_15294183.jpg
原本はこちら
わが愛読書、五木寛之の書き下ろし「人間の関係」

良書に良画
見過ごしてきた美術が身近にあった。




by kokoro-tomnog2005 | 2014-04-17 18:50 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15293674.png

絵画好きな人には注目の映画が12月13日に封切られる。
イタリア映画ならではの題材だ。

日本ではこのような映画は作れないだろう。
だいたい絵が好きな人は100人に3人くらいとか。
さらに絵を買う人は1万人に9人くらいという割合らしい。
芸術文化・歴史の差
悲しいが日本の芸術教育は小中高校ではほとんどなされていない。

そんなことを嘆いてもしかたないが。
それより超絵画好きな私としては
原作小説を先に読んでから映画を観たいと思っている。
明日、本が届く。
楽しみだ。

c0340785_15293612.png
どうでしょう。
こんな風にたくさんの絵画に囲まれていたら私はこれ以上の幸福はないと思ってしまうでしょうね。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-12-04 17:51 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15293455.jpg
悳 俊彦(いさお としひこ)1935年生  「武蔵野暮色」 油彩F8号  
個人コレクション

小さな屋敷林の農家
1960年代には西東京や埼玉西部地域で見られた風景だ。
しかしもうこのような郷愁を覚える場所は見られない。
取り戻すこともできない。

悳(いさお)作品の武蔵野風景は大切なことを示唆している。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-11-06 20:27 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15293271.jpg
内田晃 1918−2004  「壁」 油彩 F100号  1968年制作 
これほどの芸術的大作を描く画家が
c0340785_15293319.jpg
一方で生活のために売り絵といわれる画廊や百貨店での個展を余儀なくされる。
ここで内田の絵は一般個人等に人気を博し売れまくる。

出身地の埼玉では地場企業の社屋や個人の資産家宅に収まっている。
卓越した技量は多くの人を魅了した。

しかし絵は売れたが中央画壇で評価を得ることはなかった。
それは生涯、職人画家であることにこだわり続けた画家自身の生き方によるものだろう。

没後10年、最近のオークションでの内田作品は高値で取引されている。
生前の人気が継続している証しである。

多くの作品は2004年に埼玉県飯能市に寄贈されたがそのまま死蔵されてしまうのか。
あるいは美術館レベルで紹介される機会があるのか。

このまま埋もれたら勿体ない。
再評価する専門家の手にかかっている。
 


by kokoro-tomnog2005 | 2013-07-31 18:32 | アートな日々 | Comments(0)

1988年の図録(田中保)

c0340785_15293110.jpg

1年前に本棚の隅からでてきた美術館のチラシから
確か図録があったはずと思い、いろいろ探したがでてこなかった。
それが
考えもおよばない箱の中から1年ぶりにでてきた。

c0340785_15293120.jpg

25年も前にこんなに立派な企画展をやっていたとは感激だ。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-06-24 13:39 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15293069.jpg

手に入れたコレクションを抱えている時は
気持ちは高揚していますがほとんど無心です。
そして目利きの同志に見つからないように帰るのです。
誰も見ていないのにね。

帰宅して静かな部屋でサインを再び確かめたり
裏側に何か痕跡がないだろうかとか
とにかく隅々まで見て蒐集に間違いがなかったと言い聞かせます。
ここで一区切りついて箱にいれてそっ~としまいます。
あとはコレクションリストに記載してニヤニヤするのです。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-06-11 18:22 | アートな日々 | Comments(0)

小市民・蒐集家のこころ

c0340785_15293002.jpg
おおこれはすごい!
ドキドキしながら絵のタッチやサインを確認する。
間違いない。
どうやら競争相手はいない。
値段も手が届きそうだ。
これを逃したら二度とお目にかかれない。
そしてまたドキドキする。
くわえてワクワクしてくる。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-06-10 10:11 | アートな日々 | Comments(0)

絵画・今日の一枚①

c0340785_15292978.jpg

「街にて」  油彩  F50号  1940年制作(昭和15年)   
下関市立美術館蔵
松本竣介 (1912−1948) 明治45−昭和23

都会風景を詩情豊かに描いた画家である。
本作は青と白で明暗を表現し輪郭線を入れることで被写体を強調している。
塗り重ねられた何色もの青は濃い部分と薄い部分に人々のそれぞれの生活、
人生を感じ松本の深い思いを見る。
13歳の時に病気で聴覚を失った松本が独特な世界観を得たことは十分頷ける。
しかし天才といわれる画家はあまりにも夭逝だ。(36歳)


by kokoro-tomnog2005 | 2013-05-29 18:43 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31