カテゴリ:Business watching( 41 )

斜陽化を急ぐ生損保業界

「日生が三井生命を買収」との新聞記事に何のためにと感じた。

保険料収入がかつて業界首位だった日生は昨年度、第一生命にその座を奪われた。
首位に固執する日生にとって2番手は耐えられない屈辱だったのだろう。

国内市場は人口減や世代間スタイルの大きな変化で以前のような保険販売は通用しない。
外貨建てや低保険料の商品で場当たり対応しているが保険の真髄を忘れた事業姿勢はいずれまた市場から見放されるだろう。
保険料収入高の競争はもはや終わった。
事業体質の改善なくして売上高を優先した再編は小手先の手法としか思えない。

一方、損保業界も似たりよったりだ。
大手3グループに集約され今ややりたい放題。
自動車保険にみる毎年の保険料改定、ついに火災保険まで値上げする勢いだ。
身の丈に合った事業経営を無視し、安易な値上げなど市場に終焉を告知しているようなものだ。
顧客第一優先と宣伝してきたのは遠い時代の話に聞える。

主要商品の対象である自動車も住宅も中小企業・零細事業者も激減して販売先が先細りしている。
この現状下で保険事業会社としての使命を忘れた損保業界は非常に厳しい時期を向かえている。
保険料収入第一の経営ではこの苦境を乗り切ることはできない。
保険会社のご都合主義の保険商品と業務手法は売り手である多くの代理店の士気低下が生じていると聞く。

自ら斜陽化を急ぐ生損保業界は「保険の心を持った救世主」が現れない限り明るい未来はない。





by kokoro-tomnog2005 | 2015-08-27 11:07 | Business watching | Comments(0)

コップのソコ子さん

c0340785_17043388.jpg


コップのフチ子さんが爆発的にヒットしています。
アイデアが柔軟でいいですね。

これはコップのソコ子さん。
先日近くのホームセンターのガチャガチャで孫と買いました。


c0340785_17045315.jpg
c0340785_17044156.jpg


これを作った会社の社長は知り合いです。
小学生の頃から知っていますが
創造力のある人でした。

ヒット商品が出るまでずいぶん苦労をしたようですが
多くの良い人たちと出会って
今日に至ったようで喜ばしいことです。

他にもたくさんの楽しい商品があり
こうしたしゃれのきいたものを
どんどん世に出してほしいと願っています。







by kokoro-tomnog2005 | 2015-03-25 10:54 | Business watching | Comments(0)

若い芽を伸ばす

年度途中の10月、取引先の担当者が替わった。
強引な印象だがやむ得ない。

32歳の今までの担当者は本社へ異動した。
6年もの長い間、担当だったので最近ようやく阿吽の呼吸で仕事ができていた。

後任は岡山の営業から28歳の青年がやってきた。
経験は浅いが前向きな姿勢で一生懸命さは伝わってくる。
パートナーとしてちからを発揮できるのは少なくとも半年以上かかりそうだ。

当分、楽はできないが若い世代に頑張ってもらわないと困る。

いろいろ言いたいことも出てくるだろうが極力抑えてこの青年が早期に活躍できるよう支援してやろう。

若い眼を伸ばそうと思うようになった自分に少々驚いている。
歳をとってしまった。




by kokoro-tomnog2005 | 2014-10-11 11:40 | Business watching | Comments(0)

暑~い 外歩き

もう真夏ですね。
5分歩いたらじわっ~と汗が出て10分歩いたら汗びっしょりです。
今日は都内ど真ん中で3軒ほど訪問しなければなりません。
ちょっとクラクラしてきました。


by kokoro-tomnog2005 | 2011-06-22 14:16 | Business watching | Comments(2)

電話の話し方

今朝、某社の女性社員から電話があった。
この女性社員は鼻のつまった甲高い声でいつも一方的に話す。
猛暑が続いてげっそりして元気のない私は
朝からこんな人の電話でさらにトーンが落ちた。[E:catface]

特徴[E:sweat01]
甲高い声・・・ヒステリックに聞こえる。
一方的・・・人の話は聞かず、自分の用件のみを100mダッシュのように話す。
そして電話をガッチャ~ンと切る。[E:sad]

どんな家庭に育ったのだろうか。
おそらく落ち着いた空気を吸ったことがないのだろうね。

こんな電話から発信した側にたったときのあり方を考える。
優しく品のある話し方で相手の話しも聞きながらやりとりをする。
あたりまえだが結構難しそうだ。
[E:telephone]


by kokoro-tomnog2005 | 2010-08-27 11:57 | Business watching | Comments(0)

クリスマス

               

今年も残すところ1週間
仕事もなんとか大筋では目鼻がついたがすっきりしない。
懸案事項がいくつか残っている。

人並みに今日はクリスマス
知り合いの店にケーキを予約済み
娘たちも帰ってくるので久しぶりの小宴が楽しみだ。
深夜、TBSテレビで小田和正のクリスマスライブの放映がある。
こちらも毎年楽しんでいる。

中高年の楽しみは知れている。
ささやかなクリスマス  ・・・  
それで十分だ。



 








by kokoro-tomnog2005 | 2009-12-25 10:38 | Business watching | Comments(0)

アメリカで生まれた「Twitter」(ツィッター)なるものが、若者を中心に人気を呼んでいる。
ブログとチャットを合わせたような仕組みでリアルタイムブログと呼ばれるサービスらしい。
具体的には
「これから学校に行ってくるね~」[E:run]
と書くと
他人から「がんばってね」[E:good]とか「私もこれから」[E:dash]とか書き込まれる。

センテンスは短く制限があり、ひとめでは要領を得ないものもある。
しかしブログのように構えなくていいので携帯をPCのように利用している若者には面白いかもしれない。

ところで自分はどうかというと
頻繁に携帯やPCを利用する訳ではないし、リアルタイムに情報伝達する必要性もないので
今はいらない。
逆にちょっと面倒くさい。[E:catface]
変なものがまたアメリカからやってきた。
これが日本の文化を壊す一因にならなければいいけど。
http://twitter.com/



それより今月は仕事量が平常の倍で超タイトだ。
月末までにノルマをこなせるか不安である。[E:shock]


by kokoro-tomnog2005 | 2009-12-08 09:03 | Business watching | Comments(0)

落雷が


昨晩は尻尾が垂れ下がっていじけていたチャリィ、理由は夜中に判明する。
(フォトはシャンプー中のチャリィ [E:thunder]
         記事との関連ほとんどありません)



午後11時頃、ブレーカーが全部あがってしまい家中真っ暗[E:night]
元に戻そうとしても復旧しない。
30分ほど格闘したがどうにもならず、東京電力へ電話した。
すると
今夜の落雷で相当数の被害が出ているとのこと、巡回担当者が確認に来てくれるというので待った。
夜中12時に担当者が来てくれた。
ブレーカーと各室の電気機器を調べてくれたところ、2階のエアコンが原因と判明した。
こんな夜中に親切丁寧に対応してくれた東京電力の○○さん、ありがとうございました。



さて、ご近所でもテレビ、パソコン、エレベーターなどに被害が出ているという。
うひゃぁ
エアコン買い換えなければならない。痛い出費である。

この被害、加入している火災保険が対象となる。
建物、家財などそれぞれを補償する火災保険、備えあればうれいなし。



チャリィは落雷を恐がっただけでなく、被害も察知してくれたのだ。
(って飼主の勘違い・・・[E:bleah])



[E:thunder]


by kokoro-tomnog2005 | 2009-08-08 09:15 | Business watching | Comments(0)

世代交代と引き際

c0340785_15280718.jpg

20年間、続けてきた仕事の第一線から身を引くことを決めた。
今ある小さな会社の経営は若い世代に任せる。
私は一歩も二歩も引いて会社経営についてはアドバイザー役に徹する。
そして数年間は会社の売上を支える顧客フォローに全力をあげる。

55歳 ちょうどいい年齢による区切りと思う。
正直30代、40代のようなパワーはもう発揮できない。
経験に裏づけされた技量でお役に立ちたい。

レベルは違うがプルデンシャルの会長がその職を辞して最後は顧客のための営業マンに徹したという話しを聞いたことがある。
世代交代と引き際、私もそうありたいと思い決意した。

注目をあびる新鮮な茄子の後方で静かに光る黒い茄子のように。



[E:taurus]


by kokoro-tomnog2005 | 2009-08-03 09:15 | Business watching | Comments(8)

老働 何歳まで

c0340785_15280250.jpg
60歳でリタイアしてセカンドライフを悠々自適に過ごすとしたら
6000万円から1億円の資産が必要と言われる。[E:dollar]

(例)
月25万円の生活費として×12月×余命期間25年として
≒7500万円
これだけの金額を預貯金できる人は限られている。
もちろんこの中には公的年金が含まれる。
しかし国民年金受給者なら年金収入は夫婦でせいぜい生涯2400万円程度、差額は5100万円だ。
(現制度での話しで財源不足で制度崩壊となれば当てにならない。)

厚生年金受給者の場合、キャリアの差により何とも言えないが
年150万円として妻の国民年金が約60万円位なら生涯4200万円程度、差額は3300万円。

こんな単純な試算で年金制度が大きく崩れないとして3300万円から5100万円の預貯金資産が必要だということがわかる。
(思い切って金のかからないセカンドライフを考えれば別な世界が見えるかな。)

だからとても60歳でリタイアできない計算となる。

わが身に置き換えたらどうだろう。
天国あるいは地獄に行くまで働くのか、
それとも余命を考えて70までなのか、75までなのか。
いづれにしても
この不況が続く限り、甘いリタイアは遠い夢の話だ。[E:shock]

早く仕事を辞めて趣味三昧の日々をと思っていたが
とてもとても叶いそうもない。

が~ん [E:sad]


by kokoro-tomnog2005 | 2009-04-21 11:44 | Business watching | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30