カテゴリ:人の生き方( 71 )

サラリーマンが40~50歳前後で先が見え始め組織で働くことの意味に悩み始める。
そんな状態を「こころの定年」という。
こんな記事がネット上にあった。

これは依存できる会社があればこその贅沢な悩みであろう。
と同時に人間の弱さといえる。
しかしこれが原因で病気になってはいけない。

自営業や零細小規模の会社経営者はどうだ。
そんな生ぬるいことは言ってられない。
事業の大小を問わずやり越えなければならないことが山積しているからだ。

そうはいうもののサラリーマンの悲哀もよくわかる。
出世コースからはずれれば心身共に弱くなっていく。
完全な会社人間としてやってきた自分を自ら否定することになるからだ。

しかしそんな中でも生き生きとしたサラリーマンがいないわけではない。
少数派の彼らは仕事以上に夢中になれる何かがある。
趣味、社会活動など休日を利用して上手に遊んでいる。
中にはそんな活動が転職のきっかけになっている人もいる。

こころの定年を乗り越えるために仕事以外の何かをすることが涵養なのだと思う。
自分が喜びを感じ社会から非難されることがなければ何でもいい。

私も度を超えた趣味を続けることでなんとか今日まで楽しく生きている。
度を超えた趣味は家族から支持されることはないが社会ではそれなりの評価を得ている。
最後は自分を肯定できればよいのだろう。


自分勝手な文章で締めくくりました。(笑)


by kokoro-tomnog2005 | 2014-11-04 09:29 | 人の生き方 | Comments(2)

ご近所からのお土産

c0340785_17145409.jpg
ご近所のAさん夫妻は旅行に行くと必ずその地の銘菓をお土産に持ってきてくれます。
今回は岡山の銘菓「調布」でした。
卵たっぷりの薄皮に求肥を包んだ上品なお菓子でした。
くわえて美術館好きな我が家へ行かれた先の美術館パンフレットを添えてくれました。
これは質の高い美術館ですよ。
「大山崎山荘美術館(京都・大山崎)」
機会があれば訪ねたいです。

こうした心配りに感謝するばかりです。
ご近所付き合いのひとコマですが大事なことと思います。

今度はうちから何かお土産を持参したいと思います。





by kokoro-tomnog2005 | 2014-11-02 17:22 | 人の生き方 | Comments(0)

c0340785_09125744.jpg
前衛芸術家、小説家(芥川賞受賞)、イラストレター、路上観察学者などとして幅広く活躍した
赤瀬川原平さんが昨日(26日)病気のため都内の病院で亡くなった。
77歳だった。


赤瀬川さんは特異な目線を持つ器用な天才としていろいろな鑑識眼を著書などを通して教えてくれた。




by kokoro-tomnog2005 | 2014-10-27 09:28 | 人の生き方 | Comments(0)

c0340785_15294509.png
とうとうこの日がきてしまった。
先日の日曜日に家族全員でお祝いをしてくれた。
日本人男性の平均寿命79歳だからあと20年かぁ

仕事はあと最低5年くらい続けないと路頭に迷う。
転職しているから年金はあてにならない。
宝くじも当たってないし。

でも細君、娘たち、娘の配偶者、そして超可愛い孫娘から
お祝いをしてもらってジ~ンときた。
うれしかった。

外ではお世辞だが「50代前半に見える」なんて言ってくれる人もいるので老けこまないでバリバリと行動して明るく楽しく過ごそうと思っている。

60代は仕事と絵画鑑賞普及活動に頑張ろう。
穏やかに静かに過ごすことも大事だね。

てぇ~ こんな風に思うなんてやっぱり歳とった。
こぴっと しなきゃだめだな。



by kokoro-tomnog2005 | 2014-07-03 16:51 | 人の生き方 | Comments(0)

心が重いとは

c0340785_15293844.jpg


うまく表現できないが心が重い。
モヤモヤしている。
すっきりしない。
閉そく感がある。
どう憂さをはらしてよいかわからない。

誰しもそんな時があるでしょう。

今の私がそんな時です。

毎度自問するが
たいてい仕事が順調でない時です。
キャパを超えて仕事が山積状態です。
どれから手をつけたらよいか悩みます。
優先順位のつけようがないのです。
それこそコツコツと仕上げていくしかないのですが。

しかし仕事だけが原因ではなさそうです。
どうも思考も行動も老化しているようです。
これをどう変革してよいかわかりません。

最近、家族から外見は爺さん、中味が婆さん化していると言われました。
狩猟魂がなくなったせいでしょうか。

こんなこと世間様に言わせれば戯言でしょう。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-02-25 10:01 | 人の生き方 | Comments(0)

マー君 すごい子

「マー君 神の子 不思議な子」は野村監督の名言ですが
さらに「すごい子」と付け加えたい。
ニューヨークヤンキースの契約がすごい。

そんな中でのマー君の浮ついていない礼儀正しい会見は好感持てる。
前向きで少々のことは流せる姿勢も素晴らしい。
ぜひ成功してほしいと願う。

数年後のマー君がどう変わっているかも楽しみだ。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-01-24 11:55 | 人の生き方 | Comments(0)

短兵急を使い分ける

c0340785_15293738.jpg

良しも悪しも長年の仕事柄・習性から多くの短兵急な
言動をしてきた。
てきぱきと物事を進めるのが最良と信じてきた。
しかしこの歳になってようやく気付いた。
一呼吸おいて時間を経過させることも大事だ。
無為な時間になってもいい。

短兵急を使い分ける。
それほど難しくないがそんな器用な生き方は難しい。
今日もすばやく反応しなければならない出来事があった。
脈が速くなって思考が一直線になっている自分がいた。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-01-17 11:25 | 人の生き方 | Comments(0)

甘い話に乗ってしまう人」
(相手の心の『表とウラ』が見える心理学・三笠書房から )

愛情のある家族の中で育てば搾取的構えの人が「こいつを利用しよう」として近づいてきて甘いことを言っても、「何か違う」と感じてその話には乗らない。
しかし愛情を体験したことのない人は「何か違う」ということがわからないからその甘い話に乗ってしまう。 

人と接していて「この人達には何も誠意がない」と感じるのは、幼児期に誠意のある人と接した体験があるからである。
愛された体験があって、はじめてそう感じることが可能になる。 
幼児期の体験は圧倒的である。
だから誠意のない親が「よい親」を演じるとその時から本当に愛情のある人と愛情のない人との区別ができなくなる。

社会の中で生きていくのには「何となく違う」という感覚が大切なのである。
本当に愛情のある人と幼児期に接するから大人になってずるい人に接した時に甘い話をされても「この人達には何もない」と感じることができる。 
誠意のない親が「よい親」を演じている時には何もない。しかし「これが愛情だ」と教えられる。
ノイローゼの親は子供に「こう感じなさい」ということを強制する。 
味のないものを「これが甘い」と教えられれば、大人になって味のないものを食べた時に「これは甘い」と思う。
幼児期に愛情を体験しなかった人がずるい人に騙されるのはこれと同じである。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-05-30 11:36 | 人の生き方 | Comments(0)

今でしょう!

いつ楽しむの      今でしょう!
いつ働くの   しょうがないけど  今でしょう!

c0340785_15292658.jpg
チャリィも言ってます 「眠いのは 今でしょう!」


今年の流行語大賞決まり!


by kokoro-tomnog2005 | 2013-04-23 09:08 | 人の生き方 | Comments(0)

     

c0340785_15292613.jpg
清掃の仕事の傍ら描きためた素描は清掃に使うモップや雑巾など。
しかもそれはゴミとして捨てられていたものを拾い集め再生したもの。
その道具に心をひかれ描いたのだという。

詳しくは
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2013-03/05.html

昨日、再放送を偶然見たのですが平平凡凡と生きている自分が恥ずかしくなりました。
過酷な清掃作業を黙々と続け決して卑屈になることなく絵を描きながらむしろ達観し人間らしく生きている。
看護師の奥さんもまた同じ思考のもとに生活している。
清貧といったら失礼かもしれないが高い次元に生きる夫婦に感動しました。


拾ってきたコンテ、クレヨン、鉛筆、水彩などで描かれた作品、見事です。
素描画集を出した出版社、エライ!


by kokoro-tomnog2005 | 2013-04-19 10:26 | 人の生き方 | Comments(1)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31