<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 Chari26_2



こんな格好させられて
シロガネーゼならぬ
ショウガネーゼと言いたげな
チャリィ。
魔法使いのおばあさんにも見える。

もう少しで仕事納めだ。
疲れた心身をどう癒そうか。
考えただけで少し癒される。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-27 10:44 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

犬の散歩とマナー

c0340785_15252802.jpg
今朝、散歩に行ったチャリィが他の犬の○○○を踏んでしまった。
それもグチャグチャのやつを。
道路のあちこちに落ちている犬の○○○。
公園のあちこちに落ちている犬の○○○。
心無い飼主のマナー違反が犬の居場所を減らす。
このままでは犬の出入りを禁止する公園がさらに増えてしまうかもしれない。



小さなスコップを持って散歩する飼主もいるがあれもマナー違反。
○○○をさせた後に土を掘って埋めている。土に同化しないことを知らないのか、知っていてその場しのぎの行為なのか情けない。
マナーを守れない人は犬を飼ってはいけない。





by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-24 10:11 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

(高額賠償判決の概要)
自転車に背後から衝突され重い障害が残ったとしてAさん(57歳女性)が自転車を運転していた当時高校生だったBさん(19歳女性)に約5,700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11月25日に横浜地方裁判所であり、Bさんに約5,000万円の支払を命じた。判決理由で「被告女性は携帯電話に気をとられ前方に注意を欠いたまま進行した」とした。事故は、平成14年9月午後7時過ぎ、歩行中のAさんに無灯火で走行してきたBさん運転の自転車がAさんに衝突、首などに重傷を負わせた。その後、手足にしびれが残り歩行困難になって職まで失ったもの。
(凶器に変貌する自転車)
歩道を猛スピードで走る暴走自転車、携帯電話やペットボトル片手の運転などマナーを欠いた自転車も乗り方次第で凶器に変貌する。事故を起こせば刑事、民事の両面で責任を問われたり、高額な賠償を背負い込むことにもなる。
(高額な賠償金を払えるのか)
今回のような5,000万円という高額な賠償金を即金で支払える人は稀だろう。
被害者にしてみれば支払ってもらえなければ困る。自転車にも自動車同様に強制保険が必要と思うが現行では法のしばりがない。人それぞれの判断で任意の損害保険に加入することが唯一の対応策だ。
相手への賠償責任保険と自身の傷害保険、保険料はそれほど高くない。
既契約の自動車、火災、傷害保険などに特約として付帯する方法もある。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-23 22:00 | Business watching | Comments(0)

c0340785_15252816.jpeg



年末年始はゆったりした気持ちで
ブレッド&バターの最新アルバムを
コーヒーでも飲みながら聴いちゃうってのはどうでしょう
(もちろんお酒を飲みながらも・・・)
心が落ちつくってこういうことだと思う


<収録された12曲のうち・厳選推薦作品>(全部イイけど)
⑤あの頃のまま・ユーミンが呉田軽穂という名前で作詞・作曲した作品です。TVドラマの主題歌だった?
⑥HOTEL PACIFIC・・作詞ユーミン 「君がさしかける傘の中・・・」ではじまる洒落た作品です。
⑨愛したい信じたい・作詞は岩谷時子さん、ちょっと泣ける作品です。
⑮PINK SHADOW・・岩澤兄弟の代表作、こじゃれたB&Bのすべてを表現しています。



http://plaza.rakuten.co.jp/folksong1956/  友達のブログ


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-22 17:50 | ブレッド&バター | Comments(0)



c0340785_15252869.jpeg
私はずっと長い間、紺色が好きで服装、装飾品、身の回り品、会社のシンボルカラーなどほとんど全てにこの色を据えてきました。

紺色のイメージは「日本人とは切っても切れない色」「
思慮深い」「キリッとした印象を与える」とあります。藍染の紺、制服の紺、スーツの紺、日本の代表的な色といってもいいでしょう。
「沈静、かたい、端正」といったイメージを確立し、この色に染められた人生を送ることで人並みな生活を過ごしてくることもできた気がします。

しかし最近、この色がとても野暮ったくライフスタイルまで地味にしていると感じるようになりました。
支配されてきた色からの脱却は結構難しいかもしれませんが、好みの色を変えることでライフスタイルをさらに明るく楽しいものにできるのではないかと思うこともあります。

そんなことを考えながらこれから仕事に出かけます。
コテコテの紺色のスーツを着て。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-20 19:41 | トラッド万歳! | Comments(0)

娘からの手紙

c0340785_15252889.jpeg



今春大学を卒業してOLになった長女が週末突然帰ってきた。
会社の寮に住んでいるので月に何度か顔を見せに帰ってくる。
しばらく会っていなかったこともあり「お帰り、久しぶり」とテレながら声をかけた。
長女は「うん、そうだね」と笑顔で応えてくれた。

久しぶりに家族そろっての夕食のひととき気分良く酒量も進んだ。
長女が「お父さん、これ」と言って紙袋を差し出した。
紙袋の中身は手紙とお菓子と現金だった。
12月のボーナスが出たので感謝の気持ちだと言う。

長女が小中学生だった頃、子育てはかみさん任せだった。
一緒に遊んでやったことも少なくふびんに思っていた。
高校生時代は私への反逆か会話も少なかったように思う。
大学生になって娘が大人になった分、私への包容力を持ってくれ一緒に飲みに行ってくれたりした。

そんな長女から過大な気持ちをもらい涙が溢れそうになった。

「初ボーナスをいただきました 少しですが気持ちを受け取ってください」
手紙にはそう書かれていた。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-17 10:02 | コーヒーブレイク | Comments(0)

未使用のチケット

nn心残りなことがある。
それはこの未使用のチケット。
12月8日ブレッド&バター・ミニライヴ&サイン会。
事情があって行けなかった。
10月から準備をして仕事のやり繰りもして楽しみにしていた。
子どものようにがっかりし、いまだに事務所のレターケースに保管している。行けなかった事情は不可抗力、やむなしと割り切ってみるが依然心残り。
(他人から見れば 「くだらん」と一喝されそうな話し。) (-.-;)


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-16 09:51 | ブレッド&バター | Comments(1)

誠なる者

「誠なる者は物の終始なり 誠ならざれば物なし」(孔子)

嘘をつくこと、ごまかしは信義に反するものであり
許されることではない。
耐震偽造問題、国会の証人喚問でのやりとりを見て
臆病な面々に言葉もない。
言い逃れをして生活の逃げ道を作って軽罰ですんだとしても
金品に惑わされ自制心を持てない愚かな行いには
社会的制裁が待っている。

人として必要な道徳心を再考しなければなら
ない現状に多くの国民は嘆いている。
誠ならざれば物なし。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-15 09:25 | お~い ニッポン | Comments(0)

男は語る

c0340785_15252736.jpg
男の値打ちってなんだい。
いろいろあるけれども異なれるものを求めている人。何であれ自分の現在ある状態から反対のものを求めて、それに挑んでいるやつ。
こういう男がいたら、ちょっと目をつけたほうがいい。
(男は語る:阿川佐和子著より抜粋)

開高 健(かいこう・たけし) 昭和5年大阪生れ。
作家     昭和33年「裸の王様」で芥川賞受賞。
主な著書:「夏の闇」「ロマネ・コンティ・1935年」「私の釣魚大全」「最後の晩餐」など。
平成元年、食道腫瘍のため死去、病と闘いつつ完成させた短編3部作「珠玉」が絶筆となった。

(感)人はみな楽な方へ流れますから、反対のものを求めて格闘するというのは想像以上に疲れます。しかしさまざまな問題が山積する現代社会にあっては、開高さんのいう男の精神性は大事なことであり、こういう男達が混迷する日本を救えるものと確信します。私もそういう生き方を心がけるつもりです。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-13 10:14 | 人の生き方 | Comments(0)

ジェィク・シマブクロ

c0340785_15252766.jpeg
凄いソロアーティストがいた。
その人は「ジェィク・シマブクロ」。
11月14日NHK−BS「井上陽水・空想ハイウェイ4」に出演し陽水とコラボレーションしたが、その演奏テクニックに驚嘆した。
特に「氷の世界」は素晴らしかった。
また番組収録中、スタッフなど裏方の人たちに対する心づかいに感心した。
来日公演も多く、この12月も東京、札幌などでライブが行われる。
機会をつくって必ず観たいアーティストのひとりとなった。

http://www.jakeshimabukuro.net/
ハワイ・ホノルル出身、76年生まれ(29歳)
ウクレレを自在に操るスーパー・ウクレレスト。


by kokoro-tomnog2005 | 2005-12-11 18:47 | 音楽三昧 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ