ゆく年くる年

c0340785_15264245.jpg
趣味三昧の1年、大変満足しています。
ブログでは、多くのブロガーと出合えコメント交流ができました。みなさん良い人たちばかりで世の中捨てたもんじゃないとの感を持ちました。



ブレッド&バター、小松政夫、イッセー尾形、押尾コータロー、因幡晃のコンサート・ライブは全てで10回前後ほど細君と遠征しました。人に喜び楽しみを与えるエンターティナーの存在に感謝です。



4月から始めた端唄と三味線は、新たな世界観を持つ機会となりました。
一朝一夕ではとても習得できませんが、白紙の状態だった私が数十曲を唄い演奏できるようになりました。継続は息の長いことなので来年以降どうなるやらわかりませんが、ゆっくり探求していきたいと考えています。



9月頃からスケッチブックで落書きをするようになりました。2日に一度程度、約30分無心で何かを描きます。下手ですが出来上がった時の喜びは子供心のようです。大事な時間として今後も続けます。



そして愛犬チャリィとの生活は、我家を明るく前向きに導いています。
満3歳のチャリィは結構賢く家族の言動を観察しながら行動します。
まさに私達家族の姿の生き写しです。穏やかな時は共に穏やかに、低調な時は共に低調です。
チャリィが平和に生活できること、これが私達家族の最低限のルールなのです。



仕事を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。今年は何か特別な力が外から加わり業界を壊し始めています。私の仕事は損保を中心とした保険代理店経営と個人代理店をサポートする業務を中心にファイナンシャルプランナーとして法人団体のリスクマネジメント、個人の資産運用・生活設計などのアドバイスを行っています。
これらの分野はまさに米国の関連企業が咽から手が出るほど欲しいマーケットです。そうです米国の外圧が強い業界なのです。生活の根幹であるこの分野を外国の手によって掻き回されたらどのようになっていくのか容易に予想できます。私はハゲタカと絶対に同種になりたくありません。貧乏でも愚直に顧客の利益優先を遵守し今後もこの仕事に取り組みたいと決意しています。



地域生活の大切さは身に染みます。自治会への協力は惜しみません。今年から自主防災会のメンバーに志願し活動を始めました。地震対策と訓練、防火対策と訓練、犯罪予防のための夜警など28名のおじさんたちで地域を守ります。少子高齢化が進展する中で今後地域の高齢者を地域がどう支えるかが課題です。人としての関わりは子供と老人に対する思いやりではないかと思います。



友人と呼べる人は何人かなどと普段は考えたこともありませんが、「心が許せてその友のためなら何としても役に立ちたい」という存在は10人前後でしょうか。過去を共に過ごし理解しあえてこれからも同様のつき合いをしていきたいと望む友人、自分の存在を確認するためにも大事にしていきたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだかんだと言っても平穏無事な1年でした。
新年も平穏に過ごせることを願っています。
難題、課題は避けて通れませんが解決できる方法はいくらでもあるはずです。
前向きに明るく穏やかに関わることを肝に銘じて新年を迎えたいと思います。

どうぞ皆様も良い年をお迎えください。


2006年12月大晦日  トムノグ


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-31 01:00 | お~い ニッポン | Comments(2)

c0340785_15264246.jpg
年末休暇に入った初日の今日は、久しぶりにチャリィと1日べったり過ごした。
12月はチャリィとの接触が少なかったので最近チャリィは私を敬遠していた。



朝からチャリィチャリィと私が歩み寄るのでチャリィはかなり戸惑っていた。
私のしつこさにキッとした顔つきで「こんな時ばかり寄ってくるな」とでも言いた気に感じた。



それでも家族の皆が出かけて私しかいないと解り午後から私の傍を離れない。
逆に私をジッ~と見つめ、遊びを要求してくる。ハイハイ何でもOKだよ。
ボール取り競争、タオル引っ張りっこ、
プロレス、散歩、と思う存分遊んだ。
遊んだ後はお腹が空いたらしく用意した夕食はあっという間にたいらげた。
遊んで食べて穏やかな顔でしばらくチャリィの丘で横になっていたが、いつの間にか寝息をたてている。



満足してくれたんだなあ。
「チャリィ 自分のハウスで寝た方がいいんじゃないの」といつものように促すと、むくっと起き上がり私をチッラと見てハウスに入って行った。
「チャリィ おやすみ。楽しかったね。」



今日1日遊んでもらったのはこちらの方だった。
12月も残すところあと2日、明日もチャリィ思いっきり遊ぶよ!


別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」もよろしく!
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-29 22:15 | 愛犬チャリィ | Comments(4)

c0340785_15264222.jpg
待望のブレッド&バターのDVDが12月20日に発売された。
9月にヤクルトホールで行われたコンサートを収録したものだが、ブレバタにとっては初のDVDとなる。



実はコンサートの音響がイマイチだったのでDVDは期待していなかったがファンクラブ会員となれば待ちに待ってのお宝である。
どんな感じに構成されているのか気になった。



早速購入し、出来映えを確認する。
映像、音響共によくまとまっていて予想をくつがえした。
なかなかイイ出来だ。



DVDに満足し、ここ連日見て聴いて悦にひたっている。
大人の落ちついた洒落た曲調と歌は、おじさんの心を癒し活力をも与えてくれた。
ブレバタ本人等の研ぎ澄まされたセンスが長年ファンを魅了していることは事実だが、
ここ数年はプロデュースしている新川博さんの存在が大きい。http://www.shinkies.com/
ユーミンを始めとする多くの歌手の作品をアレンジしたり、一線級のミュージシャンと活動してきた実績が裏づけされている。
さらに旧知の間柄のバックミュージシャン、ギター・ベース・ドラム・ピアノ・キーボードなど一流が揃う。
気心のしれたベテラン達は、ブレバタの特性を上手に活かし巧みな演奏で支える。
そして忘れてはならない縁の下の力持ち的存在、マネージャーの村岡さん。
彼の地道なスケジュール管理・調整・交渉、ファンへの気遣いなど行き届いた配慮が老練のブレバタを根本から支えている。http://www.bread-n-butter.net/



このDVDには多くの人の心が込められている。
DVD1枚で久しぶりに人と人の支え合いを感じた。


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-26 10:58 | ブレッド&バター | Comments(0)

クリスマスの夜、チャリィのファッションショーを行いました。
演出・コーディネートはいたずら好きの二女(大学3年)です。
トムノグは一切関知しておりません。

c0340785_15264192.jpg

このかぶりもの

嫌な予感

固まるチャリィ





c0340785_15264183.jpg


男なんだけど

どうしてこうなるの

ピンクだよ 恥ずかしい





c0340785_15264161.jpg


やっぱり

こうなっちゃう訳よ

なんか少しずつおかしくなってない









c0340785_15264153.jpg

それでもって

こんな感じにされた

意味わかんないよ

この毛っぽっいやつ

かゆいよぉ

おいら何者


c0340785_15264120.jpg

最後は

秋葉系だよ~ん












c0340785_15264100.jpg
かんべんしてぇ

疲れたよ

てっきり散歩に行けるかと思ったのに






ここで
おくちなおしに 本日のゲストを紹介します。
同じチワワのブログフレンド「ヨボ」ちゃ~ん!
今日は、お得意のほっ被りで登場です。

c0340785_15264116.jpeg

特別にツースタイルを披露です。
このほっ被りは最高ぉ~!
ヨボちゃ~ん、ありがとう!

マネージャーのアナキョンジャさんのご許可をいただいております。

http://yobo83.blog82.fc2.com/
(いたずらじいさん、今日も行く)


c0340785_15264146.jpeg


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-24 15:22 | 愛犬チャリィ | Comments(6)

年賀状づくり

c0340785_15264123.jpg
例年のことながら、年賀状作りはとてもきつい。
昨日午後から5時間、今朝4時から5時間、
10時間かけて450枚を作成した。



プリンターのインク代も結構かかる。
プリンター本体より高くつくから驚きだ。



いろいろ考えながら、すべての作業が終わった瞬間、
「これで年が越せる」と大げさなガッツポーズをする。
時間をかけて心を込めた賀状を作ったつもりだが、仕事柄くだけた文が記せない。
おもしろみに欠ける賀状に目を通す人は少ないだろう。



仕事以上に辛くきつい作業が終わり、あまりの辛さに止めたいと思うが
「国民総稼動年賀状づくり」の是非を問うても意味がないし。
嫌なら止めればということになる。
しかし人との関わりを持つ以上、年頭の挨拶である賀状を止めたら礼儀知らずといわれる。

ならば楽しく作ることができるように考えをあらためるしかない。
来年も同じ気持ちでこの時期を過ごすのだろうか。


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-24 09:52 | コーヒーブレイク | Comments(2)

浪費癖のFP

c0340785_15264087.jpg
 私は人様に貯蓄や資産運用の助言をして実際の商品提供をしたり、負債処理のプランを提示したりする保険分野のFP(ファイナンシャルプランナー)です。
ファイナンシャル理論の基本にたって愚直に業務を遂行しています。



その結果、お客さまの多くに堅実なプランだと評価され、おかげで先が見えたと喜んでいただいています。



しかし自分自身はどうでしょうか。
個人的な貯蓄はおろか年金準備もできていません。
もっともこれは私の小遣い銭の範囲のことですが。
お金に対する浪費の癖があります。
飲みに行くとハシゴをしたり、本やCDをやたら買ったり、手ごろな絵を買っちゃったり・・・
あくまでも小遣い銭の範囲ですからしれたものですけど。



友人・知人の中には、小遣いの中から定額を貯蓄している者も多くいます。
私もそうしなきゃと思います。
でもこれがなかなか出来ません。



自分にとってお金とは何か、そして将来に対する備えの心構えは何か、全然考えていないのです。
人様には助言できるのに。
お金に対する執着心がないのです。
お金よりもっと大事なものがあるだろうと言い訳したりします。
そして今月も小遣いは残りません。
仕事上は堅実なFPなのに、プライベートは浪費癖のFPなのです。



台所で夕食の準備をしている堅実な家計管理をしている細君に聞こえないようにささやきます。
「貯蓄と年金は大丈夫?・・・」


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-20 22:58 | Business watching | Comments(4)

障害は不幸ではない

交流ブログでリンクさせていただいている「WoodSound~日綴記」の森の音さんの12月16日の記事を紹介します。
「障害は不幸ではない」
http://blog.goo.ne.jp/renegade/c/4ba9bbbe5990b784bcc8cb3a509cb514
ぜひ一読ください。


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-18 23:47 | 人の生き方 | Comments(2)

グングン走る日々

c0340785_15264004.jpg
今年もあと2週間
早いなあ、いや「速い」と言った方が正確だ。
世の中の進み具合が速すぎる。
何故だろう。
グングン進んでいる。

文明も科学もこれ以上進化しなくていいんじゃないか。
のんびり行こうよ。
今のままで十分だから。

しかしこんなたわ言は、全く通じない。
明日も明後日も時計の針はグングン回る。
そして私達も何かに追われるように毎日グングン走っていく。



別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」もよろしく!
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-15 19:46 | お~い ニッポン | Comments(2)

わずかな陽射しを探して

c0340785_15264090.jpg
朝夕めっきり寒くなりましたが
かすかに入る朝陽が植木鉢に優しく
「おはよう」と語りかけています。
なんちゃって


しかし現実は、そんなに甘くありません。
暖房設備が不十分な我家では、陽射しが重要です。


c0340785_15264005.jpg
数少ない陽射しを探し、一番乗りするのはチャリィです。
この場所は、誰にも譲れません。
「チャリィの丘」と呼ばれる聖地だからです。

でもこの寒そうな顔、少し不憫な気もします。

チャリィごめん。
もっとお金持ちの家に縁があれば
集中暖房で悠々自適だったのにね。




別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」もよろしく!
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/




by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-13 09:57 | 愛犬チャリィ | Comments(2)

一分(いちぶん)

c0340785_15264048.jpeg
ロードショー「武士の一分」を観ました。
藤沢周平原作、山田洋次監督、木村拓哉主演



「一分」とは、一人前の存在として傷つけられてはならない最小限の威厳をいう。
この作品では、木村拓哉演じる下級武士が夫婦の絆を通して「譲らない心」「譲れない愛」を見せる。

それは武士道でいうところの*「義を見てせざるは勇なきなり」に通じる。
(*そうすることが正しいと知りながらしないのは、その人に勇気がないからであるという意。)



我々現代人の日常にもよくあることではないか。
道理を知りながら見ぬ振りをしたり、保身に走ったり、多少の利益欲しさに卑屈になったり。
人は何のために生きるのか。
そして後悔とは何か。

人としての「一分」を果たせない政治家や官僚の多さは、この国をずいぶん駄目にしてきた。
貧富の格差拡大、中小零細企業を潰す規制緩和、赤字財政を理由に国の根幹である社会保障を縮小する愚作、日本の文化をおろそかにして欧米に傾注した結果失ってしまった日本人の同一性など。



藤沢周平の作品には、日本人のあるべき姿が描かれている。
「武士の一分」は、山田洋次監督が忠実に映画化し、木村拓哉が好演した。
地味な作品だが、お薦めしたい作品のひとつである。



別館ブログ「トムノグおじさんの飲食日記」もよろしく!
http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2006-12-10 19:43 | お~い ニッポン | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30