<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

都会の黄昏風景

c0340785_15264615.jpg
東京・神田から皇居とその先の東京タワーを眺める。



黄昏の都会は静かに穏やかに時間がすぎていく。



(某ビル23Fから)


by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-31 08:47 | つかのまウォッチング | Comments(0)

ミッキー・ドッグ

23987ミッキーにチャレンジしたチャリィですが、人相の悪いマウスになってしまいました。



我家では頻繁に服を着せますが虐待ではありません。
チャリィは服を好んで着ます。
家族が喜んでいるのを見て調子に乗ります。
一度に何回も着替えをし笑っているかのような表情すらします。



普段は吠えまくりのチャリィが服を着る時だけは素直で従順です。
おかしなヤツです。







by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-30 23:30 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

賀状に託す思い

c0340785_15264635.jpg
1月も終わろうとしている最終週の日曜日、あらためて年賀状に目を通しました。



毎年、信条や思いなどを書き記して送ってくださる方が何人かいます。
今年は、ある方の賀状が私の心を突き立てました。
次のように書かれていました。



「折角自然に恵まれた美しい我が国土にありながら、そこに住む人々の心と行動に、これにふさわしくない状況が生じ、これが急速に進行しつつあるように思われます。
我々は、縄文時代以来、先祖が幾多の困難を乗り越えながら守り育てて来てくれたこの日本を、これに少しでも価値を付加して(少なくとも、その価値を落としめることなく)、後代に引き継いで行く責務があるのだと思います。」

賀状の半分を占めた文章は、浮かれた正月、背中をたたかれたような感じがしました。



このような思いは大半の方がお持ちと信じますが、時代の風潮に惑わされたり、組織の非常識に従わざるを得なかったり、自己保身・自己利益の追求に走っている面々がクローズアップされている現状に一人一人の思いはなかなか通じにくいものと思っていました。



しかしこうして文となって人の心に通じることは、それこそまさに後代に引き継ぐ大切なことと思われます。
この方の賀状に託す思いはきっと多くの人の心に通じたことでしょう。
良い年賀状をいただきました。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-28 21:55 | お~い ニッポン | Comments(2)

都心の中の古き時代空間

c0340785_15264590.jpg
昨日、機会があってこの建物内で食事をし館内の美術品を観賞してきました。



この煉瓦石混造の重厚な建物は大正2年竣工、同12年の関東大震災、昭和の大戦を経て原型を崩すことなく現在に至っています。
都内では明治・大正建築史上、貴重な建造物として注目されています。



c0340785_15264507.jpg
そしてこの和風庭園も見事なまでに管理が行き届き和ならではの趣があります。この地は江戸の頃、会津松平家の下屋敷の庭園でその基を活かし大正8年に大改修工事を行い現在に至っています。
4000トンの石、樹木1300本は歴史と伝統を感じ風格を保っています。



この貴重な建物と庭園は公のものではありません。企業グループである三井が管理運営しているものです。
年間維持費は相当なものでおそらく公であるなら長期維持は難しいでしょう。
企業文化が日本の歴史財産を支えている現実がここにありました。






by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-27 11:49 | つかのまウォッチング | Comments(0)

このたび別館ブログ「飲んで食べて有頂天そして」は、本ブログのカテゴリーで運営することにしました。
「生きるための飲食」「楽しむ飲食」「漫然とした飲食」などより多くの皆様と意見交換できればと思います。
別館でお世話になった4つの交流ブログの皆様には引き続きアドバイス等いただきたく存じます。

2006.2.6に別館ブログで
「飲んで食べて有頂天そして」と題して

毎食お腹いっぱいに 食べられる美味しいものがあって
あたりまえのように飲んで食べて 慣れてきて
あまり感動しなくなって そしてまた飲んで食べる
何年も同じように繰り返してきて やっと大切な何かに気づきはじめている
だから
楽しんで飲んで食べて有頂天になった時
空腹になった時 うまいと思った時
それから 飲んで食べてを真面目に考えたりした時
感じるままを言葉に残していきたい

と記しました。
今後もこれを基に展開していきたいと思います。
時にまじめにそして時には楽しみながらウオッチしていきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


カテゴリー「飲んで食べて有頂天そして」
2007.1.25以前のバックナンバー

http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-25 09:58 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(6)

ノボリさんと安ちゃん

昨日、日曜日は静岡・日本平スタジアムに行ってきました。
Jリーグ・清水エスパルスで13年間プレーし名実ともにミスターエスパルスと呼ばれた澤登正朗選手の引退試合を観戦するためです。

プロサッカー選手の引退試合は稀に行われるもので、誰でもできるものではありません。
Jリーグの規約で「公式試合および天皇杯で通算500試合以上出場、またはJリーグの発展に著しく貢献した選手」が対象となる旨、決められているからです。
過去に行われた選手は数えるしかいません。

澤登選手はそれに相応しい実績を持ち、この日の引退試合には日本代表歴のある豪華な選手たちが集まりました。

c0340785_15264501.jpg
サッカー好きの方ならこれだけのメンバーが一堂に会するイベントには目をみはるでしょう。

しかしそれだけのことで私も自宅から200キロ先のサッカー場に足を運びません。
実は11年間Jリーガーとして活躍し澤登選手と同じ2005年に引退した「安藤正裕」選手がこの試合のエスパルスオールスターズに選出されたからです。(フォト:後列左から4人目)
http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2006/04/post_5502.html

少年サッカーが縁で出合った安藤選手との付き合いはもう26年になります。Jリーガーになってから地元に後援会をつくり応援活動を多くの人とやってきました。この日、心同じくするサポート仲間10数人が安藤選手を応援するために埼玉、東京から駆けつけました。

後半から出場した安藤選手は立ち上がりこそ1年ぶりのボールの感触に戸惑いを見せましたが、徐々に周囲との連係プレーを出し、現役時代あまりやらなかったヘッドを数回やってくれたり、攻撃に移った際、オーバーラップまでやってくれました。途中センターバックの内藤選手が退く時、ベンチからセンターをやれと言われ、必死な形相でムリムリと言っていた姿には笑いました。
後半40分、フルにプレーをし満足気でした。終了後、カズさん、ゴンちゃん等と談笑しているのを見て、やっぱりそういう域までいった選手だったとうれしく感じました。

仲の良かった澤登選手の引退試合で時代を牽引してきた多くの仲間とボールを蹴る喜びをかみしめ、安藤正裕のサッカー人生もひとつの区切りがついたと思います。
今でもノボリさん、安ちゃんと呼び合う付き合いと聞きます。
澤登選手お疲れ様でした。そしてありがとうございました。



"window.open


(this.href, '_blank', 'width=640,height=405,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://ficskokoro.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/p1190404.jpg">
c0340785_15264506.jpg
試合前、名前をコールされ選手の列に走っていく安藤選手





(this.href, '_blank', 'width=615,height=348,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false" href="http://ficskokoro.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/p1190411.jpg">
c0340785_15264503.jpg
サポート仲間が安藤選手のために作った大応援旗(2旗)




by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-22 22:35 | 蹴球というスポーツ | Comments(4)

わが梅は開花真っ盛り

c0340785_15264588.jpg
事務所内の白梅は、すでに8分、9分咲きです。
外出先から戻ると梅の花の香りが程よく、心身の疲れを取り払ってくれます。



幹の下のほうに淡紅色の花が遠慮気味に咲いています。



この1ヶ月、小さな盆栽の白梅の変化が心を癒し、優しい気持ちにしてくれました。平安時代以前から愛されてきた梅の花の所以がわかるような気がします。



2月に入ると近在の梅園がオープンします。本格的な梅の花見は春の訪れを知らせてくれます。


http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2007/01/post_d9f7.html
(1/15は、まだ「つぼみ」でした。


by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-20 17:06 | つかのまウォッチング | Comments(4)

素晴らしき・高橋孝さん

c0340785_15264519.jpg
これほどまでに人の心をつかむ歌い手はいたろうか。



1月7日のNHK小椋桂コンサートに出演していた高橋孝さん。
日本民謡歌唱コンクール第1位、日本津軽三味線演奏コンクール優勝の実績を持つ。



小椋桂が「待望された真の天賦の才」と評価する。
その小椋のプロデュースによるフォトのCDを今日購入した。



高橋さんの民謡に裏づけされた歌唱力はもちろん素晴らしいが、小椋桂の詩と森下武の作曲・編曲が後押ししている。
特に作曲家・森下の音感は注目に値する。
素晴らしきエンターテイナーには素晴らしきアーチストがつくのだ。



このCDお薦めです!
http://www5e.biglobe.ne.jp/~vocal_ko/




by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-18 20:39 | 音楽三昧 | Comments(4)

148.1%ってなんだ

c0340785_15264445.jpg
これは主要国の債務残高GDP比率です。
(2006・12・25毎日新聞から)



早い話し、借金残高が国内総生産のどれくらいを占めているかという割合です。他国に比べて際立って高い148.1%は世界最大の借金国であることを表しています。



現在、国・地方の借金は公称で773兆円といわれ、国民1世帯あたりに換算すると約1500万の金額です。
こんな途方もない金額に膨れ上がってしまった原因は、毎年30兆円超の国債を発行してきたツケなのです。
2007年度の予算も税収を主にする歳入予算57兆円に対して歳出82兆円ですから25兆円も足りません。
歳出内容に問題があるという議論はあまりされず、不足額を安易に国債発行という自転車操業で乗り切ろうとしています。



まさか国民の資産が1200兆円あるからいつでもガラガラポンができるなんて考えているのではないでしょうね。(そんな資産がいつまでもあるはずがありません。)
ここ何年も財政再建といわれてきましたが真の姿は見えてきません。
官僚、政治家たちが作った毎年の国家予算はどんな頭の構造で考えたのでしょうか。

少しは子孫のことも考えて負を残すな!とあたり前なことを声を大にして言いたいところです。





by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-17 18:50 | お~い ニッポン | Comments(2)

c0340785_15264472.jpg
家庭内で第3順位争いをしているお姉ちゃん(二女)がチャリィにNewジャージを買ってきてくれました。
チャリィには珍しい黒系です。
いやあ意外と似合いますねぇ!



やっぱ男だったんですね。
精悍に見えるよ。
黒   いいじゃん。
写真撮るたびにみんなで拍手するものだからチャリィはご機嫌です。



c0340785_15264459.jpg
後ろ姿は
どう・・・



c0340785_15264425.jpg
こっち方向からは
どう・・・



c0340785_15264496.jpg
足元からも  
どう・・・



犬バカ家族の今宵は
束の間でしたが幸せな時間でした。
上のお姉ちゃん(長女)にも見せたいなあ。















by kokoro-tomnog2005 | 2007-01-16 17:58 | 愛犬チャリィ | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ