大阪小旅行記②



c0340785_15265039.jpg
2007.2.24(土)大阪2日目
7時に起床、朝食へ。
和洋折衷のバイキングは流れ作業のような感じでとても侘しい。だいたいバイキング自体が苦手なのだ。
とりあえずノルマをクリアするような朝食である。

本日の予定は観光タクシーで空中庭園・大阪城・通天閣・大阪天満宮に行くらしい。らしいというのはそもそも今回は前職の友人4人に誘われての旅行なのでお任せのスケジュールに乗るしかないのだ。
だから「絵はがき観光は本当は嫌なのだ」が
とてもそんなことを言える状況にない。
タクシーの後部席でこれから過ごすであろう退屈な時間に少し憂鬱になる。

それでもにこにこして楽しそうに振る舞う。
これが中高年の大事な人付き合いなのだ。
まず空中庭園へ、しかし時間が早すぎてまだ開園していない。
タクシーの運転手は悪びれた様子もなく「あちゃ、まだ開いてませんのか」と呟く。
おいおい (開園時間を調べてないんかいと言いたかったが)
仕方なく何も見ずに次の大阪城へ。(フォトは真っ金々の鯱)
コンクリート造りの城の形をした箱に唖然、建物の中は城の雰囲気は一切ない。
ダメじゃん、しかも入園者はお隣の国の外人さんばかり。
さてさてこれは次もヤバイだろうと予想しながら通天閣へ。
狭い通りの商店街が複数交差するど真ん中に大阪のシンボルといわれる通天閣はひっそりといた。
そう「ある」というより「いる」という感じだった。
時間待ちのエレベーターは2階まで行ってさらに並んで別のエレベーターに乗り換える。
展望台の5階(91m)に着くまで30分程かかった。しかもエレベーターの案内ガールならぬ案内ボーイは漫才のボケでもやりそうなキャラと喋り。売店には願い事が何でも叶うという「ビリケン像」がずら~っと並ぶ。
これらは大阪特有のギャグかと思ったら急に可笑しくなった。

通天閣の周りには沢山の串カツ店が並ぶ。
なかでも「だるま」という店は串カツの元祖とかで若い人たちの行列ができていた。
これはもう完全にファーストフードの感覚なんだろうね。
いい雰囲気でした。

c0340785_15265095.jpg
そんな光景を見ながら大阪天満宮に向かう。
天満宮入り口付近には年配の方が多数一箇所に集まって共通の供養をしていた。

星合の池には亀がいるいる。(フォトの亀かわいいでっせ)
結構大きなのがゴロゴロといました。
ほとんど身動きしないんです。
これがほのぼのとしていてしばし釘付けでした。

さて大阪滞在の時間も残り少なくなり、新大阪駅へ。
ここで昼食をとり、お土産を買って14時30分の新幹線で名古屋に向かうことになる。

実は「司馬遼太郎」の記念館が東大阪にあってぜひ行ってみたかったが叶わなかった。
大正12年に大阪市に生まれ直木賞や菊池寛賞を受賞し、大作「この国のかたち」を現代に警鐘メッセージとして残す。そんな司馬の世界と昨日今日歩いた大阪の街は何故かかみ合わないのだ。
いやかみ合っているかもしれない。
おもしろいなあ。
この街はいったい何を語ろうとしているのか2日間では??で新大阪の駅を後にするしかなかった。

(続く)


by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-28 17:21 | つかのまウォッチング | Comments(0)

大阪小旅行記①



c0340785_15265029.jpg
2007.2.23(金)
東京駅を9時50分の新幹線に乗り12時50分には大阪駅へ。
13時にグランビィア大阪にIN、少し休んでから「なんばグランド花月」へ向かう。

およそ3時間、大阪の漫才、落語、新喜劇を思う存分楽しむ。
東京と違い「ギャグの多さとツッコミの間」に大阪特有の笑いのツボを感じた。
笑い芸というのは奥が深いなあ。

18時から1時間、道頓堀を歩く。若者が多く賑やかだ。
お馴染みの「くいだおれ太郎」「かに道楽」「グリコのネオン」に囲まれた商店街はごちゃごちゃしていて落ちつかない。
おじさんたちはたちまち降参して早く飲もうということになり食堂・居酒屋・割烹が揃う食のデパート「くいだおれ食堂ビル」へ。
そして当然のように客の少ない割烹に向かった。
てっちり、すき焼き、かに会席でビール・日本酒を頂いた。
一人あたり8千円で少しお酒を飲みすぎました。
2時間ほどゆっくりした後、二手に分れ片や法善寺横丁へ飲みなおしへもう一方はジャズバーへ。
私はジャズが聴きたかったのでそちらへ。

c0340785_15265044.jpg
事前に決めていたわけではなく、タクシーの運転手さんに薦められた梅田の「ロイヤルホース」という店へ。
どなたのステージか知る由もなかったが入り口の表示を見てびっくり!
スイングジャズの王様といわれる北村英治さんが今宵のメインだ。
これはラッキー!
ピアノ、ベース、ドラムのメンバーもベテラン揃いで大人のジャズを堪能させてくれた。
北村さんは品のあるトークを交え客の心に充分応えていた。
2時間のステージに満足し山崎のロックを5杯も飲んで大阪の宵は北村さんのクラリネットの音と共に更けていった。

0時過ぎ友と歩いてホテルまで帰り、部屋に着くやそのままバタンキュー。
大阪初日は感慨に耽る間もなくアッという間に幕を閉じた。
さて明日は大阪観光をして午後は名古屋に向かうのだが・・・





by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-26 19:16 | つかのまウォッチング | Comments(5)

25日までお休みします



c0340785_15265000.jpg
二女の手作りチョコ
イチゴの顔が愉快です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23日(金)から25日(日)までブログをお休みします。
大阪・名古屋へ取材に行ってきます。
よろしくお願いします。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-22 21:47 | コーヒーブレイク | Comments(3)

c0340785_15264921.jpg
あの小椋佳さんがプロデュースしている一押しの高橋孝(コウ)さんのライブが渋谷・公園通りクラシックスで開催された。
私は1ヶ月前に競争率の激しいこのライブのチケットを運良くゲットし、今日を楽しみにアルバム「逢いたくて」を毎日聴いた。
高橋孝さんの歌唱の全てを心に染み込ませてこのライブに臨みたかった。結果私のこの思いはライブの内容と完全にマッチした。
一緒に行った細君も同様に満足していた。
端唄を勉強している私は、歌の基本はやはり民謡だろうと思う。
高橋孝さんの歌唱力をみれば一目瞭然だからだ。

歌詞を十分表現できない若い歌い手が多い中、心を込めて歌詞もはっきり歌えることはそれだけで本物といえる。今日も新曲を2曲披露してくれた。ご本人は謙遜していたがすぐCD化してほしい作品だ。


c0340785_15265016.jpg
終了後、出口でひとりひとりに声をかけ握手をしてサイン入りのフォトをプレゼントしてくれた。
この人は間違いなくメジャーになる。
小椋佳さんが目をかけただけのことはある。
おじさんも応援するよ!
男性歌手には最初女性ファンが多くつくが、その後、男性ファンがつき始めたらメジャーになった証だ。特におじさんが会場にちらつき始めたら売れてる兆しだ。マチガイナイ!

このブログを読んでくださった皆さん、
フォトのCD「逢いたくて」全6曲1,554円はお買い得です!
心を癒し歌ってこうゆうものなんだと感じます。

私が高橋孝(コウ)さんを知ったのは今年の1月にBSで放映された「小椋佳コンサート」です。
何の前情報もなく初めて聴いたその歌に魅かれました。
「こりゃ本物だ!」と細君と話したほどです。
http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2007/01/post_eae5.html

その再放送が3月17日(土)22:00~4:00にあります。
また
3月12日(月)22:00~23:28NHK総合「プレミアム10 小椋佳63歳のメッセージ」で高橋孝さんが紹介されます。


by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-21 23:49 | 音楽三昧 | Comments(4)

c0340785_15264916.jpg
日曜の午後から西伊豆へ出張しました。昨日は小雨交じりだったので肌寒いだろうと予想してコートも用意していきました。
自動車での移動だったので外気を感じることなく現地に到着しました。

ご覧のフォトの場所で一呼吸入れようと上着なしで車外に出ました。
驚くことに寒くありません。
むしろホワ~ッとした生暖かさを感じました。
暖冬の影響なのだろうか。
現地の企業の方や住民の方に尋ねると「今年はちょっと変な気候だ」と異口同音に答えました。
皆さんシャツ姿でした。

米国のゴア元副大統領が言っています。
「温暖化などという生ぬるいものではない。これこそ気候の危機だ。我々に残された時間はもう10年しかない。その間に問題を解決しなければならない。」と・・・

元々暖かい土地の西伊豆でこれ以上の暖かさは異常と感じる2日間でした。


















by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-19 23:05 | つかのまウォッチング | Comments(3)

関西弁の勉強してまんね

c0340785_15264928.jpg
今月末、前職の友達と大阪と名古屋へ小旅行をすることになったんや。大阪は笑いの都、食い倒れの街と言われておるさかいに昼間は「なんばグランド花月」へ行きまんねん。
漫才、落語、新喜劇をみて大笑いしてきたいと思うで。
夜は大阪寿司、鍋、焼肉、串カツ、たこ焼き、おこのみ焼きやらなんやら大阪ならではの食い倒れを体験したいと思うで。
キーワードは「安い、うまい、早い」だそうや。



2日目は名古屋にいっちゃう。夜はジャズライブにいっちゃう。名古屋のジャズは有名ですぎゃね。
東京
と一味ちがう空間を期待していやぁす。
食べ物は思いっきりくどいもんを頂いてきやぁーす。


関西へ行く機会はきわめて少ないので免疫がありません。
関西弁が嵐のように耳に付くとカルチャーショックを感じるので少し言葉の勉強をしていこうと思います。
なんか外国へ行くような感じでワクワク感と緊張感が入り混じって微妙です。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-18 11:06 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(1)

c0340785_15264930.jpg
フォト:国営武蔵丘陵森林公園の青空を見上げる梅の木と私



(昨日の続き)
二女の就職活動は意識がとても稀薄な気がして心配になったので就職をどう考えているのか問うてみた。
最初は困ったような顔して相変わらず深く考えていないという素振りだった。
やがて重い口を開き、ぽつりぽつりと話し始めた。



それによると
企業の名声や評価には興味がない。むしろ一流といわれる企業は、それだけで学生が殺到するので合格する気がしないし会社組織に埋没しそうな気がすると言う。
学部は文系で一般教養課程の延長なので専門技能はないから男子学生と競い合うことは難しくそんなことはしない。
バリバリ仕事をするキャリアウーマンを目指しているわけでもない。
ならば何を望みたいのかと問う。



休日も満足にとれず、残業の多い働き蜂は絶対に嫌だ。
与えられた仕事をまじめにやって多くもなく少なくもない収入が得られて一番大切な「人との出合い」に重点を置きたい。良い友、良い同僚、良い上司にめぐり合いたいと言うのだ。
そこが大事だと言う。
だからお父さんたちが言う一流企業とか業績の良い企業を望むのとは価値観が違うと言う。



なるほど二女らしい気持ちだ。
元来優しい子なので人間関係を優先したい考えは良くわかる。
そういう風に考えていたのか、私は親のエゴ丸出しの自分を恥じた。
イイ学校に行ってイイ会社に入ってという古くさく次元の低い勝手な考えを子供に押し付けようとしていた。
それが幸せへの道だと信じていた。
ところが二女に言われて一番大事な「人との出合い」という考えが欠落していたことに気づかされた。
言われてみれば当然のことと思うが何かに一心に向かっている時は見落としがちである。



二女の就職活動は人気企業に入るよりもさらに難しいものかもしれない。
今日も会社説明会に行ってきたようだ。
希望する「人に優しい会社」に出合える日はいつだろう。
いつかその日がくることを祈る!
人との出合いは何が大事か常に教えてくれる道標なのであろう。




by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-16 00:55 | お~い ニッポン | Comments(3)

c0340785_15264983.jpg
学生の就職活動の現状はどうだろうか。今年は企業の求人数が増えて学生側に有利と報道されている。



我家の二女(大学3年)も昨年末から就職活動を始めた。
黒系のスーツで身を包み、これも同じく黒系のバックを持つ。頭髪も茶系から黒に戻し初々しさをアピールしている。
朝早く出かけて夕方遅く疲れた顔で帰宅する。どんな業種のどんな企業を訪問しているのだろうか。
親としてなるべく関与しないようにしてきた。



先頃、知らない振りも限界に達し、どんな活動をしているのか尋ねてみた。
するとHP上でアットランダムに探しあてた企業にエントリーし訪問しているという。そこには仕事に就こうとする特別な思いはないようだ。
「こんな業種に就きたいとかこんな企業に入りたいとか」いう希望はないのか確認するも特にないという。
「それじゃダメじゃん」



一部の意識の高い学生は入念な準備のもとに就職活動をしているが大半の学生は二女のように場あたり的な活動をしているようだ。
これではいくら企業の求人数が増えても学生にとって有利とはいえない。
東京砂漠をさまよう多くの学生の実態に唖然とした。
さて二女の就職活動の行方はどうなることやら・・・

(続く)



by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-15 09:24 | お~い ニッポン | Comments(2)

NOといえる男

と言っても仕事などの重要なことに対してではありません。
いよいよ明日に迫った国民的イベント「義理チョコデー」のことです。
若者が真剣に贈る本命バレンタインデーを凌ぐ勢いの義理チョコは
邪道です。






この「義理チョコ」なかなかの曲者です。
来月のホワイトデーで倍返しになる超ハイパー品なのです。
女性たちはそれを知ってか中高年のおじさんにまで配ります。
たいていのおじさんは義理だろうが何だろうが大喜びします。
別に理由は問いません。うれしいのですから。
しかし懸命なおじさんはそういう話しに乗る訳にはいきません。
ですから今年こそ「ノ~サンキュウ!」と声を大にして言いたい。
だいたいチョコなんて食べませんよ。
大和魂に合いませんからね。





●●
「おとうさ~ん、いつもありがとう。感謝をこめて!」
チョコの箱が3つ、テーブルの上にあります。
細君と二人の娘からです。
「いらないって言ったろう。父の日でもあるまいし、ノ~だよ!」
とかなんとか言いながら今年も受取ってしまうのだろうか。
まあ私がせいぜい頂く範囲は身内に限られていますが・・・

●●●





c0340785_15264941.jpg
これは先日73歳になる義理の叔母から頂きました。
まさに「義理」ですが
さすがにNOって言えません。
トホホ
c0340785_15263808.gif





<注意>
本文はすべてジョークですので一笑に付してください。
義理チョコを贈ってくださる女性に意見するものではありません。
それどころか感謝尊敬しております。

(予想外にも多くの義理チョコをいただいてしまい、当初書きました上記記事は大分手直ししましたことを追記申し上げます。春風亭昇太ふうに「それじゃダメじゃん」 2月14日18:30)




カテゴリー「飲んで食べて有頂天そして」
2007.1.25以前のバックナンバー

http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/


by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-13 21:29 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(4)

梅開花 森林公園

c0340785_15264810.jpg
3~4分咲き
愛らしく咲く梅の花に心が和みます。
2月末から3月上旬が見ごろでしょうか。
(梅の木の向こうにチャリィと家の者が見えます。)



c0340785_15264804.jpg
湖面も穏やかに春の訪れを感じている様子でした。
湖岸を走っている人たちが見えるでしょうか。
今日は園内マラソン大会をやっていました。



http://www.shinrin-koen.jp/
国営武蔵丘陵森林公園


by kokoro-tomnog2005 | 2007-02-11 16:50 | つかのまウォッチング | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)