<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ついに「へしこ」を

c0340785_15273665.jpg
福井の旅館でゲットした「へしこ」です。
店員のおねえさんは、「美味しいですよ」と言いながらも「癖があるので買って帰ると奥さんに怒られる人もいるらしい」などと危険なセリフを。



c0340785_15273693.jpg
食べ方を尋ねると
①そのまま ②軽く焼いて ③水洗いして糠をとって水をきって焼く、熱いうちにお湯またはお茶に3分位さらして などと3種類の方法を教えてくれました。
秘伝の味は何かと尋ねると
「塩押しされた鯖に糠と醤油を基本としたもの」あとは秘伝なのでと。
そう言われて想像するとさらに早く食したい欲望が。



まず店員のおねえさんの言う通り、そのまま食べてみました。
どんな風なんだろうと半信半疑で、
ところがこれが「ウマイ!」 [E:good]グ~
でも塩が効いていて少々しょっぱい。
本格的に頂かないと真髄はわからないと思い、細君に平身低頭お願いをして



c0340785_15273652.jpg
ご覧のように作ってもらいました。
これは③を参考に水洗いして糠をとって焼く、その後、しばらくお湯につける
そんな風にしたのです。
お湯につけて塩味を若干緩和させたものの、しょっぱさは残る。
大根おろしを添えて頂いたらこれは [E:good]グ~ グ~
[E:bottle]に最高です!
熱いご飯にもきっとイイ!
これが「へしこ」だったんだぁ。

また福井に行くことがあったらぜひ現地で今度は真空パックされていないものを食してみたいと思います。
これにて「へしこ」探しの旅 <完>[E:movie]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-29 13:16 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(6)

北陸小旅行③

  2月24日(日)小旅行3日目
朝起きて旅館の外を見るとすごい勢いで吹雪いています。[E:sweat01][E:sweat01]
「帰れないかもよ」A君がささやきます。
「それならもう1泊できるねぇ」などと本気のような冗談を言って大笑い。
そうは言いながらも皆不安になり、
早めに朝食を済ませ帰り支度にとりかかりました。
「へしこ」どころではありません。

北越線の芦原温泉駅に着くと不安的中、列車が遅れています。
予定の列車は1時間遅れです。「どうする?・・・」[E:wobbly]
とりあえず寒い駅で40分待って別の列車に乗りました。
駅員のはからいで指定席券を交換してくれたので席は確保できました。
列車は走り出して一路金沢へ、我々の予定より30分遅れでした。
「なんとか帰れるね。お土産を買って昼食をすませても十分間に合うよ。良かった良かった。」
[E:restaurant]ゆっくり食事して越後湯沢行きの列車に乗ってのんびりと[E:beer]飲んで車窓から雪景色や日本海を眺めていました。1時間くらい走ったでしょうか、突然、親不知とかいう駅付近で止まってしまいました。

c0340785_15273597.jpg
原因はこれです。
ものすごい波です。海水が線路まで入ってきて列車が走れないのです。
確か「親不知」とは断崖で波が荒く危険な場所という意。

うひゃぁその通りの状況なんです。[E:typhoon][E:typhoon]
ここで約1時間立ち往生したでしょうか。
「これ本当に帰れないかも・・・」[E:shock]

越後湯沢に着いたのは約1時間遅れでした。
こうした遅れで駅構内は乗客であふれていました。新幹線乗り場に向かうとただ事ではない様子。
切符出さなくていいからホームへ行けというアナウンス。
新幹線も遅れている[E:bearing]  もう何本も手前の駅で止まって予定していた新幹線も来ていない。
アナウンスによれば関東は暴風でほとんどの鉄道路線がマヒしているとのこと。
指定席券を持っている乗客は降車駅で払い戻しをするから、今入線している新幹線の自由席へ乗れという。
アナウンスに従って自由席へ行くとひどい混み具合でした。東京の朝のラッシュと同じくらい[E:bomb]
越後湯沢駅はパニック状態で運行の見通しがたちません。
それでも40分くらい経って走り始めました。新幹線で立ってなんて初めてです。
20分くらいで高崎に着きました。ここまでくれば何とかなるだろう・・・
甘かった。[E:weep]  この先、熊谷から東京まで新幹線が詰まっていて動けないという。
[E:bullettrain]熊谷[E:bullettrain][E:bullettrain]大宮[E:bullettrain][E:bullettrain][E:bullettrain]東京 こんな状態かい。じゃあ全部連結しろって、そうすれば車内を[E:run]って帰るからなどとボヤキを[E:angry]   
いっそのこと高崎で降りて居酒屋にでも行こうかなんて話しも。[E:beer][E:bottle]
そうこうボヤいているうちに 「お客様、お待たせいたしました。出発しま~す!」と明るいアナウンス。
50分遅れで一路大宮へ。このあとは順調だったものの予定より3時間遅れの帰宅となりました。

悪夢のような小旅行3日目はこうしてぐちゃぐちゃに幕を閉じたのです。[E:night]
もう疲れちゃって疲れちゃって[E:sleepy]
「へしこ」の話しは明日ってことで。
あいすいません。[E:coldsweats01]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-28 19:28 | つかのまウォッチング | Comments(3)

北陸小旅行②

c0340785_15273592.jpg
2月23日(土)小旅行2日目

福井の地を踏む。
これは永平寺近くの名も知らぬ場所です。
この風景にさらなる開放感が。
しかし厳寒の地と呼ぶに値するものを感じました。



このあと永平寺、竹人形の里、東尋坊、丸岡城へ。



永平寺は大きな寺院ですね。
7つの建物(伽藍)と広大な敷地には目を見張りました。
なんでも修行僧は250名位いで3年間の修行が成就できる確率は
30%以下とか。
とにかく寒く行鉢や作務のきびしさに耐えられないようです。
私なんか2日と持たないでしょうね。



修行のできていない我々は午後3時ごろ、あまりの寒さに根を上げて今晩の宿である芦原温泉へ向かいました。
そしてその後は、温泉につかり堕落した宴で大いに盛り上がりました。
(毎年恒例の友人4人との旅行、どちらかというと飲み会旅行です。)
地酒「黒龍」をいただきました。ウマイ!



旅館で「へしこ」を注文したのですが、急に言われても用意できないとやんわり断られました。
その代わり明朝、旅館内に鮮魚屋さんが来るので調達できるよう手配していただきました。
「へしこ」は若狭湾に面した地のものだそうで京都に隣接する小浜市まで足を伸ばさないとダメなようです。
とにかく明日、お土産としてゲットできれば・・・

こうして深夜までウマイ酒と日本海の魚をいただき、ヘロヘロに酔っていきました。
明日は予想もつかぬ事変になろうとは露知らず。




by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-27 19:13 | つかのまウォッチング | Comments(4)

北陸小旅行①

c0340785_15273520.jpg
2月22日(金)小旅行1日目

上越新幹線で一路越後湯沢へ。
30分前まで車窓に雪景色はなかったのです。湯沢に着いたらご覧の景色です。
完全、仕事忘れました。
若干の開放感に浸りいよいよ旅気分に。北越線に乗り換え金沢へ。

c0340785_15273554.jpg
金沢に到着したら速攻、近江市場へ。
越前がにがご覧のとおりです。
何万円単位ですよ。かにがねぇ?
私はあまり固執しない分野なので後学のための見学かな。

c0340785_15273503.jpg
さて目当てのお初の金沢兼六園です。
素晴らしい庭園でした。
江戸時代のこの地の君主が造ったものが今や観光名所です。
見事な眺めでしたがそれなりの歴史の複雑さを感じました。
この後、お茶屋など見学して宿へ。
珍味「へしこ」は金沢にはありません。
福井の地に行かなければ。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-25 21:40 | つかのまウォッチング | Comments(3)

珍味「へしこ」探しへ

c0340785_15273576.jpeg
休暇をいただいて「へしこ」探しへ行ってまいります。
以前、食のブログで「へしこ」について書いたことがあります。
でも本場で食したことはありません。
夢にまで見た「へしこ」をこの眼でしっかりとおさえてみたいのです。


http://ficskokoro.blogzine.jp/2nog/2006/05/post_f1d3.html
発見するまで、ちょっとだけブログをお休みします。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-22 01:00 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(4)

この国はどうかしている

c0340785_15273412.jpg
  国防の任にあたるイージス艦が起こした事故は重大だ。
日がたつごとに危険回避の無防備さが明らかになってきた。
だいたい漁船で込み合う時間帯にその海域を通過しようとすること事態が考えられない。
ハワイ訓練からの帰路といわれるが、浮かれていたのではないか。
この国はどうかしている。



年金問題、道路特定財源問題、国の外郭団体問題などすべて原因をつくってきたのは官僚といわれる連中だ。
そしてそれを見過ごしてきた、いや同様に利益を得てきた政権政党はどう責任がとれるというのだ。
こうした官僚等による税金のつまみ食いはイージス艦の事故と無縁ではない。
まして人の命まで奪うことは許されない。
人ごとのような海幕長と防衛大臣のコメントにこちらは言葉もない。
おじさんは今すごく怒りを覚えている。
七色仮面となってこいつらをいっせいに成敗したい思いだ。



どうすればこの国の行方を正常なものにできるのだろうか。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-21 19:28 | お~い ニッポン | Comments(2)

c0340785_15273476.jpeg
前座が演じることを許されている演題を前座噺と呼ぶんだそうで、「初天神」もそのひとつです。
トム亭ノグ助は、今この演題を毎日聴いて覚えこんでおります。
「なぜ」って
そりゃあもちろん演じるためにです。
機会があったらどこかでやってみたい。

前座噺といっても前座ばかりが演じる訳ではなくて小三冶師匠のような大家が演じるとそれはもう笑いっぱなしです。
元々は上方で演じられた噺だそうで小三冶師匠は桂南喬師匠から習ったといわれます。

こまっしゃくれた子供の描写が妙におもしろいのです。
なんでも手に入る現代の子供たちと違って、唯一祭りなどのタイミングに「あれ買って、これ買って」とねだる昔の子供。買ってもらうものは、飴玉や団子や凧といったほのぼのとしたものばかり。



物が豊かな時代に生きる現代人にとって比較はできませんが、飴玉ひとつで喜ぶ子供がいた時代は「心の豊かさ」できっと勝っているのでしょうね。
そんなことを考えさせられながらゲラゲラ笑って聴いております。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-20 18:16 | 落語百席 | Comments(0)

日曜のひと時

c0340785_15273429.jpg
東京では大イベントであるマラソンが行われた今日、私の住む地元地域では「歩け歩け大会」がひっそりと行われました。
私は役員として参加しチェックポイントである池の周りでひとしきり鴨たちに接しました。
人に慣れていて逃げません。
大会に参加するかのごとく寄ってきました。地元にもこんなイイ所があるんです。



c0340785_15273492.jpg
一方、参加した人たちはそんな鴨たちの姿に笑みをうかべ穏やかに歩いて行きました。
小さなイベントでしたが、良い日曜のひと時となりました。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-17 18:35 | つかのまウォッチング | Comments(2)

土曜の朝

c0340785_15273364.jpg
土曜の朝、久しぶりにチャリィと散歩へ。
途中、下水路をじっ~と覗くチャリィ。何かいるのかい。









c0340785_15273488.jpg
なんと3羽の鴨が。
どうしてよりによって下水路を住かに。
もっときれいな池や川があるだろうに。
そう思ってよく見ると鴨がここを選んだ訳がわかりました。







c0340785_15273463.jpg
そうですこんなイイ守り神がいたんです。
これなら鴨たちも安心。
住かはイマイチだが安全が一番。
人間社会も同様か・・・。






by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-16 12:00 | つかのまウォッチング | Comments(0)

バレンタィンデェ~

c0340785_15273392.jpg
辞書によれば
バレンタインは、3 世紀にローマで殉教したキリスト教徒の英語名であり、聖人バレンタインの祝日(2 月 14 日)で古代ローマの異教の祭りと結びついて愛の告白や贈り物をする習慣がある。
とあります。



日本では、いつからこんな習慣が始まったんでしょうね。
デパートなんかすごいですよ。
2月に入った途端、食品売場はチョコでうまっていました。
看板やノボリの軟弱な文字と色の「バレンタィンデェ~」には思わず拍手!!
おじさんには、あまり関係ないけど毎年続くこのイベントには景気の悪さを感じません。そんな点では軽くうれしい。



我家のふたりの娘も準備していました。
長女はOL3年目なので職場のおじさんたちへ義理チョコを買うとか。
臨時の出費が痛ぁ~いと言っていました。
大学4年の二女は義理関係の人々はまだおらず、手作りの本命チョコを。
来年はお姉ちゃんと同じように義理チョコを買いに走るんだろうなあ。



昨年もブログでバレンタインデーのことを書きました。
おじさんのやっかむような記事に苦笑です。
2007.2.13 「NOといえる男」
http://ficskokoro.blogzine.jp/nog/2007/02/post_7a3a.html


by kokoro-tomnog2005 | 2008-02-14 09:12 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ