<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

c0340785_15274843.jpg
夏ばて気味のチャリィに、とっておきの贈物がきた。
ホワイトのひんやりワンコだ。
お腹の部分に保冷剤が入っている。
(長女が送ってくれた。)



ホワイトワンコは無臭、無動作、無音なのでチャリィはあまり反応しないが、ひんやり感が伝わっているのか気持ちよさそうに休んでいる。

最もチャリィが寝ているタオルの下もひんやりシートですけど。[E:bleah]



・・・・・・・・・・・・・
[E:dog]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-30 21:25 | 愛犬チャリィ | Comments(4)

ひたすら待ちます

c0340785_15274880.jpg
二女が先週末突然やって来た。
チャリィは遊び友達ができてはしゃいでいた。
それは楽しくうれしそうだった。
あっという間に過ぎた3日間、日曜の夜帰って行く二女の後を追うチャリィ。
帰ってしまった後もしばらくこうして玄関から動かないチャリィ。
ちょっと可哀そうな気がした。

チャリィの後ろに見える使い古したスニーカーは二女が学生の時に履いていたもの。淋しいツーショットだ。

「ひたすら待ちます。お姉ちゃん、また来てね。」 ワォ~ン  [E:think]


[E:dog]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-29 22:14 | 愛犬チャリィ | Comments(2)

地元行事の準備に

c0340785_15274816.jpg
国の無形民族文化財に指定されている「脚折(すねおり)雨乞行事」が間もなく開催されます。
トムノグは保存会の協力会に入っているので先週から準備に駆りだされています。
20日(日)は龍蛇が暴れる池の大掃除、80m×60mほどの広さの池の底には多くのゴミや石が沈んでいます。
20名ほどの男たちできれいに。
軽トラック一杯の石が出てきて驚きました。



そして今日は長さ30m、重さ3トンの龍蛇の製作です。
約200名の男たちで作り上げます。
トムノグは角、歯の製作に、12名で1日かかりました。
もう暑くて暑くて、夕方帰宅してダウンです。



いよいよ来週3日(日)は本番です。
神社を出発して池まで約3kmを練り歩き、池で龍蛇が昇天するまで4時間。サラリーマン世帯の我町内会のメンバーはヘトヘトになることでしょう。
当日は地区の男たち約350名で担ぎます。トムノグも[E:sweat01]
http://www.city.tsurugashima.lg.jp/amagoi/



c0340785_15274818.jpg
製作中の龍陀>
地元には竹、わらを提供する農家の方、建築のプロがいるので半日で外形ができました。
龍蛇の飾りつけは当日、雨でも決行です。
何しろ雨乞い行事ですから。


[E:rain]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-26 22:17 | コーヒーブレイク | Comments(2)

久しぶりのライブ

c0340785_15274893.jpg
昨日、恵比寿のアート・カフェ・フレンズでブレッド&バターのライブが開かれた。
洒落たレストランで2時間たっぷりブレバタワールドを満喫した。
お二人は先月、返還40年記念のイベントゲストとして小笠原に行かれた。
もう何度も行かれている様子で移住したい島のナンバーワンと言われていた。



60歳過ぎても、かくしゃくとし若い頃と変わらぬ歌声に天性のものを感じ、同時代に出会えたアーチストとして尊敬する。
夏の海をテーマに16曲、暑さを忘れるひと時となった。

(フォトは「トゥナイト愛して」80年NNNニュース番組のテーマ曲、ライブのフィナーレに歌ってくれました。)



[E:spade]グ~


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-25 18:08 | ブレッド&バター | Comments(2)

どうなるガソリン

c0340785_15274704.jpg
ガソリンが近くレギュラー190円台に突入と言われていますが。
どうしましょう。



仕事で使用している小型車は燃費が良いほうでフォトの通り平均15.1/Lです。省エネ走法を心がけているつもりですが、使用頻度があがれば結局高いガソリン代がかさむので不愉快な日々です。



それなら車に乗るなと言われますが、電車移動ではとても仕事にならないのが弱みです。
いっそのこと500円/L位いにしてくれれば仕事も日常もスタイルを変えざるを得ません。
この際、やれるものならそれ位いの価格にしてもらって世の中の仕組みを変えるのもいいかも。
(本気で思ってませんけど・・・)





[E:dash]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-23 18:41 | お~い ニッポン | Comments(4)

親子丼の奥深さ



416717750109_1_2 東海林先生は「親子の味の親子丼」と表現する。
玉子と鶏肉が絶妙にからんで美味しい。
丼ものの中で玉丼は少しさみしいが、かといっていきなりカツ丼では重い。
その点、親子丼は鶏肉が入って適度に満足する。
空腹を程々に癒してくれ、旨みもなかなかのものだ。

子供の頃(昭和30年代)、常に空腹感を持っていた我々世代にとって丼ものは量と味において十分なものであり、かつ中間層に位置する親子丼は特に贅沢でもなく、かといって貧しくもなく程よい奥の深い食べ物である。

親子丼の歴史は200年以上という。
日本人が今もって愛する所以だろう。


(2006.2.18「飲んで食べて有頂天そして」から)
今日は自治会の役員会があるため、早い夕食で親子丼だったんです。美味しかった。


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-19 17:32 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(4)

c0340785_15274781.jpg
昼の真夏日に閉口
帰宅後どっと疲れが押し寄せる。

夕食には当然、極冷えのビールで心身を癒す。
調子に乗ってワインを

気分良くなってマイルス・デイヴィスのCDを聴く。追悼盤アルバムの名曲「枯葉」
マイルスのトランペットは当然見事、そしてピアノソロのハンク・ジョーンズが引き立てる。
すっかり暑さを忘れてリフレッシュできた。

酒と音楽に感謝!


[E:shine]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-16 22:37 | ジャズを聴く | Comments(0)

国際救助犬 チャリィ

c0340785_15274759.jpg
国からの特命によりチャリィは国際救助犬になりました。
我国ではチワワとして初の救助犬です。
選考された理由は、チワワにしては身体がかなり大きく体力があること。
そしてササミが好きでよく吠えることです。
予想していなかった国際奉仕活動に我々も驚いています。
派遣先はサブプライム問題に揺れるアメリカ、我国がどれだけ損失を被っているかを嗅ぎ分けるのが任務です。



えっ ・・・・
うそっ~です。 これはトムノグが昨夜見た夢です。
寝しなにニュースでサブプライムがどうだらこうだらというのをチャリィと見ていたのと、暑くて寝苦しかったのでとんちんかんな夢を見てしまいました。



c0340785_15274731.jpg
おいらはトムノグファミリーの癒し犬。
国際救助なんて ワ~ン
毎日暑くて暑くておいらが救助してもらいたい。
すみません、つまらない夢でした。

でもチャリィがささやきます。
「サブムライムの損失額は日本が10%以上、いやそれ以上・・・ 
またアメリカにやられた。」
50兆円前後が消えて損をし、日本列島に負担として残った。
どんな影響を及ぼすのか考えたくないが、確実に我々の生活が低下していく。



[E:sweat01]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-16 08:49 | お~い ニッポン | Comments(7)

c0340785_15274636.jpg
7/11放送の「たけしの誰でもピカソ」で北野たけしが南こうせつと
谷村新司 のギターとコーラスで懐かしのピーター、ポール&マリー(PPM)の500マイルを熱唱した。
その時の北野たけしの嬉しそうな顔は純だった。
彼にも特別な思いがあったのだろう。



私のPPMとの出合いは中学生の頃、出合いといってもレコードやTVでのもの。
当時はフォークソングブーム真っ只中、アメリカフォークのボブ・ディランやPPMは異文化のキラキラした音楽として少年だった私達を夢中にさせた。



c0340785_15274757.jpeg
さっそく、何年も前のLP盤とギターを出して歌う。
コードは確か Dで始めてBm、Emだったかなあ。
楽曲がとても心に優しい。
風に吹かれて、時代は変わる、パフ、花はどこへ行ったの など甦ってきた。
PPMから学んだことは実に多い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現在のPPM(イイおじいちゃんとおばあちゃんになっている。)
http://www.peterpaulandmary.com/



[E:notes]


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-13 11:34 | 音楽三昧 | Comments(2)

幻の巨匠 田中 保

c0340785_15274630.jpeg
洋画家・田中保(タナカ ヤスシ 1886−1941、54歳没)はアメリカとパリの画壇で活躍し、欧米で非常に高い評価を受けたが18歳で渡米して以来、一度も日本の土を踏むことなく、パリで亡くなる。それゆえ、日本では少数の人たちにしか知られていない存在である。


私が知ることになったのは、27年前の1981年、毎日新聞社主催の「故国に甦る幻の巨匠・田中保展」に運良く足を運べたからだ。

この年の2月に東京展と大阪展、3月に埼玉展が開催された。
なぜ埼玉でと思われるだろうが
田中保は岩槻市(旧:南埼玉郡太田町)出身なのだ。

c0340785_15274626.jpg

そしてこの偉大な画家の展覧会が、なんと現在、埼玉・加須市にある「サトエ記念21世紀美術館」で開催されている。
詳細は同美術館のHPを。
ちなみに8月31日まで開催されていて展示作品は主に裸婦画である。
紳士の皆様、美しい裸婦画に感動されるチャンス!
淑女の皆様も感動と共感?されること受け合いです。
http://www.satoe-museum.or.jp/


(フォトを見ると最近人気の 1.2.さぁ~ん という芸人さんに似ているが、髭を蓄えると皆あのようなお顔になる。

トムノグも田中保画伯のような髭をと常々思っている。)


by kokoro-tomnog2005 | 2008-07-08 14:16 | アートな日々 | Comments(4)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ