春の香り

c0340785_15282379.jpg



土曜の午後のひと時、近くの森林公園へ
菜の花の香りに素朴な子供の頃を思いだす。



コブシが綺麗に青空に向かって咲き誇っていた。
白色と薄桃色が眩しく光って。



c0340785_15282375.jpg



春の香りに誘われた僅か2時間のウォーキングだったが心身共にすっきりした。
チャリィも気持ちよく歩いた。
今は疲れてソファで寝ている。





by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-27 17:38 | つかのまウォッチング | Comments(2)

2010年 日本の家計簿

日本太郎一家の家計簿が本日公開されました。



給与収入 3,739,600円 に対して 家計支出 9,229,920円
5,490,320円も足りません。



そこで
虎の子の貯金をかき集めて 1,060,020円を充当し
さらに
生活ローンを 4,430,300円組みました。
ローン残債はこれで累計約8,300万円です。
こんなにローンが残って大丈夫かなあ。

主・太郎は言います。「親から借りているから大丈夫、返せないときはチャラにするから」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



<国は景気回復、デフレ脱却のための大型予算と言っています。>

身の丈にあった国づくりは考えられないのでしょうか。
虚勢を張らなければ世界の中で生きていけないのでしょうか。
小市民の私たちにはわからないことだらけです。



[E:sweat01]


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-24 18:43 | お~い ニッポン | Comments(3)

c0340785_15282286.jpg
 



これは1976年(s.51)、ブレッド&バターのアルバム「ライヴ」のジャケットです。
当時のテーブルを飾った品々が描かれています。
懐かしいですね。
作者はデザイナーのヨーガン・レールさんです。
パリ、ニューヨークで活躍し1972年に来日、そのまま日本に定住します。
今やヨーガン・レールのショップは全国主要都市で展開され、通好みのファッションとして高く評価されています。



ちなみにジャケット裏はブレッド&バターのふたりが描かれています。



c0340785_15282293.jpg


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-22 16:42 | ブレッド&バター | Comments(0)

c0340785_15282212.jpg



1932~1978 Irene Kral  (Jazz・vocal )



仕事に追われてくたくたになっちゃってる人
この人の歌を聴いてください。
静かに哀歓をこめて歌うバラード、1小節目から癒されます。
惜しまれ46歳の若さで亡くなってしまいましたが
今でもその人気は衰えません。
ちなみに私は名盤「Where is  Love」と
1977年東京で収録されたアルバム「ANGEL EYES」を
聴いています。



●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-19 08:53 | ジャズを聴く | Comments(0)

エディ・ヒギンズの魅力

c0340785_15282227.jpg



1932~2009 Eddie Higgins (Jazz・Piano )



疲れちゃってる人
この人のピアノ演奏を聴いてください。
哀愁を帯びて静かに流れるピアノの音にきっと癒されます。
昨年8月に亡くなってしまい、生演奏を聴くことはできませんが
レコード、CDで多くの作品が残されています。
ちなみに私は2003年東京で収録されたアルバム
「Yow Don't Know What Love Is」を聴いています。



●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-18 09:38 | ジャズを聴く | Comments(0)

一人称とのつきあい



皆さんは自分のことを何と言ってます。



私は小学生くらいまでは「ボク」でした。
中学生以降は強がりと自信のなさと葛藤の中でなんとなく「俺」になりましたね。
社会人になってからは、まさかボクや俺ではまずいので「私(わたし、わたくし)」になりました。



ただし生活の場面で変わりますね。
家の中では「お父さん」です。
自分で「お父さん」って言うのもおかしいけど。



もうすぐ孫ができそうなので
その時は「じいじ」「じいさん」「おじいさん」「トム」・・・
どれでしょうね。

私の友人たちで相変わらず「ボク」って言っている連中がいますけど
洒落ぽっく感じたり、うらやましく思うこともあります。
でも今さら「ボク」なんて恥ずかしくて私には言えません。


[E:cafe]


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-16 11:07 | コーヒーブレイク | Comments(2)

就職難を思う

大学生の就職内定率が相変わらずきびしい。
経済不況だから仕方ないの一言ではすまされない。
この時期に失う貴重な人材は再び容易に取り戻すことはできない問題をどうとらえよう。



国は世界的不況だからといってこのまま手をこまねいてよいはずはないが抜本的な政策は示さない。
ならば大学の有り様について考えてもよいだろう。
一部の大学では就職対策を1年次から取り組むところも出てきた。
さらに望むならベンチャーを志向する学生を育てることもひとつの策ではないか。
事業を立ち上げることは容易ではないにしても受け入れてくれる企業を探し続けて疲れて挫折するよりも遥かに夢と希望がある。
何もベンチャーは本格的な事業を模索するばかりでなくてスモールビジネスという道もある。
私などまさにスモール事業そのものだが社会や組織への依存心を捨てれば何でもできる。
結局、ない物ねだりは何も生むことはできない。

まだまだ続くであろう不況に立ち向かえる若者を育てることが肝要ではないだろうか。
努力されている学校も見聞するのでそんな分野をもっとクローズアップして若者たちに夢と希望を与えられる社会が築けたら良いと思うのだが。


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-15 09:33 | お~い ニッポン | Comments(0)

樹齢1000年逝く

鶴岡八幡宮(鎌倉)のシンボルとされていた大銀杏が倒れた。
石段脇の土壌が薄い斜面に立っていたこと、2月以降の雨で地盤が緩んでいたことに加えて雪交じりの強風(風速12m)が原因という。
以前から専門家の診断を受け、昨年末には保全に向けた検討をしていたというが間に合わなかった。
神職の一人は「あり得ないこと、驚いている」と言う。
保全検討をしていたが想定をしていなかった。

気象の変化は歴史遺産ともいえる古木をも消し去る。
樹齢1000年 お疲れさま と言うしかないのか。




by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-11 09:29 | お~い ニッポン | Comments(0)

気まぐれな雪

c0340785_15282178.jpg

昨日から降り始めた雪は予想を超えて積もった。
仕事柄、車移動が多いがこういう日はさすがに怖いので電車で移動する。
アポイントを多く入れなくて良かった。

どこにも出かけたくないが、A社と打ち合わせの約束があり外せない。
はたして電車はスムーズに動いてくれるだろうか。
春先3月に降る気まぐれな雪は思わぬ障害を生む。
北国の方々には笑われるだろうが首都圏は交通マヒだ。
まさか長靴を履いて出かけるわけにもいかない。




by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-10 09:47 | つかのまウォッチング | Comments(0)

LPレコードのジャケットは実に魅力的です。
中でも芸術意欲満々のジャケットは単なるレコードを収める袋ではありません。
サイズも眺めるのに丁度良く、美術館の絵画そのものと思えるほどです。
そんなレコードジャケットを紹介しているような本はないものかとずっと探していました。
そしたらありましたよ。
およそ10年前の1998年3月に発行された
「20世紀レコード・ジャケット傑作集」
これが池田満寿夫と佐藤陽子の監修というマニアックなもの。


c0340785_15282160.jpg


当時、3,800円で売られたものですが、
古本で1,000円で買いました。(傷もなく色やけもなく美品でした)
クラシック、ジャズ、映画音楽など約800枚が140ページにわたってコメント付で紹介されています。
美術家としての池田満寿夫、音楽家としての佐藤陽子の感性が思う存分発揮されていて楽しく読んで鑑賞できました。
レコードジャケットの魅力をあらためて認識できた本と思います。







c0340785_15282118.jpg


by kokoro-tomnog2005 | 2010-03-07 17:20 | コーヒーブレイク | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)