子供達は日本の宝です!


親を亡くした子供達を支援しよう。
あしなが育英会http://www.ashinaga.org/

日本の未来を託す子供達は日本の宝です。
震災で親を亡くした悲しみを持つ子供達へせめて希望が持てるような
支援ができたら幸甚です。

by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-31 19:13 | お~い ニッポン | Comments(0)

多くの人が動いている

大震災から3週間、とても長く感じられた。
この間、多くの人々が復興に向けて動いている。
自分も微力ながら義援金等の支援をさせていただいた。
でもまだ動き始めたばかりだ。
多くの行方不明者がいまだ発見にいたらない。
避難所生活で大変な思いをされている多くの方たちのケアも大事だ。
同時進行の復興の中で国民皆が心をひとつにして先に進まねばならない。



私も長期的視野にたって多くの人と同様にこの国の復興へ向けて努力したい。



●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-31 19:11 | お~い ニッポン | Comments(0)

孫 初めてのお泊り

    
テレビの子供番組を見る孫

9ヶ月になる孫を金曜日の夕方、長女の所から私が仕事帰りに我が家へ連れてきた。
ひとりでの初めてのお泊りだ。
最初は怪訝そうな顔をして母親を探している様子で今にも泣きだしそうだった。
しかし時間が経つにつれてだんだん笑顔がでて夕食を食べる頃には母親のことを忘れてすっかり我が家に馴染んだ。
就寝する際も特に困らせることもなく、夜中に一度ぐずっただけで朝までよく寝てくれた。

翌朝はごきげんな笑顔で起きて朝ごはんを食べて
じいちゃん(私のこと)と遊んだ。
長女とその旦那さんは初めて子供と離れてゆっくりできたようだ。
長女は「またお願いね!」なんて言ってた。

孫 初めてのお泊りは私と細君の心をたっぷり癒してくれた。
(自分と同年齢で孫のいる人はまだ少ないよ)



●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-28 17:53 | コーヒーブレイク | Comments(2)

私達にできること

被害のなかった私達にできること

①計画停電を理解し協力すること
②ガソリンや灯油買いに走らないこと
③自動車をなるべく使用しないこと
④日常品の買いだめをしないこと
⑤仕事、プライベート全般の時間を効率的に過ごすこと
⑥被災地への義援金等を実行すること
などなど

それぞれの現状に即した対応をすることが大事と思います。
昨日も一昨日も買いだめに走る人達、ガソリンスタンドに列を作る多くの車を見て感じた次第です。


●●●


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-18 10:33 | お~い ニッポン | Comments(0)

こんな人もいる

時事通信3月16日(水)4時56分配信


 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記は時事通信の全文です。
転載することに問題もあると思いましたが紹介せずにはいられません。
男性の勇気と志に敬意を表します。
私達も何かしなければなりません。
それぞれの出来る範囲で何かを!


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-16 10:14 | お~い ニッポン | Comments(2)

大震災に言葉がでないが

3月11日(金)午後2時40分過ぎだったろうか。
私はその日、自宅事務所のPCで書類を作っていた。
突然、がたがたと横揺れが始まりだんだん揺れが大きくなって
これはでかいぞと思わず口にした。
揺れはなかなか止まらず、隣の部屋にいるチャリィのことが心配になって駆けつけると
チャリィは私を見るなり凄い勢いで走り寄ってきた。
抱きかかえると震えていて相当おびえている。
チャリィと廊下の隅でじっと長い時間を耐えた。
細君は買い物に行っている。
瞬間、家族のことを思った。
すると携帯がなった。細君だ。無事だという。良かった。
その後も揺れは止まらず、すごく長い時間に感じた。
実際は3~4分だったろうか。
木造家屋の我が家は倒壊するのではと感じるほどの地震だった。
これほどの地震はかつて体験したことがない。

そしてその後、テレビで見る東北の惨状に目を疑った。
津波による壊滅状態の街の様子、全身の震えが止まらない。
大変なことになった。

犠牲になられた人たちの数も半端ではない。
3日経った今日も信じられない現実を受け入れることができない。
テレビの映像が酷に感ずる。
助かった自分たちに何ができるのか。
時間だけが過ぎていく。

今は一人でも多くの方が助かることを祈るしかない。
そして復興に向かう時、何かをしなければならない。
人としての心を動かさなければならないのだ。


c0340785_15283620.jpg


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-14 21:47 | お~い ニッポン | Comments(0)

大事な接客

         

c0340785_15283527.jpeg

           ランチ 850円

仕事柄、飲食店に入って昼食をゆっくりとることが少ない。
昨日は次の目的地まで時間が空いたので高田馬場のとある店で
フォトのカツコロランチを頂いた。
あらためて見ると粗末な感じもするがランチってこんなもんだ。
店は100席くらいあって洒落ているのに空いていた。

接客担当の女性は仏頂面でお手拭をテーブルに置く。
驚いた。お手拭が四つ折で台布きんのように置かれていた。
そして小さな声でご飯とキャベツはお代わりできると言った。

ランチの味は悪くなかった。店内も清潔だった。
でも接客の女性の姿は見えない。
ご飯のお代わりをしたかったが大きな声で「すみません」と呼び出すのは気が引けた。
お代わりせずに食べ終わってレジで勘定をした。

女性は「ア・リ・ガ・ト・ウございました」って小さな声で応えた。
外国人だった。
店が教育していないことがありありだった。
こんなことならコンビニのおにぎりでもよかった・・・[E:sweat01]


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-10 10:09 | 飲んで食べて | Comments(2)

救国内閣 いいと思う

私はどの政党にも属していないし、かつて支持したところもないが
あえて今の政治の状況に苦言を呈したい。
国会は対立場面ばかりで国の将来をどうしたいのかという声が聞こえてこない。
与党もだらしないが野党も現政権を壊すことばかりに集中して国家の施策を論じていない。
そんなことをやっている場合か。

そんな中、亀井静香議員が官民挙げて一致団結して「救国内閣」を唱えた。
この人も元々は勝手な人だがこの国家の危機に立ち向かう姿勢を示したことは評価したい。

とにかく財政をどうするのか、社会保障をどうするのか、経済をどうするのか、教育をどうするのか、防衛をどうするのかなどなど待ったなしの問題が山積しているのだ。
とりあえず国が破綻することがないような策を講じることが緊急の仕事なんじゃないの。
税金泥棒と呼ばれ始めている国会議員の皆さん、永田町ゲームはもう止めてくれ。

しばらくは救国内閣で国家を救い、落ち着いてから与野党論議をしてもらいた。

[E:sweat01]

<PS>
1日経ってから少々気になることが
実は国会議員の皆さんは国の将来について大変心配していて大議論を交わしているのではないかということ。
TV、新聞の報道が偏っているのではないかといこうこと。
いったい本当のところはどうなのか一国民にはわからない。
但し政治が停滞していることは間違いない。[E:sad]


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-08 23:09 | お~い ニッポン | Comments(0)

小旅行 相模湾を行く

         

c0340785_15283407.jpg

         小田原厚木道路、大磯付近からの富士山

急に思い立って土日は真鶴へ出かけた。
チャリィも一緒に泊まれて暖かいところを選んだ。
真鶴には中川一政美術館があり、かねて行ってみたいと思っていたので
グットタイミングだった。

         
c0340785_15283403.jpg

             湯河原梅林 

まずは知人お薦めの湯河原梅林へ。
山ろく斜面に見事に映える梅の花が心を癒す。
聞けば4千本とか、ちょうど見ごろで来週には散り始めるという。
なかな絶景だった。

         
c0340785_15283495.jpg

            中川一政美術館

真鶴半島中間地に位置する今回お目当ての美術館へ。
時間帯が良かったのか人も少なくゆったり作品を鑑賞できた。
親切な館職員の男性が作品の背景を説明してくださった。
97歳最後の作品のこと、創作額装のことなど資料に掲載されていない興味深い話が聞けて
さらに深い時間が過ごせた。

c0340785_15283580.jpg

ポストカード 「福浦突堤」50号F     「薔薇」25号P

気に入ったポストカードを購入した。
他に運良く「随筆・写生道」「生誕百年記念誌」を入手できた。
これを機にあらためて中川一政の足跡を辿ってみよう。
質の高い作品と美術館に私も細君も感激した。
真鶴まで来た甲斐があった。
http://www.town-manazuru.jp/museum/


         
c0340785_15283566.jpeg

         今日の宿 「一望閣」

古い建物だが清潔で中高年や犬連れには満足のいく宿だった。
温泉でゆっくりした後、海の幸たっぷりの夕食と熱燗をいただき海風の香りをかぎながら
ゆったりした一夜が過ごせた。

翌朝は早起きして近くを散策した後、朝食をすませてチェックアウトし真鶴半島先端へ。
対岸には湯河原、熱海、伊東が見える。
晴天だったのでその反対側には、はっきりと三浦半島、房総半島が一望できた。
春の海の爽快さを感じる。

さて2日目のお目当て茅ヶ崎市美術館へ。
西野久子先生の作品や資料を入手したかったがあいにく展示作品はなく、さらに画集等の文献も売り切れとなっていた。(残念)

c0340785_15283535.jpg

ポストカード
西野久子  「サンゴ礁の道」 と 「薄色の夕暮れ」

しかし「椿、咲く」という企画展の最中で椿を題材にした作品60点あまりが展示されていた。
所蔵はすべて、あいおいニッセイ同和損保(株)(元:大東京火災の所蔵)のものだが企業内に秘蔵することなく積極的に貸出し公開しているという。
バブルの頃、大企業がこぞって買った美術品のほとんどが倉庫に眠っている現状だがこうして公の施設に無償で公開することは企業文化、社会貢献の意味から評価できることと思う。
        
c0340785_15283545.jpg


美術館を後にし鎌倉あたりで昼食をと思い湘南海岸沿いの134号線を走る。
茅ヶ崎、藤沢、江ノ島、逗子の海岸沿いの様変わりに驚く。
30年近く、この沿道を訪れていなかった。
新しいサーフボードショップ群、マンション、外食レストラン、ラブホテルなど30年前にはなかった光景だ。
湘南音楽のサザン、ユーミン、チューブ、ブレバタなどは今の光景には合わない感じがした。
細君も同様に感じたらしく、三浦半島方面に変更するが葉山を過ぎて三崎、横須賀まで行くも、どうにも気分が乗らなくなって帰ろうということになった。
湘南ってこんなんだったかな・・・[E:sweat01]

それでも1泊2日の小旅行は十分楽しめた。
気分転換もできて少し活力が出てきたような気がする。


[E:shine]


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-07 15:45 | つかのまウォッチング | Comments(4)

音を楽しむ

          

c0340785_15283424.jpeg

            見事なスピーカー

先週の日曜日(2/27)に宇都宮でブレッド&バターのライブがあった。
ライブは夕方からだったので
宇都宮のファン仲間が那須塩原に凄いオーディオ機器を揃えたカフェがあるから行こうと誘ってくれた。
レコード好きの仲間が7人も集まってお目当ての「shi空カフェ」を目指す。
到着して驚いた。
住宅街の中にある見かけは住宅、まさかここが音楽カフェとは・・・
ところが中に入ったらフォトのスピーカーがで~んと待ち構え、向かって左には真空管のアンプが勢ぞろい、うひゃあ すごい!

圧倒されながら、いつのまにか持参したレコードをかけていただく。
自分はジム・ホールのアランフェス協奏曲のLPを。
いやいや音質がいい、柔らかい音、硬い音をご主人がスピーカーごとに出してくれた。
自宅で聴いているレコードプレーヤーは何って感じ。

音を楽しむってこういうことなんだ。
いいプレーヤーとアンプとスピーカー
それも半端じゃないこだわりよう。
なんと表現したらいいだろう、本物の音の発見っていうのだろうか。
心身共にリラックスしつつ気持ちが高揚していた。

美味しいコーヒーとケーキのセットがわずか700円
しかもおまけまで頂戴して2時間があっという間に過ぎた。
近ければ毎週行きたい。
商売抜きで本当の音と優しい心を提供してくださるご主人と奥さん。
こんなあったかい人がいるんだぁ !
いろいろな心のお宝をいただいた。

http://plaza.rakuten.co.jp/MSshinku/

[E:notes]
でもって夕方のライブに行ってライブ自体はいつものとおり満足しましたが
アンプとスピーカーの 「音、悪ぃ~なあ」って感じた次第です。[E:sweat01]
shi空さんの音が凄すぎたわ![E:shine]


by kokoro-tomnog2005 | 2011-03-04 18:31 | つかのまウォッチング | Comments(2)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31