<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0340785_15285332.jpg



TVのアド街で紹介された小鹿野(埼玉)を訪ねました。1/28(土)
フォトは評判の「わらじカツ丼」
カツが2枚ものっていて、しみ込んだタレが程よい美味さでした。
また食してみたいと思う一品でした。

c0340785_15285307.jpg

札所32番「法性寺」
1712年建立の山門は威厳があって立派でした。


c0340785_15285426.jpg



山門から何段も登ったところに観音堂がありました。
こんな高いところに1707年に建立したというから驚きです。
心洗われ、週末の良いひと時が過ごせました。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-01-29 11:12 | つかのまウォッチング | Comments(0)

個人コレクションの行方

絵画蒐集を始めて7年の歳月が流れた。
油彩を中心に70点くらいあるだろうか。
家や会社の事務所に何点か定期的に飾り換えしてささやかに楽しんでいる。
特別なテーマもなく感性だけで集めてきた。
しかしこのまま続けたら蒐集ではなく、ただのしまりのない収集に終わってしまう。
小さな自己満足だけでコレクションを保有していていいはずはない。

私のようなサラリーマンコレクターは企業や事業家、資産家、美術館などの購入とは
次元が違う。
まず資金がない。わずかな小遣い銭の中でやりくりしている。
従って美術館や企業が所蔵するような大家の作品は持てない。
いろいろなオークションや古物店、画廊などで稀少作品を探す。
初期時はつまらないものも入手したが時と作品の数が眼を肥やした。
この頃は作品の価値と購入額のバランスがわかってきた。
今が一番おもしろい時期なのかもしれない。
でも・・・

このまま取り止めもなく蒐集したら大変なことになるという思いが強くなった。
いよいよ個人コレクションの限界を感じ出したのだ。
まだ70点くらいだからよいものの100点を超えたらそれこそ自分ひとりの手に負えなくなる。
どう方向付けをしていったらよいものか思案しなければならない。
そう思いながらも、また魅力ある作品を見つけてしまった。



by kokoro-tomnog2005 | 2012-01-24 10:43 | アートな日々 | Comments(0)

歩く

c0340785_15285318.jpg



仕事の移動はほとんど車です。
そのためかメタボ気味でここ何年も身体が重いこと・・・
そんなこともあってダイエットしなきゃぁ なんて漠然と思っておりましたが
年明け体調がすぐれないのでようやく重い腰をあげて軽い運動(歩く)を心がけるようにしました。

今日は少し時間にゆとりがあったので電車と徒歩で約8キロを移動しました。
「ヤッホー」と叫ぶ少年像がある坂下から上板橋まで
車移動ではお目にかかれない鳩の群れに会ってちょっと感動 

c0340785_15285390.jpg

c0340785_15285367.jpg


とても寒く幹線道路の歩道を歩いている人なんていません。
c0340785_15285360.jpg

約1時間、歩くって気持ちいいですね。
毎日これだけ歩いたらさぞやスマートになるでしょう。[E:coldsweats01]
そんなゆとりの時間が欲しいなあ。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-01-16 18:15 | つかのまウォッチング | Comments(2)

いい出会いだった

c0340785_15285264.jpg


柚子を買いにときがわ町に行きました。
車を走らせていると牧場が目にとまりしばし見学しました。
すると一頭の馬が私達の目の前まで来てまるで挨拶でもするかのように顔を近づけてきました。
あまりにも愛らしかったので顔をなでました。
落ち着き払った馬はこちらを静かに見つめ何かを語りかけているようでした。
あとで調べてみると競走馬や乗馬用の馬の養老牧場なんだそうです。
いわば老人ホームのような。
それにしても素晴らしい馬でした。
人に限らず動物とのいい出会いも心揺れる瞬間です。
また会いに行きたいと思います。

ところで柚子はこちら
         
c0340785_15285267.jpg

お風呂に入れて柚子風呂を楽しみます。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-01-14 18:06 | つかのまウォッチング | Comments(0)

年頭に思うこと

c0340785_15285252.jpg

新年の「時の鐘(埼玉・川越)」



世界不況、政治の混迷、行政の限界など新年も明るい兆しが見えない。
昨年3月の東北大震災は多くの人々の心にいろいろな影響を与えた。

社会は自助7割、共助2割、公助1割で成り立っていることをあらためて認識する。
災害に限らずさらなる経済不況は私達の日常を徐々に制限するだろう。
そうした状況下での親族の結束はとても重要である。
自助7割、共助3割で乗り切らざるを得ない。
もちろんやむ得ない事情で自助が発揮できない人々には共助と公助が十分に必要なことはいうまでもない。

時の鐘は告げる。
「自助、共助、公助のバランスの良い社会へ進め」と・・・


by kokoro-tomnog2005 | 2012-01-06 10:34 | お~い ニッポン | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ