絵画コレクターの眼

      

c0340785_15290505.jpg


市民派絵画コレクターの集まりである「NPO法人あーと・わの会」という団体がある。
その団体からこのたび凄い本が出版された。
会員は65名だがうち35名による153点のコレクションを図録にしたものだ。
コレクションの内容は稀少なものばかり。
会員の多くは埋没、忘却作家の作品をこまめな活動を通して蒐集、新発見の内容もあって
作者の背景がさらに分析できたものもある。

私はこの図録を毎日1作品づつ丁寧に見ながら目利きの勉強をしている。

世間では絵画を経済価値で計る分野も多く、どちらかというと「絵画を見る」というよりも「作者の名前を見る」傾向がある。
それは眼で見ているのではなく耳で見ているといわれる。

その点、この図録は「眼で見る」というコレクターの姿勢がよくわかる。
私もその点を見習って蒐集した作品の検証をしたいと思う。
絵画の奥は深い。



*図録の詳細、団体の内容は
 http://www.geocities.jp/wa_nokai/index.html






by kokoro-tomnog2005 | 2012-06-28 09:25 | アートな日々 | Comments(0)

昭和のラーメン

                  

c0340785_15290486.jpg


過日(6/12)、大塚へ仕事で出向いた際に80歳代の老夫婦が営む食堂でラーメンを頂く。
昼時、客は私を含め4人
それぞれ カレー、野菜そば、オムライス
どれも美味しそう!
就活中と思われる黒のスーツを着た女子大生は帰り際に「とても美味しかったです。また来ます。」と言って深々と礼をして出て行った。
就職決まるといいね。

ラーメンはわずか500円、とっても美味しかった。
食べ終わって何故か目頭が熱くなった。


                  

c0340785_15290542.jpg
 
この店は以前、テレビで紹介されたことがある。
だから行った訳ではないが。
偶然、通りかかった場で昼食時間だった。
「お食事」の看板文字に惹かれた。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-06-14 09:19 | 飲んで食べて | Comments(0)

24年前の美術館のちらし

     

c0340785_15290492.jpg


書類を整理していたら24年も前の美術館のちらしが出てきた。
88年8月、埼玉県立近代美術館で開催された企画展「ラプソディ・イン・パリ」
それまで十分に紹介されていなかった画家・田中保の足跡を辿るもの。
これは観にいった記憶がある。
前職で美術館建設の研究調査をしていた時のものだ。


     
c0340785_15290413.jpg


田中以外にパリのサロンで活躍した伊原宇三郎、萩谷巌、中村義夫などの作品も紹介された。
確か図録も購入したはず、どこにしまい込んだかなあ。
探してみよう。貴重な資料であることは確かだ。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-06-10 16:29 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_15290422.jpeg


押尾コータロー デビュー10周年のベストアルバム
これは最高!

特にDisc1はこの10年間を知る人には涙もの。
No.5の「Over Drive」にいたってはああ、あのコンサートで聴いたなあ!って爽快に思い出す。






by kokoro-tomnog2005 | 2012-06-02 10:31 | 押尾コータロー | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30