アンパンマン人気の秘密

c0340785_15291079.jpg


2歳になる孫はアンパンマンひとすじだ。
アンパンマンに登場する他のキャラクターも大好き!
バイキンマンも。

アンパンマンの原型は1969年に遡るという。
1975年頃から子供向けのキャラとして人気を呼ぶ。
長いですね。
40年も愛されている。
すごいことです。

まずアンパンマンの顔が実にいい。
そして悪役のバイキンマンは本当は悪い奴ではないのです。
物語が平和で愛に満ちている。
これが長い間、若いママ&パパと子供たちに支持されている所以なのでしょう。

私も今すごくアンパンマンを意識しています。[E:sweat01]


by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-28 21:46 | お~い ニッポン | Comments(0)

第34回風土展に行く

c0340785_15291035.jpg

2012年9月17日(月)~9月23日(日)
10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
東京セントラル美術館:入場無料
中央区銀座2−7−18 銀座貿易ビル5F

<出品作家>
悳 俊彦(いさお・としひこ) 藤田清照(ふじた・きよてる)
林 清納(はやし・きよの)  木場隆晃(こば・たかあき)
小田切訓(おだぎり・さとし)  岡崎忠夫(おかざき・ただお)
鈴木延雄(すずき・のぶお)  多田博一(ただ・ひろいち)
竹内康行(たけうち・やすゆき)  塚越仁慈(つかごし・ひとじ)

錚々たる作家10人の展覧会です。
これほどの作家の作品が一堂に会することは希少と思います。
会場は広くゆったりしていて作家さんたちと気軽にお話ができます。
23日(日)まで開催、無料なのでお時間のある方は出かけられたらいかがでしょうか。
魅かれる絵画との出会いが待っているかもしれません。


自分は昨日伺いました。
悳先生と「武蔵野原風景」についてお喋りしてきました。
先生はクラシックギターの奏者であり浮世絵とクラシックレコードのコレクターでもあります。
レコードは1万枚あるんだそうです。
絵画と音楽の双方に特異な能力を持つ作家としてあらためてその魅力を感じました。

c0340785_15291009.jpg

「残菊武蔵野」 悳 俊彦


c0340785_15291082.jpg


「堤防への道」 悳 俊彦


c0340785_15291061.jpg


「白い工場」 悳 俊彦    


by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-20 10:18 | アートな日々 | Comments(2)

新聞配達の少年像

c0340785_15291038.jpg

有栖川宮記念公園(港区・南麻布)にある新聞配達の少年像
先に都立中央図書館に立ち寄った際に目にとまった。

彫刻家・朝倉響子(1925−)作
昭和33年に日本新聞販売協会をはじめとする関係団体が働く少年の保護育成の推進を目的に建てたという。

像の台座には下記の文句が書かれていた。
この時代は小中学生が新聞配達をしていた。
その少年少女たちも今や60代、70代だ。
苦労の時代の象徴だと思うが今や眺める人は少ない。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-18 11:01 | お~い ニッポン | Comments(0)

敬老の日に思う

c0340785_15291056.jpg
義理の両親、86歳の父と84歳の母。

遠く210㎞ほど離れて住む。
我が日々の暮らしが平穏なのは親のおかげ。
いつまでも健康でいてほしいと願う。


*私の両親は母が86歳、姉夫婦と同居し健在。
  姉夫婦には感謝の気持ちでいっぱいだ。
  父は3年前に87歳で天国に逝った。


by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-17 10:23 | コーヒーブレイク | Comments(0)

メガネが合わない

            

c0340785_15290921.jpg


長年愛用してきたメガネが合わない。
眼が疲れる。
肩が凝る。

このメガネはフレームが小さいのでこめかみをしめつける。
顔の大きさに合わないのだ。
顔がでかいということは太ってるってことか。
メガネが悪いのではなく顔のでかい自分のせいだ。

でも合わないメガネはつらい。
もう少しフレームが大きくて、でかい顔にも優しいやつに変えようか。
眼の度数も変化しているし。

どうでもいいつぶやき・・・






by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-11 10:34 | コーヒーブレイク | Comments(2)

美術館で額縁を見る

    

c0340785_15290947.jpg


美術館の絵は絶対手に入れることができないからつまらない。
どんなに高名な絵でも感動は薄い。
しかも監視がきびしく、ぐっと近寄って見ることができないから親近感がわかない。

自分が美術館に行く目的は額縁を見るためといったら笑われるだろうが本当はそうなのだ。
名画の額縁はそれは素晴らしいが個人の家にはもちろん相応しくない。
額縁自体が特別な装飾なのだ。
しかしごくたまにとてもシンプルなものがある。
そんな時は絵と額縁を凝視してしまう。
じっと見入って一体感を探す。

美術館に行って絵をあまり見ず額縁に見入っている姿はちょっとおかしい。

by kokoro-tomnog2005 | 2012-09-05 08:54 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30