これは なに

c0340785_15292456.jpg
これは なに

小粒の甘いみかんでした。
この紙の中で育ったということですが本当ですか。
c0340785_15292449.jpg

by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-24 18:05 | 飲んで食べて | Comments(0)

c0340785_15292308.jpg


気持ちよく寝ています。
もはや野生の血は引いていません。

庭を悠然と歩く猫にも気づかず・・・



by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-22 09:10 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

小4の素描画

親戚の小学4年生(10歳)の少年が数分で描いた絵です。

c0340785_15292395.jpg
c0340785_15292394.jpg
c0340785_15292310.jpg
誰が教えたわけでもないのに陰影をつけている。

この子はいいものを持っている。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-21 17:05 | アートな日々 | Comments(0)

風じん

c0340785_15292326.jpg



昨日、車で移動中に激しい風じんにあって危ないと思い運転を断念。
しばらくパーキングにて様子を見ましたがやむ気配なくゆっくり運転を再開しました。
低速走行でしたが時折、強風に車があおられました。
今日も同じようなので電車で移動します。

それにしてもここのところ自然の猛威に驚くことばかりですね。




by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-14 11:00 | お~い ニッポン | Comments(0)

遊ぼうよ 愛犬の顔

c0340785_15292331.jpg


朝からこの顔です。
「遊ぼうよ」って




by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-13 10:41 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

古沢岩美は第2次大戦で中国に従軍し過酷な戦争体験をしている。
その激戦の地から家族や友人、知人に宛てた手紙がこの本となった。

      

c0340785_15292257.jpg

「軍事郵便」 1996年発行 美術の図書・三次企画 

軍事郵便はその性格上、軍により規制されていたので言いたいことは書けないが古沢の手紙はあたり障りのない文章と戦地の素描画を書いたものでかえって悲哀を感じさせる。
この本に掲載された手紙は家族や友人が大切に保管し後に古沢に渡したものである。

他の書籍資料から古沢がどれほど戦争を憎み反戦画家となったかは知っていたがこの軍事郵便からさらに静かに戦争への怒り憎しみを感じとることができた。

エロチックな裸婦画の代表のようにいわれているが本質は全く違う。
戦争により失ったものへの悲しみを避けて通るようなエログロにあえて挑んでいったのが古沢という画家だったのだ。



       

c0340785_15292242.jpg

軍事郵便に掲載されている写真

左があの岡本太郎、右が古沢である。
戦火の中で出合った互いに知り合う画家同士が何を語ったかはいうまでもない。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-12 19:42 | アートな日々 | Comments(0)

      

画家・古沢岩美(1912−2000)の美術館が開館したのは1975年(昭和50年)である。
熱心な支援者だった当時の東洋信販・社長の大谷昭雄が山梨県の富士を望めるリゾート地に建設したものだ。
作品も相当な数だったらしい。
記念して作られた美術館カタログには油彩74点、水彩5点、デッサン18点、版画34点、陶磁器16点の147点が掲載されている。
美術館は画家の集大成ともいえる殿堂だった。

しかし1981年(昭和56年)に東洋信販が会社更生法を申請し破産。
その後、1989年には事実上の閉館となってしまった。
古沢ファンとしては痛恨の極みであるが大量の作品がどう散失してしまったのか気になるところである。

フォトの美術館月報99号は1983年10月に発行されたもの。
これら月報がいつまで発行されたか不明だが貴重な資料であることはいうまでもない。
先日、奇跡的に古書店で150部あまりを発見し身震いをした。
号毎に画家の紹介や他の美術批評記事が満載され充実している。
これだけの資料に再び出合うことはない。
手ごろな価格であったことも幸いして入手できた。
これらの資料から1975年に遡って画家の辿った道程をあらためて知りたいと思う。

希少な資料は時として作品以上の価値を持つことがある。




by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-12 17:32 | アートな日々 | Comments(1)

なんっすか

c0340785_15292214.jpg



この頃、名前を呼ぶと「なんっすか」って感じでこちらを見ます。
何かを期待してるようです。



おもちゃで遊ぶとか
美味しいものが食べられるとか
散歩に行けるとか



ただ呼んだだけだと
がっかりした様子で座りこんで目をつむります。
24時間中20時間くらい寝ているチャリィはさぞや退屈なんでしょうね。



遊んでやりたいけど・・・





by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-12 15:28 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

チャリィ 花粉症か

チャリィもついに花粉症か
可哀そうだと思ったが勘違いだった。

ただ眠いだけだった。


ちなみに犬や猫も花粉症になるらしいです。
  チャリィもその気があるようなので加湿器と空気清浄機をフル回転させています。
  というのは冗談で自分のためにです。
 今年、20年ぶりに花粉アレルギー症が復活してしまいました。
 眼と喉がかゆいです。


by kokoro-tomnog2005 | 2013-03-11 09:48 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31