<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0340785_15294855.jpg
ランチにとんかつ定食を食べようと思うとだいたい850円から
1,000円くらい。
しかしフォトのとんかつは驚きの690円から。
しかもご飯と味噌汁はお代わり自由。

仕事で神田小川町方面へ行く機会が多いがランチ時はどこの店も満席。
サラリーマン、OLの数がすごい。
かつボリュームのあるものを食べたいがなかなか手軽な店が見つからない。

でも見つけました。
神田小川町交差点にある「とんかつ69」
価格以上の満足感間違いなし。

また行ってみようと思う店でした。
c0340785_15294840.jpg

by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-26 10:04 | 飲んで食べて有頂天そして | Comments(0)

川瀬巴水・川越展に行く

c0340785_15294789.jpg
東京二十景「馬込の月」 木版画(昭和5年) 

川瀬巴水については新版画の大スターであり284点もの作品が一堂に集まる展覧会は今回のシリーズが最後になるかもしれない。下絵の水彩や画帖など希少な資料もみることができ勉強になった。

しかしこの川越展は作品を鑑賞するだけではなく版画作品が出来上がるまでの実演があり、こちらも貴重な機会で楽しみにしていた。
c0340785_15294758.jpg
8月23日(土) 「版画の摺り実演」の講演(10:30~12:30)

解説:渡邊章一郎さん(なんでも鑑定団、渡邊木版美術画舗代表)
実演:渡辺英次さん(渡邊木版美術画舗摺師)

渡邊さんの詳細な解説は素人にもわかりやすく巴水のエピソードも交え楽しくしていただきました。木版ビジネスの第一人者だけのことはあります。

摺師さんの手さばきが見事で緻密な作業に驚きました。時折、実務的な説明を自身がしてくれ木版の職人世界へ導びかれました。
2時間はあっという間でした。
普段は1作品100枚ほど摺るということですが、本日の講演ではフォトの「馬込の月」を4枚摺りました。1枚あたり6枚の版木を使って摺っていく作業はとても大変です。
素人には想像を絶するほどの細かい工程で100枚摺る場合は1か月くらいかかると言われていました。
摺り15枚目くらいから出来も良くなるとのお話し参考になりました。
浮世絵版画のあとの新版画の時代作品もとても魅力のあるもので巴水にとどまらず多くの作家の作品を探し求めたいと感じました。

とても良い企画展で充実した土曜日が過ごせました。



帰りは鳩山で久しぶりの蕎麦をいただきました。
c0340785_15294731.jpg
手打そば「満作」 評判のお店です。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-24 11:31 | アートな日々 | Comments(0)

お盆休暇は西伊豆で

c0340785_15294734.jpg
先週末のお盆は西伊豆で過ごしました。
埼玉から圏央道が東名の海老名まで開通したので
移動時間が大幅に削減しました。
埼玉西から西伊豆まで3時間で行けるようになりました。
c0340785_15294788.jpg
ここは西伊豆の穴場
黄金崎です。
岩場が馬に見えると評判です。
海も透明できれいでした。

日常は都会の喧騒の中で仕事をしているので
この静寂な空間はとても穏やかになれ、羽をゆっくり休ませることが
できました。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-19 16:21 | つかのまウォッチング | Comments(0)

猛暑に耐える

c0340785_15294783.jpg
連日の猛暑にまいっている。
道路上は40度を超えている。

愛犬チャリィも暑さに弱く、散歩から帰るとハアハァいっている。
エアコンをつけて28度くらいの部屋にいるが
どうもそれが快適というわけではないらしい。

私が留守中の隣のエアコンのきいていない30度を超えている部屋で
こんな風にじっと寝ていることが多い。

ひとりでじっと猛暑に耐えている。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-06 10:39 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

ありのままのぉ~♪

c0340785_15294792.png

愛のままのぉ~♪  だと思っていたら
ありのままのぉ~♪ だった。

4歳の孫娘が口ずさんでいた。
「ありのままのぉ~♪」


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-05 08:11 | つかのまウォッチング | Comments(0)
c0340785_15294691.png

額縁が古くて塗装も剥がれ、良質の作品も台無し。
人の服もそうだがいくら良いものでも古ぼけていると見栄えが悪い。
ちなみに額の外側縁は茶系に見えるが白系の塗装が剥げたもの。
元々は白一色だったと思われる。
内側縁の化粧部分は極薄の茶系だ。

新しい額縁に入れ替えようと思ったが
こういうレトロ感あふれる落ち着いた額縁はどこにもない。
なんとかならないものかと思案した結果、塗装を施すことにした。
幸い最近は多様な内装塗料が手軽に入手できる。
いろいろ探しまわったら「水溶性のアクリル絵具」が見つかった。

c0340785_15294648.jpg

わずか30分ほどで完成。

c0340785_15294697.jpg

レトロな雰囲気はなくなったが新しい服を着たように作品が映えた。


ちなみに作品は
物故巨匠の鶴田吾郎(1890~1969年)の水彩画です。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-02 10:56 | アートな日々 | Comments(0)

プチ家庭菜園

c0340785_15294638.jpg
我が家の狭い庭でプチ家庭菜園
茄子とピーマン
良くできました。


by kokoro-tomnog2005 | 2014-08-01 08:33 | コーヒーブレイク | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)


by トムノグ