梟の銅版画

人気版画家・生田宏司氏の「梟」銅版画に魅かれる。

生田宏司氏は、友人T氏の高校時代の同窓生。奇妙な縁を思う。
梟は、しばらく会ってないT氏の雰囲気を感じる。
梟の眼、堂々とした立ち居。

自分もそんな感じを醸し出したい。




by kokoro-tomnog2005 | 2017-02-19 10:04 | アートな日々 | Comments(0)

目の寄る所へ玉も寄る

自分が子供の頃、母が口癖のように言っていた。
「目の寄る所へ玉も寄る 」

類は友を呼ぶ

だから付き合う人を選べと遠回しに教育された。
歳を重ねるにつけ、その通りと思う。
おかげで自分を取り巻く人間関係は良い部類である。

たまに暗い、マイナス思考、貧乏臭い、怒りぽっい人たちに出会うが第一印象で判断して遠ざかるようにしている。

大事な生き方、母よ良く言ってくれた。
自分を律し、そして自分を律している人と交流する。
大事な生き方である。


by kokoro-tomnog2005 | 2017-02-15 13:04 | 人の生き方 | Comments(0)

神経質な美術館

c0340785_10431225.png
昨日、幼稚園に行っている孫を連れて美術館に行きました。
孫は、初美術館に大興奮。
絵を描くのが好きであり、興味深々でした。

ある作品の近くに寄ってこれはこうでと指差ししながらそれは楽しそうでした。
しかし背後からの嫌な視線を感じ、見ると美術館の監視員です。
きびしい眼でじっとこちらを見ています。
「触るなよ」と言いたそうです。
触るわけないでしょ。
楽しく鑑賞しているのに水をさします。

もう一つ、私が気に入った作家の名前を手帳にメモしようとすると鉛筆を持ってきてこれで書いてくださいと。
もう書き終えたし、作品に書くとでも思ったのでしょうか。

臨機応変な対応ができない監視員。
まだ経験の浅い人かな。
あまり神経質だと観る側に伝わります。

ちょっとだけ嫌な気持ちが残りましたが、残念ながらこれは日本の美術館標準なんですよね。
芸術が育たない一つの要因かもしれませんね。






by kokoro-tomnog2005 | 2017-02-13 10:44 | アートな日々 | Comments(0)

c0340785_11055205.jpg
「ナポリ風景」油彩画 F10 1968年作
別府貫一郎(1900~1992)
個人コレクション

1968年のナポリの一風景だ。
画家がどういう思いで描いたのだろうか。
じっ~と見ながら勝手な想像をする。

手前の重厚な建物と奥に見える半島が心をくすぐる。
そう、こんな風に単純に見るのが気楽でいい。

ここに作者の略歴や生き様や絵の技巧など多くの説明が入ると絵の見方が変わってしまう。
見る側の好意や偏見が入り混じる。

学芸員や画商は仕事だからいろいろな味付けをしなければならない。
しかしそれは先人たちの評価を基礎にした資料などから得た知識だから聞いていてもおもしろくない。

コレクターの中にもやたらと薀蓄を語りたがる人がいる。
じゃあ、その絵のどこがいいのと聞きたい。
あなたの感性はどれくらいなのか。

絵を見るのに多くの言葉はいらないと思うが。







by kokoro-tomnog2005 | 2017-02-09 11:25 | アートな日々 | Comments(0)

空前の猫ブーム

c0340785_09330136.png



今や、空前の猫ブームだ。
仕掛人は、若い女性たちだという。

絵画では、以前から猫展的なものは開催されている。
しかしこれほど熱狂的ではなかった。

ペットの数も犬に匹敵
絵画やアクセサリーでは、犬のそれをはるかに凌ぐ。

猫の癒し感は、他のペットとは一線を画すらしい。
ただ可愛いだけではない。
猫のもつ、冷たさや妖しさの魅力が輪をかけるのだろうか。

よくわからないが空前の猫ブームであることは確かである。






by kokoro-tomnog2005 | 2017-02-09 09:41 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30