落描きシリーズ

c0340785_08013312.jpg

チャリィを描く
13歳2ヶ月
老いてさらに愛らしくなり
意思疎通もバッチリ






# by kokoro-tomnog2005 | 2016-10-13 08:00 | アートな日々 | Comments(0)

落書き曜日

月初めの土日はゆとりがある。
こんな時は、落書きだ。


c0340785_12261408.jpg



ダンボール紙に愛犬チャリイを描く。
今まで処分するダンボールは、すべてゴミ。
しかしもったいない。
かねてからこれはちょうどいいキャンバスになると感じていた。
画用紙とは違う質感、デコボコ感がいい。

水彩、油彩、クレヨンなんでもok。
まずは濃い鉛筆で自由に。
これで終わりにしようと思ったが色づけしたくなった。


c0340785_12262758.jpg


アクリル絵の具で。
塗りすぎた。
孫娘のためにメルヘン調に。
オネエ系のチャリイになってしまった。


ダンボールに壁紙を貼ってフレームを作り、絵に額縁風にして付けた。

素材はすべて捨てる寸前のダンボール紙。

子供たちに教えてあげたいな。

c0340785_12263982.jpg



大人の下手な図工だが楽しい2日間がすごせた!
リタイアしたら毎日落書きができる。









# by kokoro-tomnog2005 | 2016-10-02 12:35 | アートな日々 | Comments(0)

愛犬ぴょん

孫娘(6歳)のところの 愛犬 ぴょん 1歳 ♂
ぴょんぴょん跳ねるので ぴょん
私のことも覚えてくれ寄ってくる。

c0340785_15240259.jpg

かわいい!



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-09-29 15:40 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

c0340785_10311969.png
いよいよもってサッカー日本代表男子が危ない。

日本は、選ばれていない選手も含めてアジアからならW杯出場できる能力が十分あると思う。

しかしどうだ。
アジア最終予選のUAE、タイとの戦いぶりはひどい。
選手のプレーは自信なく地に足がついていない。
適材適所、相手によって戦術の使い分け、かつ選手の自主性など どれも活かされていない。

原因はひとつ
管理監督者の能力不足によるものと断言したい。
柔軟な取り組み、冷静な判断、選手の管理術 不足な点が多すぎる。
すぐにでも監督を代えたほうが良い。

経験ある著名な外国人監督でなくてもいい。
選手の「起用術」ができる若手の監督候補が日本にもいるじゃないか。
将来性のある日本人監督のもとでチャレンジした方がどれだけ意義があるか。
それで仮に本戦出場ができなかったとしてもステップアップはできる。
このままでは、いつまでたっても日本人監督は生れない。

眼を覆いたくなる現状は最悪と言いたい。



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-09-07 10:49 | 蹴球というスポーツ | Comments(0)

c0340785_16443531.jpg

こんなでたらめな請求書があるのか。
これは携帯電話のある月の使用内訳だ。
通信料が798,981円で割引が803,015円、結果9,940円の利用料金
しかもこの請求書の発行手数料が200円なのだ。

常識の範疇を超える携帯電話業界の常識なのか。訳わからん。
そう思いながら、もう16年も利用している。


# by kokoro-tomnog2005 | 2016-09-06 16:53 | お~い ニッポン | Comments(0)

2016.8.7(日) 10:00~17:00 晴天
埼玉県・鶴ヶ島市 「脚折(すねおり)雨乞行事」(国選択無形民族文化財)

江戸時代から伝わる、降雨祈願の伝統行事。4年に1度の開催。
長さ36m、重さ3トンの龍蛇が白髭神社を出発し雷電池まで練り歩き、池に入水、昇天し龍神になります。
担ぎ手300人、随行100人、裏方300人の約700人で運営します。

私は「龍神渡御随行」という役、練り歩き中の安全確保と池での龍神の三脚支えでした。
酷暑の中、水分補給もままならぬまさに苦行でした。

c0340785_10032016.jpg



c0340785_10032949.jpg



c0340785_10094413.jpg


c0340785_10034036.jpg


一瞬テレビに映りました。


5度目の参加、3度担いで2度の随行
今回、体力に自信なく1度お断りしたが再要請があり、消極的協力での参加でした。
次回4年後の参加は、想像もできません。


なにはともあれ無事終わったことに感謝です。






# by kokoro-tomnog2005 | 2016-08-12 10:32 | お~い ニッポン | Comments(0)

コレクターによる絵画展


c0340785_11311399.jpeg




コレクター33名による絵画コレクション展が開催される。
8月17日から8月21日まで
品川区民ギャラリー




c0340785_12012828.jpg





c0340785_11314565.jpeg



熊岡美彦 「裸女」 油彩 31.8×41.0cm
H氏所蔵


c0340785_11315531.jpeg



伊原宇三郎 「ロシア貴族ガロチェンコ夫人」 油彩 12F
W氏所蔵


c0340785_11320453.jpeg



國領経郎 「O夫人像」 油彩 8F
私のコレクションです。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-08-04 11:43 | アートな日々 | Comments(0)

13歳のチャリィ、今

c0340785_10265747.jpeg

この8月で13歳のチャリィ、人間の年齢で約68歳
病を抱えているがなんとか平穏に過ごしている。
朝晩はさすがに咳の数が増えた。

昼間は、ほとんど寝ている。
ソファの上で、玄関で、私の事務所で
自分が過ごしやすい場所を都度、選んでいる。


c0340785_10261817.jpeg

ずいぶん、老けたね。

c0340785_10254735.jpeg
c0340785_10395924.jpeg

ほぼ横になって寝ている。
楽なんだろうね。
耳も遠くなった。小さい声では聞こえないようだ。
「チャリィ」って呼んでも気づかないことが多くなった。

余命3ヶ月と診断されてから1年以上経過した。
無理させず、ストレスを与えず、これからもゆったりと対応したい。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-08-03 10:50 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

大橋巨泉の遺言

c0340785_16502612.jpg
c0340785_16503366.jpg


昭和のテレビを演出した大橋巨泉が7月12日に逝ってしまった。
ゲバゲバ90分、クイズダービー、世界まるごとHOWマッチ、おもしろかった。
また芸能活動とは別に評論家、実業家、政治家、美術品蒐集家など
多彩な顔を持つ人だった。
言論には筋を通し一徹であり、ごまかされない人だった。
そんな大橋巨泉は兄貴のような存在で好きだった。

最後に国民に残したお願いがフォト記事の遺言だった。

国会での与野党は数のバランスが悪すぎる。
ほぼ1党独裁で物事が決まっていく。
特に安保法制は問題であり、こんな短期間で十分な議論もなく進んでいくことが怖い。
そのように実感していたはずだ。
私も同感で巨泉さんの遺言を守った。

参院選の結果は、そのように反映されなかったが
今後、波は変わっていくはずだ。
体制に流されやすい日本人はもう時代遅れだ。
日本の将来をどうしたいのか我々国民は考えるべきだ。

大橋巨泉さん、安らかにお眠りください。
意思は継ぎます。


# by kokoro-tomnog2005 | 2016-07-21 17:16 | 人の生き方 | Comments(0)

国の行方

国の行方に憂いを覚えているのは、私だけではないだろう。

私は特定の政党を支持していない。
現行法を遵守し、国民のため、国の将来のための政治をしてくれる政党なら
どこでも良いと考える。
できれば特定の政党とのしがらみは持ちたくない。
中立でありたい。

しかし現状は、国会での与野党の数のバランスが悪い。
与党独裁の感が否めない。

このままでは多くの負を将来に残してしまう。
真に国のこと、国民のことを考え実行してくれる政治を作らねばならない。
なんと私欲の強い人間の多いことか。
情けない。

そうしたことから、直ちに政治が良くなるとは思わないが
もう最後の一歩を踏み出す日本のために
今夏の参議院選挙の投票行動はとても大事と思っている。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-07-01 12:00 | お~い ニッポン | Comments(0)

c0340785_15075539.jpg


近くの小学校の運動会
孫が来年は新入児ということで招待されたとのこと。

久しぶりに小学校の運動会を見る。
内容は昔とほとんど変わらない。
種目の大半は徒競走

1年生から6年生
50Mから100M
速い子は得意顔だが遅い子は観客席の方を気にしながら、つらい笑みを浮かべ走りきる。

いつの時代も走るのが遅い子は辛い。
こんな幼い試練は必要ない。
私は走るのが得意だったので子供の頃に遅い子の気持ちはわからなかったがこの歳になって
どうしてこのような競技が子供のためになるのだろうかと思ってしまう。

孫たちはまだ幼稚園児なので競争とはいい難くゴール後のごほうびに喜んでいる。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-05-28 15:24 | お~い ニッポン | Comments(0)

懐かしの表紙絵

c0340785_18232550.jpg

1964〜71年の平凡パンチの表紙絵がいい。昭和の匂いを感じ、心が緩く和む。
作者は大橋歩さん。
詳細は追ってアップします。
とりあえず懐かしんでください。



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-05-15 08:47 | アートな日々 | Comments(0)

小さな家庭菜園

c0340785_08362811.jpeg
c0340785_08350933.jpeg
c0340785_08370288.jpeg

ナス、ピーマン、きゅうり
10日前に苗を植えました。
買った方が早いのですが
これも細やかな楽しみです。


# by kokoro-tomnog2005 | 2016-05-15 08:33 | コーヒーブレイク | Comments(0)

c0340785_15424032.jpg

東京都美術館で開催されている「若冲展」は連日長蛇の列だという。
3時間待ちとか、尋常じゃないね。
そもそも美術鑑賞はゆったりした気持ちで観なきゃ。
館内に入って作品の前も大混雑。

そんな観賞なんて楽しいはずがない。
雑な仕事をこなしたのといっしょだ。

私はこんな思いをしてまで観ようとは絶対思わない。
もっと空いている商業主義の匂いがしない美術館がいい。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-05-12 15:49 | アートな日々 | Comments(0)

菜の花も満開

c0340785_13133487.jpeg


桜で盛り上がっている日本列島だが
菜の花も頑張ってるよ!

# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-08 13:12 | つかのまウォッチング | Comments(0)

時代遅れの自治会

今日は地元自治会の総会だった。
定例通りの内容で揉めることなく1時間余りで終了。
行事も予算も前年と同じ。
これが30年来変わらない。
細かいことを言えば決算と新予算のつじつまが合っていないが誰も異を唱えない。
関わったら面倒くさいからだ。
役員は1年交替の順送り、前年と同じことを無難にやって正味10ヶ月を我慢する。

しかしそろそろ限界だ。
この自治会は昭和56年頃の100世帯ほどの分譲住宅、だから世帯年齢が60代後半から70代前半がおよそ6割だ。
あと5年もすると若い世帯への負担が集中する。内外の行事運営は今と同じように出来ないだろう。
今後の自治会のあり方、極端だが解散も含めて抜本的な見直しが必要なのだが皆わかっているが誰も声をあげない。

私は今回思い切って1年かけて自治会組織見直し検討委員会の設置を提案しようと考えていたが総会を仕切る顔触れをみて止めた。
そんな提案をしたら矢面に立つと直感したからだ。

総会が終わり、帰り道に無力感とこれが日本社会末端の象徴だとの失望を思った。
問題が山積して来た時では間に合わないのだが。





# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-03 17:52 | お~い ニッポン | Comments(0)

桜を見ながら絵画展に

c0340785_18015897.jpeg


立派な垂れ桜と蔵のあるギャラリーに行った。



c0340785_18025519.jpeg

芸術院賞受賞作家、馬越陽子展を鑑賞する。
ギャラリー主のコレクション27点が展示されていた。
ルオーを思わせる厚塗りの油彩は圧巻だった。
作品は画家の人生の節目を題材にしたもので魂がこもっていた。
久しぶりに良質な作品に出会った。

ギャラリータカノヤシキ
鶴ヶ島市脚折町6-27-16
4月5日(火)まで開催されている。
10:30から18:00 入場無料







# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-02 18:08 | アートな日々 | Comments(0)

日曜日の午後、孫娘5歳と近くの公園でブランコに乗りました。何十年ぶりでしょう。
身体が揺れについていけず気持ち悪くなっちゃいました。孫は逆上がりをやると言って鉄棒の方に走って行きました。
ブランコにジーさんがひとり残されました。
白いブランコではなく赤いブランコでした。💮

c0340785_19271823.jpeg

# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-27 19:26 | つかのまウォッチング | Comments(0)

c0340785_13243653.jpg


久しぶり デスクワークの1日
こんな日は好きな音楽を聴きながら能率をあげる。

CDではなくLP盤で
最初にかけるのはもちろんこれ

c0340785_13244610.jpg


ジェイムス・テイラー 1948年生れ

1971年のLP名盤 「マッド・スライム・スリム」

A面の「きみの友だち」
(君が気がめいって苦しい時、君に助けが必要な時、いつでもいいよ
僕を呼んでくれれば僕は君のところに行くよ。僕は君の友達なんだから。)

B面の「目を閉じてごらん」
(太陽はやっぱり沈んでいく。でも月はゆっくり昇ってくるよ。
だからこの古ぼけた世界はいまでも回り続けているんだね。
そしてぼくも君をいつまでも愛しているよ。)

こういう詩が若い頃は好きなんですね。
もう戻れないけどね。


優しくゆったりした旋律と歌声が静かに響きます。
アメリカも1970年代が良かった。

40年も前の20代前半の頃
当時の友達だったS君に教えてもらったのがこの名盤
S君はギターが上手く洋楽に長けていた。
彼から受けた音楽の影響は大きい。
その後、10年くらい付き合ったが今はどうしているのかわからない。
いい友達だったが事情あって付き合えなくなった。

でもジェイムス・テイラーを教えてくれてありがとう。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-17 13:34 | 音楽三昧 | Comments(0)

オレンジと花

c0340785_17494034.jpg



c0340785_17495466.jpg




伊豆に住む80代の義父母&叔母が畑で作った
ニューサマーオレンジと花(アイリス、水仙)を送ってきてくれた。
数年前まで東京に住んでいた82歳の叔母が
伊豆に移り住んでから3人で仲良く畑で野菜、果物、花を作っている。

夜は自家の温泉に入り
昼の暖かい時間は畑仕事をして
のんびり暮らしている。

89歳の義父、87歳の義母、82歳の叔母
なかなか上手に暮らしている。
健康なのでありがたい。

正月以来会ってないので3月も落ち着いたら伊豆へ行って来ようと思う。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-16 17:56 | 人の生き方 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30