c0340785_15424032.jpg

東京都美術館で開催されている「若冲展」は連日長蛇の列だという。
3時間待ちとか、尋常じゃないね。
そもそも美術鑑賞はゆったりした気持ちで観なきゃ。
館内に入って作品の前も大混雑。

そんな観賞なんて楽しいはずがない。
雑な仕事をこなしたのといっしょだ。

私はこんな思いをしてまで観ようとは絶対思わない。
もっと空いている商業主義の匂いがしない美術館がいい。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-05-12 15:49 | アートな日々 | Comments(0)

菜の花も満開

c0340785_13133487.jpeg


桜で盛り上がっている日本列島だが
菜の花も頑張ってるよ!

# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-08 13:12 | つかのまウォッチング | Comments(0)

時代遅れの自治会

今日は地元自治会の総会だった。
定例通りの内容で揉めることなく1時間余りで終了。
行事も予算も前年と同じ。
これが30年来変わらない。
細かいことを言えば決算と新予算のつじつまが合っていないが誰も異を唱えない。
関わったら面倒くさいからだ。
役員は1年交替の順送り、前年と同じことを無難にやって正味10ヶ月を我慢する。

しかしそろそろ限界だ。
この自治会は昭和56年頃の100世帯ほどの分譲住宅、だから世帯年齢が60代後半から70代前半がおよそ6割だ。
あと5年もすると若い世帯への負担が集中する。内外の行事運営は今と同じように出来ないだろう。
今後の自治会のあり方、極端だが解散も含めて抜本的な見直しが必要なのだが皆わかっているが誰も声をあげない。

私は今回思い切って1年かけて自治会組織見直し検討委員会の設置を提案しようと考えていたが総会を仕切る顔触れをみて止めた。
そんな提案をしたら矢面に立つと直感したからだ。

総会が終わり、帰り道に無力感とこれが日本社会末端の象徴だとの失望を思った。
問題が山積して来た時では間に合わないのだが。





# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-03 17:52 | お~い ニッポン | Comments(0)

桜を見ながら絵画展に

c0340785_18015897.jpeg


立派な垂れ桜と蔵のあるギャラリーに行った。



c0340785_18025519.jpeg

芸術院賞受賞作家、馬越陽子展を鑑賞する。
ギャラリー主のコレクション27点が展示されていた。
ルオーを思わせる厚塗りの油彩は圧巻だった。
作品は画家の人生の節目を題材にしたもので魂がこもっていた。
久しぶりに良質な作品に出会った。

ギャラリータカノヤシキ
鶴ヶ島市脚折町6-27-16
4月5日(火)まで開催されている。
10:30から18:00 入場無料







# by kokoro-tomnog2005 | 2016-04-02 18:08 | アートな日々 | Comments(0)

日曜日の午後、孫娘5歳と近くの公園でブランコに乗りました。何十年ぶりでしょう。
身体が揺れについていけず気持ち悪くなっちゃいました。孫は逆上がりをやると言って鉄棒の方に走って行きました。
ブランコにジーさんがひとり残されました。
白いブランコではなく赤いブランコでした。💮

c0340785_19271823.jpeg

# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-27 19:26 | つかのまウォッチング | Comments(0)

c0340785_13243653.jpg


久しぶり デスクワークの1日
こんな日は好きな音楽を聴きながら能率をあげる。

CDではなくLP盤で
最初にかけるのはもちろんこれ

c0340785_13244610.jpg


ジェイムス・テイラー 1948年生れ

1971年のLP名盤 「マッド・スライム・スリム」

A面の「きみの友だち」
(君が気がめいって苦しい時、君に助けが必要な時、いつでもいいよ
僕を呼んでくれれば僕は君のところに行くよ。僕は君の友達なんだから。)

B面の「目を閉じてごらん」
(太陽はやっぱり沈んでいく。でも月はゆっくり昇ってくるよ。
だからこの古ぼけた世界はいまでも回り続けているんだね。
そしてぼくも君をいつまでも愛しているよ。)

こういう詩が若い頃は好きなんですね。
もう戻れないけどね。


優しくゆったりした旋律と歌声が静かに響きます。
アメリカも1970年代が良かった。

40年も前の20代前半の頃
当時の友達だったS君に教えてもらったのがこの名盤
S君はギターが上手く洋楽に長けていた。
彼から受けた音楽の影響は大きい。
その後、10年くらい付き合ったが今はどうしているのかわからない。
いい友達だったが事情あって付き合えなくなった。

でもジェイムス・テイラーを教えてくれてありがとう。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-17 13:34 | 音楽三昧 | Comments(0)

オレンジと花

c0340785_17494034.jpg



c0340785_17495466.jpg




伊豆に住む80代の義父母&叔母が畑で作った
ニューサマーオレンジと花(アイリス、水仙)を送ってきてくれた。
数年前まで東京に住んでいた82歳の叔母が
伊豆に移り住んでから3人で仲良く畑で野菜、果物、花を作っている。

夜は自家の温泉に入り
昼の暖かい時間は畑仕事をして
のんびり暮らしている。

89歳の義父、87歳の義母、82歳の叔母
なかなか上手に暮らしている。
健康なのでありがたい。

正月以来会ってないので3月も落ち着いたら伊豆へ行って来ようと思う。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-16 17:56 | 人の生き方 | Comments(0)

c0340785_18345388.jpg

雨の中、事務所へ戻る途中
この間、行った洋食屋さんでランチを。
(上板橋、レストラン・キノシタ)

今日はハンバーグランチ
食後コーヒーがついて800円
安くて美味くて昭和の味で満足!

今日は店主ご夫妻に話しかけてみた。
ここ上板橋では10数年
以前は長く赤羽で営業されていて30数年とのこと。
こういうお店を探していた旨、話すととても喜んでくれた。
「また来ます」と言って店をあとにした。

外は雨
ここからちょっと行ったところに
手焼煎餅屋さんがある。
気分がいいので入店

c0340785_18352393.jpg


「あつみや」
手焼煎餅がきれいに並べられている。
堅焼き、ざらめ、のりなど8枚ほど購入
帰宅したら熱いお茶でいただこう。

c0340785_18350961.jpg


丁寧にラッピングしてくれた。
昭和の人たちは品があって優しい。


今日は雨だけど気分は晴れやか
良い1日となった。
さあ午後の仕事も気合いをいれて。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-14 18:51 | つかのまウォッチング | Comments(0)

今日のチャリイ

c0340785_19253477.jpeg

今日のチャリイ
余命宣告されてから9ヶ月経ちました。
人間でいえば61歳で余命3ヶ月と言われ64歳になりました。
元気です。
朝晩に多少の咳はしますが昼間はのんびりとホットカーペットの上でうたた寝しています。
食欲もあるし遊びたがりますし散歩も嫌がりません。

昨年の6月に開腹手術をしなくて良かったです。
今年の8月で13歳、人間なら68歳
これからも無理せずストレスを与えずのんびり共に生活したいと思います。



c0340785_22095159.jpeg
気持ち良さそうにうたた寝してます。
幸せな寝顔と思います。







# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-11 19:36 | 愛犬チャリィ | Comments(0)

もう5年、いやまだ5年
さまざまな気持ちで今日を迎えている人々。
現地の当事者の方々のご苦労を思うと自分に何ができたのか、非力で申し訳なく思います。募金くらいしかできなかった。
4月に縁戚のいわき市に出向いて惨状を目の当たりにして声が出なかった。

政治や行政の力では5年でとても復興できないことがわかった。
しかしなるべく最短で心落ち着く復興が必要だ。
5年の節目に民意で一般社会で再び復興の声と行動が必要だ。
私も何かをしなければならない。

あの時に感じた気持ちを大事にして。

# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-11 10:09 | お~い ニッポン | Comments(0)

明日 雪なの

c0340785_21213683.png












「雪の農家」 水彩画  作家:悳俊彦 (個人コレクション)

明日の早朝は雪の予報
困ったなあ。
金曜は仕事の締めで外出が多い。
降ってほしくないが絵のような情緒もいい。

子供の頃の武蔵野雪風景、いい時代だった。
茅葺の農家はもうない。

いったい私は何を呟いているのだろう。

雪降らないでえ〜




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-10 21:27 | コーヒーブレイク | Comments(0)

大人の音楽

c0340785_20005514.jpeg
南佳孝 All My Best

南の往年の名曲も入っていてまさにベストな名盤です。



c0340785_20052135.jpeg
南佳孝 Nude Voice

洋楽がいっぱいつまった洒落たアルバム

南佳孝は多くの名曲を作っている。
だから本人が歌うと味わいが増す。
あっさり歌っている感じが大人の雰囲気を醸し出す。
熟年になるとこういうアルバムがいい。




# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-09 20:14 | 音楽三昧 | Comments(0)

c0340785_16084208.jpeg


わが事務所の地元、上板橋で
ずっと昭和の洋食屋さんを探していた。
昨日、雨降りのお昼時についに入りました。
初めてなので入店を迷ったけど思いきって。



c0340785_16081487.jpeg


いやあ いいテーブルと椅子だ。
掃除が行き届いているようで清潔感あふれる。
古くても清潔な店はそれだけで合格。
店主の心構えがしっかりしている証だ。

お客さんは他にひとりしかいなかったが
静かで落ち着いて食事できた。


c0340785_16101676.jpg


初めてなので定番のカレーを。
とんかつの名前を出している店なのでカツカレーにした。
う~ん 昭和の味だ。
あとコーヒーもついたよ。

地元でこんな店を探していたのだ。
次はまたまた定番のオムライスにしてみようか。

レストラン・キノシタ (上板橋)



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-03-08 16:22 | 飲んで食べて | Comments(0)

c0340785_21242895.jpeg

この欠損をどうするか。いろいろ考えて材料と道具を揃えた。

c0340785_21104624.jpeg

素人が揃えられる材料と道具



c0340785_21121596.jpeg
粘土で左側の型をとって
その中に木工用パテを流し込み一晩固めた。
それを木工ボンドで貼り付ける。



c0340785_21152082.jpeg
家具や床などを補修する着色剤で塗る。
まずは薄めの茶色で。


c0340785_21171090.jpeg
次に濃いめの茶色を塗る。
ゴールドの感じは特殊な塗色が必要だ。


c0340785_21192259.jpeg
以前、ゴールド系の額縁の補修用に使っていたゴールドフィンガー
布に軽くつけながら額縁をこすっていく。
乾くとしっかり塗装される。


c0340785_21233756.jpeg
そしてもう一度、濃いめの茶色を塗る。
遠目から見ればOKだ。なんとかここまでできた。
あと裏側に化粧紙を貼ってアクリルガラスを入れて裏板をつける。


もう一歩で油彩画を収めることができる。
素人の奮闘が続く。



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-28 21:31 | アートな日々 | Comments(0)

版画展に

2月25日 11:10〜12:10 ギャラリー麦 (新狭山)
埼玉県版画家協会のチャリティー展に行った。
初めてなので見るだけのつもりだったが



c0340785_21013853.jpeg
この作品に眼を奪われた。
「ローザンヌの教会」 ミクストメデイア 37×26cm 制作:2011年 作家:中島勝彦
実に細密、極薄の紙に版画、その紙が破れているように演出し、ローザンヌ協会のことが細かい英字で書かれている。左上の鴨も極薄の紙に版画だ。これが台紙に貼られている。
一見すると台紙に版画されたように見えるがそうではないのだ。
薄いブラン系の色が洒落ている。センスの良い作家さんだ。
薄暗い部屋でこれを見ながら珈琲を飲んだら最高だろう。
夜はクラシックかジャズを聴きながらウイスキーを。
いいね! 癒されることまちがいない。
いいものを入手できた。額付きで格安だった。(幸運でした)

c0340785_21213794.jpeg
そしてもうひとつ 蔵書票 銅版画 13×10cm 制作:2006年 作家:中島勝彦
チャリティーだから驚くほど良心的な価格だった。
協会加盟の30会員の作品、昨年は東日本大震災の被災者支援に収益の一部が充てられた。
今年も同様の趣旨で役に立てられるという。
良い作品を手に入れることができてかつ支払いの一部が世の役に立つとはうれしい。





# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-25 21:31 | アートな日々 | Comments(0)

昨日の恩地孝四郎展の感動を孫娘(5歳)に伝えたくて
土曜日の午前中、二人で抽象版画にチャレンジした。
技法は「マルチブロック」
ひも、紙片、葉などに絵の具をのせてバレンか手のひらでこする。
結構いい感じで画用紙に転写する。
孫娘はよほど楽しかったのか1時間集中して取り組んだ。

c0340785_17165843.jpeg
孫娘の作品 「うみ」
手前は海、中央左から古木、石、ゴミ

タイトルと内容は後から付けたもの。
適当にやってみたらなかなか洒落た図柄になった。
本人は初めての体験に喜び一入といったところだった。

c0340785_17171543.jpeg
これは私ジージの作品 「ある土曜日」
これも初体験で適当にやったら意外といい感じ。
ひもを主流に先日の日曜美術館で恩地の制作方法を放映した内容を参考にした。
表現はまるでいい加減だがタイトルは今日が土曜日だったから。


c0340785_17172728.jpeg
孫娘は紙粘土もやりたいと言い、わずか10分くらいで家で飼っているチワワの
ピョンと好きなメロンパンを作った。
身びいきながら良く出来た!

将来は美大だと私が言ったら孫の母親は「生活できない」と一言・・・



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-20 17:30 | アートな日々 | Comments(0)

恩地孝四郎展に行く

c0340785_16530275.jpeg
2月19日(金)

創作版画のパイオニアである恩地孝四郎展に行った。
平日だがなかなかの混みようだった。

1891年(明治24年)生ー1955年(昭和30年)没
この時代の版画家としては半世紀も先の感覚を持ち合わせた人だった。

約400点にのぼる作品展示に圧倒される。
これだけの規模の展覧会はこの先ないかもしれない。
駆け足で観覧したが恩地の心意気を感じた。
海外で好まれそうな抽象作品は今の時代でも色あせていない。

c0340785_17074995.jpeg


# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-20 17:08 | アートな日々 | Comments(0)

素人が超古い額縁を直す

c0340785_18101563.jpeg
この額縁は油彩画用です。
レトロ感たっぷりです。
何しろ裏に貼ってある額縁店のシールに驚きました。

c0340785_18103692.jpeg
創業明治12年
渡邊賞観堂
東京市神田区表神保町
電話神田108番
と記してあります。

この額に入っていた絵の制作年が大正4年ですから
100年前のものです。

右下の大きな欠損以外は経年劣化のやむ得ない傷なので
保存状態は良かったものと思われます。

絵も絵の具の剥がれもなく良好でした。

さて右下の大きな欠損、どう直すか。

c0340785_18102770.jpeg
素人なりにしばらく考えます。



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-16 18:25 | アートな日々 | Comments(0)

ファミチョコ

c0340785_22030391.jpeg
二女からの手作りファミチョコ

c0340785_22031637.jpeg
長女&孫からの手作りファミチョコ


c0340785_22032783.jpeg
せっかくだけど僕はチョコは食べられない…



# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-14 22:06 | コーヒーブレイク | Comments(0)

壁が寂しいと言っているよ。
何か心を潤す絵でもかけてよ。
白い壁からそんな声が聞こえてきます。

でもいきなり有名な画家の原画は無理だね。
高くてとても買えない。

いやいや有名ではないけど良い絵は沢山あるよ。
数千円から2万円くらいで買えるんだ。
心に感じた絵を思い切って買って
飾ってみようよ。
その瞬間から心が豊かになるんだ。


c0340785_13144404.jpeg


おおこんな良い絵がある。

これは版画(リトグラフ)
でも結構有名な画家なので高い。
そこで

c0340785_13150007.jpeg

ポスターを買いました。
紙は上質な厚手の和紙で本物の版画と見た感じいっしょです。
1972年の古いポスター

掘り出し物でした。
送料込みで1932円でした。

白い壁にかけました。
ちょっと部屋がお洒落になりました。


# by kokoro-tomnog2005 | 2016-02-08 13:31 | アートな日々 | Comments(0)

日々のことをお気軽に綴っています。(トムノグ)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31